Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

美セレブ夢中・パリで今ブームの中東料理「フムス」

移民大国フランスの中でもパリには特に世界各国の料理が揃いますが、最近ブームなのがセレブも通っているという中東料理。ヘルシーでおいしく、専門店が続々と誕生。

なかでも評判の「YAFO」は、カジュアルな雰囲気で居心地もとってもいいです。

f:id:kotorio:20170909213545j:plain

 

今週のお題「得意料理」

パリジャンはビオやヘルシーに目覚めているようですね。

オリーブオイル、野菜をたくさん使うイタリアンの流行もその一つ。その流れが、中東にまで拡大中。

ヤフーは、イスラエルの都市・テルアヴィヴの南部のこと。隣接するのはレバノンベイルート。とても個性的で、健康的なお料理が日常にあふれています。

f:id:kotorio:20170909211309j:plainf:id:kotorio:20170909211322j:plain

スライスしたゆで卵、ゆでたひよこ豆、オリーブオイル、パセリが乗ったフムスの一品「デリ」で8ユーロ。右が店主兼パティシエでもあるロタンさん。

レバノンにもイスラエルにも共通する料理として真っ先に名があがるのが「フムス」です。ひよこ豆のペースト。

シンプルなだけに、素材のよさと、適切な調理で全てが決まります。

フムスをベースに、アレンジが楽しめるのも魅力の一つです。「フランス人はフムスをアペロのつまみだと思っているけど、きちんとした料理なんだ」と店主のロタンさん。

f:id:kotorio:20170909212043j:plain

フムス好きセレブとしてフランスで知られているのは、ミランダ・カーと、アン・ハサウェイアン・ハサウェイは、役作りで減量のため、6日間フムスとラディッシュだけでデトックスしたそうです。

f:id:kotorio:20170909211919j:plain

フムス、はい、美味しいです。はまる人ははまります。ナッツのペーストのような味。スパイスはフランス人の嗜好に合わせて少しマイルドに調整したそうです。

ロタンさんは元パティシエで、ラデュレなど名店を経た折紙付。

ひよこ豆にはビタミンB1豊富で疲労回復や美容にもいいです。高タンパク、低カロリーなのでそりゃ、新婚の上記おふたりセレブも好んで食べているのもわかりますね。

f:id:kotorio:20170725123531j:plain

ここに来たらフムスだけでなく、ぜええったいに忘れてはならないのが、イスラエル風のパンナコッタ「マラビ」

ココナッツやローズ・ウオーター入りで、バラの香りがかぐわしいデザートです。ゼラチンを使用せず、アミドン(澱粉)なのでビーガンの方もOK。コーヒーはカルダモン入りCoffeeに、こちらのゴマのサブレを合わせておしゃべりは続きます。うーん、サクサク食感が素晴らしいです!
 
店を出る頃にはパリからエスニックな世界へプチトリップした気分になれちゃう、素敵な空間でした。

f:id:kotorio:20170725125456j:plain

かもめ食堂そっくりな感じもまた・・・・(笑・kotorio)

YAFO houmous deli - 96 rue d'Hauteville Paris 10
96 rue d’Hauteville 75010 Paris 12:00~14:30 土日定休

 

薪窯で焼く昔風クロワッサン 「Le Moulin de La Vierge」

先日、裏メニューでヴィノワズリーの美味しいロシアカフェをご紹介しました。

フランスの朝は、クロワッサンにカフェオレ♪で決まりですよね。朝マックメニューにもございます。

https://s3-media2.fl.yelpcdn.com/bphoto/qzaCehHbpSOZNWkUk3Kh4w/348s.jpg

農業大国フランス、バターの質が違うんですね。

それを見事に体現しているのがクロワッサン。kotorioも1年前まで16区のブーランジェリー(日本にもお店のあるメゾンkです)でバイトをしていましたが、クロワッサンを試せば、そのお店の品位も歴史も全てがわかってしまうといいます。

まさに、ヴィノワズリーのプレジデント、と言えましょう。

フランスでも今は珍しくなってしまったという、昔ながらの「薪窯」を使って、ひとつひとつ丁寧に焼き上げるブーランジェリーがあります。

その名も「Le Moulin de La Vierge」(村の風車)、パリ2区と15区にお店があります。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/dd/ed/fb/ddedfb91908f8099194481135cd7b7e4--window-decals-window-displays.jpg

1356年からの伝統製法で全てのパンが作られているそう。店内の装飾も、シャンデリアも、開店当時とほぼ変わらないとのこと。長い歴史を感じさせますね。

http://pariscapitale.com/wp-content/uploads/2016/01/moulin-vierge-cafe-paris.jpg

こちらがウワサの薪窯でございます。

https://s3-media4.fl.yelpcdn.com/bphoto/NjQhKAFrCbwgSSJuKsvVFw/ls.jpg

まだ暗い早朝の薪焚きから、パン屋さんの1日が始まります。窯の扱いは今も昔も非常に難しく、まさに職人技。

フィガロスコープやパリジャン紙などで取り上げられて今再び注目されるようになりましたが、ひとつには、2区のお店にバー・カフェが併設され、深夜まで利用可能なこと、また、本格窯焼きとあって、ビオや有機(サワー種)興味のある人たちから、ここでの製法のパンが人気を得ていることです。("pains au levain"と呼ばれる種類のパンです)。

でもやっぱりクロワッサン♪ 1€10です。

http://4.bp.blogspot.com/-o-l7O_V14AY/VOF8oOzhxZI/AAAAAAAAAGU/y8Gc1mJPUFc/s1600/Croissant%2B.jpg

薪窯ゆえ、ひとつひとつの焼きムラがありますが、それもまた個性。

同じものは二つとしてありません。外の香ばしさに対して、中はふんわりと柔らかく、甘みが感じられます。

 

 

Le Moulin de La Vierge 

10 Place des Petits Pères, 75002 Paris

166 Avenue de Suffren, 75015 Paris

テレビ番組で優勝、今最もホットなパン屋さん Boulangerie Utopie ブーランジュリー・ユトピ

フランスのテレビチャンネルM6の人気番組「フランス最高のパン屋さん(La meilleure boulangerie de France)」で、2016年10月に優勝したパリのブーランジェリーUTOPIE(ユートピ)さん。今、フランス国内で、最もホットなパン屋さんに上りつめたと言って間違いないでしょう。

f:id:kotorio:20170804171840p:plain

なんと、経営されているのは15年来の友人だというおふたりのシェフ。うらやましい!

技のハーモニーが奏で出すパンは、どこか音楽的です。彼らは旅を通じて多くのインスピレーションを得て、それをパンの創作の源にしているとか。

https://i2.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/09/img_5256.jpg?resize=648%2C685

見た目には斬新、しかし確かな味、パリのみならずフランス国内から、多くの人がこの店を訪れ行列が絶えません。

店内には、しっかりとテレビ番組で優勝した賞状が飾られております。

https://i1.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/11/img_7457.jpg?resize=648%2C648 https://i0.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/09/img_5259.jpg?resize=648%2C810

まずは、きれいに並べられたバゲット。ナッツ入りパンなど、シンプルな素材を使い、基本のパンを良心価格で、というお店のスタンスです。

ユトピのスペシャリテは、黒胡椒のパン!

真っ黒のパンーーーいかがです?皆様、チャレンジのご覚悟のほどは?

https://i2.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/09/img_5260.jpg?resize=648%2C648 真っ黒のバケットーーあるんですよ。

黒くするのに、なんと竹炭を使っているそうです。期せずして日仏の和合を知ることができました。

皆様、パリへお越しの際はぜひ一度足をお運びくださいませ。

https://i0.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/11/img_7459.jpg?resize=648%2C864  Croissant 1Euro
粉の甘みを感じるタイプですね。トップは、パイに近い食感でした。中はしっとりモチモチ。お値段も素敵。毎朝用のクロワッサンです。

f:id:kotorio:20170804172658p:plain  サンドイッチ

クラシカルなハムチーズのバゲッドサンドから、パニーニまで、忙しいパリジャンのランチにぴったりな、オリジナルサンドが並びます。

さっぱりとした鴨のサンドイッチには松の実がたっぷり。

黒ごまのバンズ、スモークサーモンと野菜の「黒いサーモンバーガー」!?
ユートピで使用するゴマは全て日本から直接輸入しているそうです。

http://i.f1g.fr/media/figaro/orig/2017/03/27/XVM0203f238-12d4-11e7-9e28-7b011fa4a165.jpg  ル・フィガロ、パリジャン紙など絶賛

セットメニューでサンドイッチ(キッシュ、バーガー)+デザート+ドリンクあり。

 

パティスリー類は、高級菓子ラデュレで修行された、セバスチャンさんが手がけます。

オリジナルな色彩感覚。定番のタルトやエクレアにも目が惹きつけられます。

http://fullyfunny.fr/wp-content/uploads/2016/09/c_P1030048.jpg

ゆずの風味を生かした、爽やかなゆずタルト、柔らかく軽い口当たりの黒ごまクリームがアイスみたいなセサミタルト、そして、鮮やかな色と独特のフォルムで最も話題の、ビビッドな青い「ベリータルト」。

https://i2.wp.com/passiondupain.com/wp-content/uploads/2016/11/img_7480.jpg?resize=648%2C648

意外な素材を組み合わせ、クリエイティブな彼らのスタイルがあふれています。

Boulangerie Utopie ユトピ  PassionduPain® - Le site qui croustille

20 Rue Jean-Pierre Timbaud, 75011 Paris 7:00〜20:00 月曜定休

《今日のひとこと》やっぱりパリに帰ってきてよかった。やっぱりパリが好き。

フランス・リムーザン地方菓子・修道院で生まれた「クルーゾワ」

http://recettesdelaurence.com/wp-content/uploads/2011/09/creusois.jpg

リムーザン地方は、フランス中部、焼き物で有名なリモージュのあるところです。

トリュフの本場でもあり、フランス料理の器や素材に興味のある人なら、一度は訪れてみたい街。

さくらんぼの産地で、以前ご紹介した焼き菓子「クラフティ」もこの地方の名物です。

 

クルーゾワの由来は14世紀にまで遡ります。焼き瓦のへこんだところ(creuse)で焼かれていたことからつけられた名前とのこと。

その後、忘れられた存在なっていましたが、1969年に、修道女の家から偶然、古いフランス語文書のレシピが発見されて復活した、伝説のお菓子なんですってーーーというエピソード自体が、作り話という説もあるのですが、まあ真意のほどは別として、今ではクルーゾワ協会もあり、地元クルーズ特産のノワゼットを使った「公認」クルーゾワがいただけるそう。どちらにしても、そんな想像力を掻き立ててくれるフランス菓子、ふふふ。楽しいではありませんか。

この地方、何代も続く老舗のパティスリーやブーランジェリーがとても多い地域なんですよね。本物の瓦で焼かれた現地のクルーゾワに出会いたい!

http://res.cloudinary.com/hv9ssmzrz/image/fetch/c_fill,f_auto,h_409,q_60,w_730/http://s3-eu-west-1.amazonaws.com/images-ca-1-0-1-eu/recipe_photos/original/139869/DSC_5782.JPG

ヘーゼルナッツのコクのある風味が特徴的なお菓子で、回りの生地はさっくり、中はパウンドケーキのようにふんわり軽いお菓子です。

作り方もとてもシンプル。材料は小麦粉、バター、砂糖、卵白、そして主役のノワゼット(フランス語、英語でヘーゼルナッツ)です。卵白を泡立てたメレンゲの配合が多いので、ふわっと軽めの仕上がり。表面にノワゼットを散らして見た目も食感も楽しめますよね。

http://static.chefnini.com/wp-content/uploads/2015/04/g%C3%A2teau-creusois3.jpg

材料(直径18cmのタルト型1台分)

・バター 60g  ・グラニュー糖 100g ・卵白 75g(約2ヶ分)
・ヘーゼルナッツパウダー 50g  ・薄力粉 60g ・粉砂糖 適量

1)型にバターを塗っておきましょう。

2)バターをにグラニュー糖半分を混ぜる。

3)残りのグラニュー糖で卵白を泡立てます。

4)ヘーゼルナッツパウダーと薄力粉を加えて残り全て混ぜます。 

5)200℃で20分焼く

最後に粉砂糖を上から雪のようにふりかけてもきれいです。
ヘーゼルナッツの味が強いので、これから秋口にかけてや、Coffee好きな人にはオススメです。さあ、あなたも週末、修道女になってみましょう。

www.cuisineactuelle.fr

フランスのトリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」日本上陸

フランス発トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ(Artisan de la TRUFFE Paris)」が、東京・六本木の東京ミッドタウン、ガーデンテラス一階に日本初となる旗艦店をオープンしました。

f:id:kotorio:20170824001533j:plain

パリのお買い物どころ、かつ、観光名所としてもよく知られる「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」の中にある、トリュフ専門店です。

東京店では、パリ本店と同様、オーガニックにこだわって、フランス産の高品質なトリュフを使った料理、そのほか、トリュフ塩やトリュフオイルなども取り揃えています。

ブラック、ホワイトの両方のトリュフ、サマートリュフからブルゴーニュトリュフまで、旬の味をラインナップ。それぞれのトリュフに合わせた食材、それに合わせたワインを提供していきます。

f:id:kotorio:20170824001830j:plain

今回、メインシェフに抜擢された佐藤シェフは「ホテル・ドゥ・ミクニHOTEL DE MIKUNI)」本店で10年のち渡仏された方です。帰国後「マンダリン オリエンタル 東京」のフランスレストラン「シグネチャー」を経て、今回の就任となりました。おめでとうございます。

木を基調とした店内、シンプルですが、お洒落な配置。カウンター席では、シェフたちの手元を間近で見ながら、お食事をいただくことができます。

インテリアはパリ本店と同じもの。木の暖かみある、モダンな雰囲気を演出します。

南仏プロヴァンスから取り寄せたトリュフも購入可能。食通の方へのお手土産に、これは話題となりそうですね。

f:id:kotorio:20170824001655j:plain

黒のダイヤモンドの名を冠したトリュフ。より気軽に楽しむことができそうです。

アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ ジャポン(日本店のサイトこちらです)

Artisan de la Truffe Paris - Japan | Home

ファッション・カルチャーブログ、美味しいものブログへもお立ち寄りください。

kotorio.hatenadiary.jp

kotorio.hatenablog.jp

プロフィットロール Profiterole Chérie

プロフィットロール」というフランス菓子、ご存知ですか?

ジャン=フランソワ・ピエージュさんや先日もブログでご紹介したシリル・リニャックさんなど、星付きシェフがパティスリーを手がける傾向にあるフランス・パリですが、モードの最先端、マレ地区にその「プロフィットロール」のお店はありました。

f:id:kotorio:20170828192348j:plain

続きを読む

2018年東京進出!パリのブーランジェリー「LIBERTÉ リベルテ」

パリに3ヶ月ぶりに戻ってきて、嬉しいkotorio。ようやく荷物の整理も終わり、さあ、今日は特別サービスで記事をお届けしちゃいます♪

パリ10区 サンマルタン運河から一本裏の道の角に、ブノワ・カステル氏が ブーランジュリー&パティスリー「リベルテ(Liberté)」をオープンさせたのが今から4年前の2013年11月。

https://www.coworkshop.fr/wp-content/uploads/2014/05/PHOab300fc4-58db-11e3-bccb-63d77c185e98-805x453-660x371.jpg

続きを読む