Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国エリザベス女王92歳、スイーツ大好き♪ グルマンなロイヤル食卓事情

イギリス史上最高齢の君主。2018年4月21日に、92歳の誕生日を迎えたイギリスの

エリザベス女王2世。今なお現役で、女王オーラビシビシです。

ãElizabeth IIãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そのパワーの源は王室の食事と女王様がだーいすきな英国スイーツ❤︎ 

今日だけは「御宅拝見」のノリで、ロイヤル事情をこっそり覗いちゃいましょう。

ーーー1時限目)女王さまの朝食

イングリッシュブレックファーストというぐらいですもの、1日のうちでも、

さぞや豪勢に・・・と思ったら、なんとまあ。

女王様の朝食は「ケロッグのシリアル」!

é¢é£ç»åãKellogg's cerealãrecipeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ご自分で好きなだけパックから取り出し、紅茶とともに召し上がっていた!

稀に、トーストやスクランブルエッグを召し上がることもあるそうなのですが・・・

ケ、ケロッグに、牛乳はかけているんでしょうか?ショコラ味はお好きですか?

ãKellogg's ãmorning recipeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

衝撃の事実に加え、謎は深まるばかりです。

ーーー2時限目)女王さまはあの「糖質制限」の先駆者だった!

晩餐会でない限り、炭水化物を召し上がらないという情報が。英国紙に語ったのは、

バッキンガム宮殿で15年間、女王のシェフを務めたダレン・マグレイディ氏。

曰く「チャールズ皇太子はおいしいものに目がなく、オーガニックな食材も好みです。

これに対して女王様は、こだわりは特にありません。食習慣もほとんど変えません」

食事の回数は、1日4食、各回の量は少なめだそう。公式のディナーの場を除いて、

普段はパスタやポテトなどのでんぷん、またリゾットなどお米・パンといった、

炭水化物は口にしないそうーーーということは。意図せずして、

日本でも数年前から話題になっている「糖質制限」の実践者、だった!?

通常、ディナーはお魚・チキンいずれかと野菜を数種類。

é¢é£ç»å ãFresh fruits served in a silver dishãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

とくに新鮮なサラダや果物を好んで召し上がるそうです。

どんなフルーツもお皿の上で、銀のナイフォークでカットしていただくのですよ。

ーーー3時限目)女王さまのお好みのお肉の焼き加減はーーー

お肉はレアではなく、ウェルダンがお好み。皆様、次回から、レストランでは

「ウェルダンでお願いしようかしら、おほほ」とおっしゃってくださいね。

é¢é£ç»å

また、どんなお料理もにんにくを入れないようにシェフに指示しているそうです。

公的な場に出ることを考えての王室マナーだそう。

ーーー4時限目)だけど女王さまもおやつは別腹なの!

バッキンガム宮殿のシェフの証言です。

女王様の大好物スコーン、召し上がる際は、先にジャムをのせ、後から

クロテッドクリームを塗るコーンウォール式」だそう。

ãScone corn wall formulaãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ジャムの前にたっぷりとクロテッドクリームを塗るのが「デボンシャー式」

ジャムが先かクリームが先か。ティーラバーの間でも永遠のテーマですが、

ここは女王様方式を試してみるのもアリ!(王室ジャムは、ウィルキン&サンズ)

また理想的な比率は、スコーン2に対して、 ジャム1 : クリーム1とか。

さ・ら・に。ここ重要なので、蛍光マーカーで。試験でますよ。

スコーンより何より、女王さまが最も好きなもの、それは「チョコレート」❤︎

特にチョコクッキーとダークチョコレートには目がないそうです。

王室御用達ショコラトリー「シャルボネル・エ・ウォーカー」

イングリッシュローズ&バイオレットクリーム」がお気に入りとか。

é¢é£ç»å

ああ、なんて素敵な女王様。雲の上のお方だと思っていたけど、私たちと同じ人間、

「ショコラ・ラバー」だったのねぇぇぇぇぇ〜〜〜

ーーー最終講義・5限目)女王様のアルコール

女王様ですもの、いつもシャンパンを召し上がっていらっしゃるんでしょ。

いいえ、意外なことにジンがお好み。なかでもジンとレモンの爽やか系カクテルを

お召し上がりになるそうです。

ãElizabeth IIãcocktail of ginãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ Les cocktails prisés par Elizabeth II

ビールはたしなまれないそうですが、ワインはちょっぴり。

é¢é£ç»å

【kotorioからのひとこと】

女王様のロイヤル食事情ーー英国の元首として外国の賓客をもてなす饗宴は頻繁に

あるでしょうが、冒頭にあげたシェフによれば、普段の女王様はとても倹約家。

美食に任せることなく節制することが、体のバランスを保ち、長寿の秘訣だとか。

ãElizabeth IIãcocktail of ginãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ーーーとうまくまとめたいところですが、唯一目がないのがチョコレートなんですね。

デザートのチョコレートケーキは、途中で係りの者が下げないと、

「あるだけ全部食べてしまうので」サービス担当によく注意していたそうです(笑)。

é¢é£ç»å

次回、王室御用達ショコラメーカーの特集です。「シャルボネル」以外にも、女王様

偏愛ショコラがあるそうなんですよ・・・・うふふ。お楽しみに ♪

ヘンリー王子とメーガン妃のウエディングケーキを手がけた パティシエのクレア・プタックさん

王室伝統の「フルーツケーキ」ではなく、街のパティシエにケーキを依頼したことで

話題を呼んだ、ヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルウエディング

é¢é£ç»å

王室から注文を受け、一躍世界から注目を浴びたパティシエが、

クレア・プタック Claire Ptak さんです。

ãClaire Ptakãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

イーストロンドンで小さなカフェ・ベーカリーを営む彼女。

クレアさんその人と、お菓子作りへの想い、今回のケーキに迫ってみたいと思います。

ãClaire Ptakãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

今回の結婚式では、幾つかの点で王室の伝統を破り、歴史に刻まれました。

それはケーキのセレクトにも及びます。ロイヤルウエディングでは、これまで

アルコール漬けのドライフルーツとしっとりした食感のフルーツケーキが

慣例となっていました。保存可能で、多くのゲストたちはその場でいただかず、

お土産として持って帰っていました。

今回「バタースコッチのアイシングと牡丹とバラのデコレーションをほどこした、

エルダーフラワーとレモンのスポンジケーキと発表された時には、

お持ち帰りではなくその場で食べられる、ケーキだとみな驚いたのです。

ケーキ担当シェフについては幾つか噂がありましたが、町でちいさな店を経営する

クレアさんに白羽の矢があたったのも異例こと。

f:id:kotorio:20180525220629p:plain f:id:kotorio:20140722090953j:plain

クレアさんのお店「ヴァイオレット・ベーカリー Violet Bakery」は、

イーストロンドンの閑静な緑の中に佇む、どちらかといえば地域の人に愛されるお店。

「このような小さな個人店をお選びいただいて・・・心から感謝します」とコメント。

きっかけは、2015年に出版されたクレアさんによるレシピ本

「The Violet Bakery Cookbook」をメーガンさんが読んで気に入っていたことでした。

f:id:kotorio:20180525200551p:plain

メーガンさんは当時自身で主催していたライフスタイルサイト「The Tig」に載せる

インタービューのために、クレアさんにコンタクトを取っていたそうです。

そして今回、クレアさんは再びメーガンさんから、依頼の電話を受けました。

ケンジントン宮殿に来て、ウエディングケーキのデザインを何パターンか

 提案して欲しいと言われて。式の頃咲く花をベースに、プランを練り始めました」

材料は、エリザベス女王の別荘、サンドリンガム・ハウスから調達しました。

é¢é£ç»å ãClaire Ptakãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

さて、クレアさんの経歴ですが、実はメーガンさんと同じくカリフォルニア出身。

サンフランシスコ近くの町、インヴァネスで育ちました。母と祖母から料理を学び、

14歳で既に、週末にカフェやベーカリーで働き出していたそうです。

ミルズカレッジで映画を専攻していた学生時代、アメリカのベストレストランとして

知られるバークレー「シェパニーズ Chez Panisse」に衝撃を受けます。

ãChez Panisseãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ é¢é£ç»å

創業者はアリス・ウォーターズさん。1971年の開業以来、地元で採れた高品質食材を

使って、親しみやすいスタイルで、パーティーケーキを作っていたのです。

é¢é£ç»å Chez Panisse Restaurant | Reservations

「アリスはパリのソルボンヌで学び、帰国してからはアメリカの食事をもっと良くしなければ、と感じたそうです。彼女は私の師です」と、クレアさんは語っています。

それからロンドンに移住するまでの3年間、彼女の店で勉強をすることになりました。

é¢é£ç»å

ロンドンにきた2005年当時、ホームシックを紛らわせるため、アメリカの伝統菓子、

カップケーキやバタースコッチ・ブロンディを焼き、露店を出すようになりました。

着色料ではなくフルーツピューレを使用し、「ヘルシーなケーキを作るパティシエ」

として、クレアさんの名は、次第に知られていくようになります。

2010年、ついに自身の店「ヴァイオレット」を開店、瞬く間に人気となりました。

é¢é£ç»å

お店では、商品すべてを店内で製作する点を、開業当時から守り続けているそうです。

人気は、コルストン・バセット・スティルトンとニールズヤードのチェダーチーズ、

エシャロット、キムチを挟んだトーストサンドなどです。

f:id:kotorio:20180525231356p:plain f:id:kotorio:20180525231841p:plain

さて、バッキンガム宮殿ではケーキを仕上げるためのスペースが設けられていました。

「結婚式の時は輸送上のトラブルを防ぐため、現場で完成させるようにしています」。

ãã¯ã¬ã¢ã»ãã¿ãã¯ããã¬ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

クレアさん自身が、当日着るドレスについては、お店の隣に住んでいた友人で、

ファッションデザイナーのシモーネ・ロシャさんにアドヴァイスを求めました。

「シモーネがドレスに施す刺繍はとても美しいです。ケーキにデコレーションする

 花に合わせたドレスを着れば素敵だって」

 * Simone  Simone Rochaさん公式サイト 

一方、バッキンガム宮殿でのケーキ作りを手伝っていた彼女のチームには、

英国ブランド、サンスペル Sunspel が服とエプロンを制作しました。

ãClaire Ptakãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

「皆が想像しているような、料理人の白いコックコートを私たちは着ないのです。

 店は小さく、そのような雰囲気でもないですから」

f:id:kotorio:20180525215905j:plain

彼女とそのお店にとって、今回のロイヤルウエディングのケーキ担当は、

大変な重圧だったことでしょう。公式に発表されて以来、世界中からクレアさんの店に

問い合わせが殺到しました。

「でもとても小さな店なのでーーー皆様の期待外れでないといいのですけれどね」

Violet Cakes ヴィオレット 

47 Wilton Way, E8 3ED, London 020 7275 8360  8:00–6:00

エリザベス女王が手作りされた、伝説のパンケーキ

昨日ご紹介した「王室のレシピ本」にも登場するこちらのパンケーキ。

ãQueen Elizabeth pancakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

1960年、当時アメリカのドワイト・アイゼンハワー元大統領と妻マミーさんが

バルモラル城に滞在なさいました。

その時、エリザベス女王自らが作って、もてなしたもの。

大統領夫妻は女王が焼いてくれたパンケーキをたいそう感激して召し上がり、

アメリカ帰国後、わざわざ女王さまからレシピを送ってもらったのだそう。

現在もアメリカの国立公文書記録管理局に保管されている女王さまからの手紙には、

「親愛なる大統領ーーー

 今朝の新聞に載っていた、バーベキューをしているあなたの写真を拝見しました。

 そして、バルモラル城で約束したパンケーキのレシピを

 まだ送っていなかったことを思い出しました。上手く焼けますように」

と書かれているそうです。

é¢é£ç»å

手紙にはレシピだけではなく、ちょっとした「調理の秘訣」まで記されています。

「分量は16人分ですが、少ない人数分で作るときには、その分、

 小麦粉と牛乳の量だけ減らしてください。ほかの材料を変更する必要はありません」

「砂糖の代わりにゴールデンシロップ糖蜜を使ったことがありますが、

 こちらもとてもおいしかったですよ。材料をしっかり混ぜ合わせて、

 生地ができたら時間を置かずにすぐに焼くのがおすすめです」

など、女王さまのやさしい気遣いがうかがえる文章だったそうです。

そ・ん・な、女王さま秘伝のレシピを、庶民代表kotorioがこっそり仕入れて大公開。

気分だけでもロイヤルファミリー♪

ãQueen Elizabeth pancakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ ãQueen Elizabeth pancakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

エリザベス女王秘伝のパンケーキのレシピ 

<材料(約16人分)>
小麦粉 約560g 砂糖 約60g 牛乳 約450ml 卵 2個
重曹 約10g クリームターター(酒石酸水素カリウム)約10g 溶かしバター 約30g

<作り方>
1. ボウルに卵、砂糖を入れ、牛乳の半量を加えて混ぜる。

2. 1に小麦粉を加えて混ぜ合わせ、様子を見ながら残りの牛乳を加えて混ぜる。

3. 2に重曹クリームターターを加えて混ぜ、最後に溶かしバターを入れる。

女王さまのレシピにはここまでしか書かれていません!!

この先は、一般的なパンケーキのように、軽く熱したフライパンに生地を流し入れ、

表面にふつふつと穴があき始めたら裏返し、程よい焼き色がついたらできあがり!

ãQueen Elizabeth pancakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Queen Elizabeth's Drop Scones, Scotch Pancakes | SimplyRecipes.com

【kotorioからのひとこと】

うまく焼けましたか?ゴージャスな器に盛り付けて、銀のナイフとフォークでいただくもよし、普段の気分で、パクリといただいちゃうもよし。

さらに、女王さま、スコーンのレシピもお持ちとか!こちらも改めてご紹介しますね。

どうだい、フランスのマクロンくん。君には得意のレシピはあるかね?

イギリス王室・アフタヌーンティーのレシピ本 女王のパンケーキも!

英国流の本格アフタヌーンティー、どのようなものか、興味ありますよね。

2017年イギリスで発売された料理本で、英国・バッキンガム宮殿で行われている、

ティータイムの様子が初公開!

ãRoyal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palaceãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

毎年夏に開催されるエリザベス女王主宰のガーデンパーティをもとに、

ロイヤルコレクション社が発行した「Royal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palace(ロイヤルティー:バッキンガム宮殿、季節のレシピ)」。

é¢é£ç»å  f:id:kotorio:20180520051237j:plain

毎年3万人分のアフタヌーンティーを用意している宮殿専属シェフのマーク・フラナガンさんと、ペストリーシェフのキャサリン・カスバートソンさんによる、40種の王室の午後のレシピが紹介されています。

ãRoyal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palaceãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ ãRoyal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palaceãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

イギリス『デイリーメール』によると、発行元のロイヤルコレクショントラストでは、

「ガーデンパーティやアフタヌーンティーから得たアイデアが満載。たくさんのレシピの中から、作り方が難しすぎるものと、材料が高すぎたり手に入りにくかったりするものを除き、とても実用的な内容にしました」

と語っています。

例えば、ガーデンパーティで人気のキャロットケーキやビクトリアスポンジケーキ、

カルダモンとオレンジのショートブレッド、サマーベリータルトなどがありますが、

必ずしも、甘いスイーツばかりではないそう。

é¢é£ç»å

ティータイムは、イギリスでは典型的な食事のひとつです。

「伝統的には甘さやおいしさのほうが重視されてきましたが、現代の完璧なアフタヌーンティーでは、味の良さと健康面への配慮を両立したメニューが理想です」

ãRoyal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palaceãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

その中には、エリザベス女王自身が自ら作ったという特別なレシピも!

1959年に、当時バルモラル城に滞在していたアイゼンハワー元アメリカ大統領夫婦のために、女王が自ら焼いたパンケーキです。

ãRoyal Teas: Seasonal Recipes from Buckingham Palaceãpancakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

「ナショナルアーカイブス」によると、のちに女王は大統領夫婦にレシピ付きの手紙を送っていて、砂糖の代わりに糖蜜を使うのもおすすめといったアドバイスも添えられていたのだとか。

明日はその衝撃のレシピを大公開!王室パンケーキ、ぜひ一度味わってみたいですね。

レシピ本『Royal Teas』ロイヤルコレクショントラスト 12.95ポンド(約¥1,833)

Tea with the Queen: 3 Recipes from Buckingham Palace’s Very First Teatime Cookbook - Vogue

ヘンリー王子に捧ぐ ロイヤルウエディング記念のスペシャルビール

ウィンザー城のセントジョージ礼拝堂の近くにある醸造所が、ヘンリー王子とメーガンさんの結婚を祝してオリジナルビールを製造したそう。

é¢é£ç»å

ビールを作ったのは、ウィンザー城から5分のところにあるウィンザーイートンブリューワリー。「ウィンザーノット」と名付けられました。

ãWindsor knot beerãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
ロイヤルファミリーにお祝いごとがあるたびビールを作っているこの醸造所。

2011年のウィリアム王子とキャサリン妃が結婚したときも記念ビールを製造しました。

ãWindsor knot beerãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ジョージ王子が誕生した際には「ロイヤルコット」、

シャーロット王女のときには「ロイヤルトット」というビールを発売。

é¢é£ç»å

今回は、イギリスとアメリカのホップをシャンパンのイースト菌で発酵させたもの。

醸造所によると、このホップは「王子とメーガンの背景を表している」そうです。

ワシントン州のヤキマで収穫されたフルーティなホップと、もう少し控えめなフレーバーのイギリスのホップを使っています。」

アメリカ産が明るく強い風味なのに対し、イギリスのホップは干し草のような青っぽい、野生味のある味わいです。

ãmeghan markle weddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

イギリスのホップは「インヴィクティカ」と呼ばれる種。

これは負傷した元兵士たちのためのスペシャルオリンピック「インヴィクタスゲーム」

の開催のために、ヘンリー王子が貢献したことを讃えて名付けられたもの。

今回の「ウィンザーノット」は、アルコール含有量4.5%の330mlボトルと、

アルコール含有量4%の樽入りのものの2種類が用意されています。

é¢é£ç»åãWindsor knot beerãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ボトルと樽のハンドポンプのクリップのデザインには、アメリカの国旗とイギリスの国旗を使っています。男性と女性のシンボルマークも描かれていますね。

「このデザインは2人が強い絆で結ばれ、支え合うことを表すために選びました」

ビールはウィンザー城の近くにある「ウィンザーファーム」で販売され、

この醸造所と取引のあるロンドンとウィンザーのパブでも飲むことができるそうです。

ãWindsor knot beerãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

この醸造所ではパブに来た人だけではなく、ヘンリー王子とメーガンさん本人にも、

ビールを味わってもらえるよう、プレゼントすることを考えているのだとか。

Harry & Meghan's Windsor Knot - Beer at Windsor & Eton Brewery

ãmeghan markle weddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

【kotorioからのひとこと】

ロイヤルウエディングスペシャルビール、お味は甘いのか、それとも苦いのか。

パリのギャラリー・ラファイエット フランス版「母の日ケーキ&花束セット」

ロイヤルウエディングですっかり舞い上がって忘れておりましたがーーーー

(ヨメに行きそびれたおひとりさまkotorio イタっ)

ãmeghan markle weddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

日本の母の日は5月の第2日曜日ですよね。いかがでしたか?

フランスの母の日は5月の最終日曜なので、今年は次の日曜、27日なんです。

パリのエクレア専門店「エクレール・ド・ジェニ L’Eclair de Génie」 と

オンラインの花屋「ムッシュー・マルゲリット Monsieur Marguerite」がコラボした

「パティスリー&フラワー」に、今年パリっ子たちが大注目♪ 

f:id:kotorio:20180503222921j:plain f:id:kotorio:20180503223015j:plain

母の日当日まで、パリの百貨店、ギャラリー・ラファイエット

グルメ館では、期間限定、3種のコラボセットが用意されています。

L'Eclair de Génie - Eclairs et épicerie fine - L'éclair de génie

・ピスタチオのフィナンシエ、フランボワーズのコンフィ、

 ピスタチオ&バニラのホイップクリームケーキーー4個入りセット 

f:id:kotorio:20180523042216j:plainf:id:kotorio:20180523042458j:plain

f:id:kotorio:20180523042623j:plainf:id:kotorio:20180523042653j:plain

・母の日限定ボックス:上記のケーキ4個と季節の花束の組み合わせ 

・季節の花束 20ユーロから

http://i.f1g.fr/media/ext/1900x1900/madame.lefigaro.fr/sites/default/files/img/2017/05/monsieur-marguerite-photo-2.jpg

Monsieur Marguerite - Box de bouquets de fleurs de saison

新鮮な季節の花束がボックスで届くオンライン花屋さん。(音が出るので注意)

インスタなどで火がついて、瞬く間に今、フランスで話題に。

サブブログでも取り上げています。

kotorio.hatenadiary.jp

お花もスイーツも、いずれも要チェック。

以上、フランス版母の日事情のお届けでした!

f:id:kotorio:20180523043017j:plain

【kotorioからのひとこと】

産後1ヶ月足らずのキャサリン妃も、すっかり元の体型に戻られていましたね。

Meghan Markle

メーガンさん、「お母様」になる日も、近い!? 

英国エリザベス女王の愛する 王室伝統「チョコレートビスケットケーキ」おうち用レシピ 

エリザベス女王が旅行中にまで召し上がっているというあの溺愛デザートーーー

女王の専属シェフとして15年間勤務したダレン・マグレディ氏によると、

女王が愛してやまないスイーツ、それは「チョコレートビスケットケーキ」。ãChocolate biscuits cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

女王がウィンザー城を訪れる際には、移動の車内にケーキ専門のシェフを同乗させ、食後のデザートを楽しんでいたとか。

「女王様は旅行中、お好きなケーキを毎日1ピースずつカットして、最後の一切れまで大事に召し上がっていらっしゃいました」

と、英国の大手レシピサイトRecipesPlus で語っています。

RecipesPlus: Healthy Recipes | Food Ideas | Be Inspired

ãChocolate biscuits cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

もちろんウィリアム王子も大好物で、キャサリン妃も妊娠中に召し上がっていたそう。

マグレディ氏のウェブサイト「Royal Chef」では、そんな英国王室の愛する「チョコレートビスケットケーキ」、お家用にアレンジした簡単レシピを公開しています。

Chef Darren McGrady | The Royal Chef | Personal Chef to the Queen

é¢é£ç»å

〈材料〉
ダークチョコレート 113g グラニュー糖 113g
無塩バター 113g 全卵 1個
プレーンビスケット 1パック(227g) バター 小さじ1/2(型用)
ダークチョコ 227g(コーティング用)チョコレート 28g(デコレーション用)

〈作り方〉

1. ケーキ型の内側に薄くバターを塗り、オーブンシートを敷く。

2. ビスケットをアーモンドくらいの大きさに砕く。

3. ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れクリーム状になるまで混ぜる。

4. 湯せんでダークチョコレートを溶かし、3のボウルに加えて混ぜる。

5. 溶いた卵を加え、よく混ぜる。

6. 2のビスケットを5に加えて混ぜる。チョコクリームまんべんなく絡むように。

7. できた生地を1の型に流し入れる。

8. 冷蔵庫に3時間入れて固める。

9. 8を型から出し、溶かしたコーティング用のダークチョコを塗る。

10. 室温に置いて、表面のチョコレートを固める。

11. デコレーション用のチョコを溶かしてコルネに入れ、表面に模様を絞る。

ちなみにこのケーキ、ウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングケーキにも採用されたそう。いろいろなアレンジが楽しめそうですね。

é¢é£ç»å  ãChocolate biscuits cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

オリジナルの王室レシピでは、テイト&ライル社のゴールデンシロップが隠し味。

ビスケットはマクビティのダイジェスティブビスケット(リッチティー味)とのこと。

【kotorioからのひとこと】

イギリス王室のレシピに興味がある人は、マグレディ氏のサイトや、

著書「ROYAL CHEF」(左) 「Eating Royally」(右) もオススメですよ。

   f:id:kotorio:20180520043620p:plain

f:id:kotorio:20180520043856p:plain