Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリ・リヨン駅の「駅弁EKIBEN」参加老舗弁当屋さんシリーズ1 湘南鎌倉大船軒「幕の内弁当」

10月30日から一ヶ月間、パリのリヨン駅ホールにて、日本の弁当老舗5社が共同で 「駅弁」販売しているのをご存知でしょうか?こちらの記事をご覧ください。 今週のお題「紅葉」 www.kotorio.com フランスでも「ベントー」ブームで、フランス人に駅弁をどう翻…

祝20周年!ピエール・エルメ・パリの日本特別企画

ピエール・エルメ氏は、ヴォーグ誌で「パティシエ界のピカソ」と称された 21世紀を代表するパティシエさん。 1998年、エルメ氏が自身の名を冠したブティックの世界第一号店を出店したのが 日本のホテルニューオータニでした。 代表作『イスパハン』は、マカ…

温かいショコラデザート「フォンダン ショコラ」と大人の「ショコラパフェ」

スイスのプレミアムチョコレートブランド、リンツ「Lindt」。 リンドールなどはお土産の定番ですよね。 パリではスーパーやコンピ二でも売っているほど身近な存在です。明治チョコ的な? さて、そんな不動のチョコブランドから、カカオの香り豊かなダークチ…

3つ星プレ・カトラン名物デセール「バナナのレーズン・コンフィ」レシピ紹介

ブーローニュの森の3つ星レストラン、プレ・カトゥラン。 カリスマシェフ、フレデリック・アントン氏のもと、長年に渡ってパティシエを 担当するクリステルさんが考案し、今やカトラン名物デセールとして名高い 「バナナのレーズンコンフィ」レシピを初公開…

2018年ショコラティエさんたちのハロウィン限定コレクション

10月31日までの期間限定で、パリでおなじみの各パティスリー・ショコラトリーで発売されている今年のハロウィンスイーツをチェック! 今週のお題「ハロウィン」 1)まずは大御所ピエール・エルメさん。 今年のテーマは「ディアボリックマン デリシュー(Dia…

世界の王!ゴディバ Halloween Collection 2018 「マジック コレクション」

日本でゴディバさんといえばコンビニでも買えるお手軽ブランドと思っているアナタ! スイスの「リンツ」なんてカルディか阪急のオサレスーパーに行かないと買えないと思っているでしょう? フランスでは全くの逆!「リンツ」の「リンドール」(写真上)なん…

パリ発!日本でしか頂けない、秋の濃厚ショコラパフェ5選

前回は秋のマロンパフェ5選をご紹介したので、今回はパリ発ショコラティエさんによる「ショコラパフェ」をピックアップ。 チョコラバーにとっては、この上ない天国。濃厚ハーモニーをお楽しみあれ。 1)ショコラティエ「CHAPON」さん自由が丘店 元バッキン…

日本の駅弁がパリの駅に期間限定でやってくる!パリ・リヨン駅でEKIBEN販売

日本の誇る文化「駅弁」が再びのフランスへ! 2018年10月30日〜11月30日まで1か月、パリ鉄道の主要駅である(パリの)「リヨン駅」にスタンドが立ち、駅弁7種が販売されます。 ここ数年でのパリのBENTOブーム、みなさんご存知ですか?ヘルシーだし、見た目…

パリの百貨店ギャラリーラファイエット ハート型の「ヴィクトリア・ベッカム」10周年記念チョコ

パリ中心部の大手百貨店、ギャラリーラファイエットのグルメ館に ふらりと立ち寄ったkotorioさん、なんとどこにも載っていない新情報を入手! 先日、ロンドン・ファッション・ウィークで、ブランド創立10周年のショーを行った ファッションブランド「Victori…

3つ星「プレ・カトラン」シェフ直伝・秘伝レシピ! ホタテのシードル風味  

ブーローニュの森の3つ星レストラン、プレ・カトゥラン。 MOF(フランスの最優秀職人)シェフである、フレデリック・アントン氏が、 フランスの代表的高級食材を使った一皿、サンジャック(帆立貝)の秘伝レシピを とってもわかりやすく、日本の話も交えな…

秋のプレゼント企画!「パリ栗」パリでもっとも美味しいマロングラッセはーーー

秋ですねえ「パリ栗」企画、覚えていらっしゃいますでしょうか。 www.kotorio.com 老舗サバトン社のアルディッシュ(フランス)産マロングラッセ最強! これにかなうものはない、と6年間信じて疑わなかったkotorioに 強烈かつ意外なライバルが存在すること…

もはや芸術の域「マロンパフェ」in ジャパン私的5選

昨日パリのピエール・マルコリーニさんに行ったんですよ。そしたらなんとマロン・パフェが。ぎゃぉぉ。なんてこと!ーーーということは、もしや日本でも栗パフェがあるのでは? そこで日本の老舗から、ヨーロッパの有名パティスリーまで、季節限定「栗パフェ…

パリの老舗ショコラトリーA la Mère de Famille

ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユは、1761年創業、250年以上続くノスタルジックなパリのお菓子屋さん。 パリ市内に7店舗、人気ショコラトゥリーの9区にある本店を 「パリマダム」のミッシェルさんが訪問した3分程度の短い紹介動画です。 内装も外装も、…

「ユーゴ&ビクトワール」東京2店舗でレーズンパフェ、名古屋新店舗でチョコパフェも!

サロン・デュ・ショコラ Salon du chocolat とは、もはや説明不要。パリ発祥の、世界最大級のチョコレートの祭典です。 https://www.salon-du-chocolat.com/ パリの他、フランスの食の都、リヨン、イタリア・ミラノ、モスクワ、ソウル、そして1月下旬からバ…

ショコラ界のピカソ!?パトリック・ロジェさん

さあ10月といえば、パリのサロンドショコラの季節! 今年もどんな作品が並ぶか、ワクワクが止まりませんね! 今日は奇才・パトリック・ロジェ氏のお店にお邪魔してきましたので、 直撃レポートお届けします。 ロジェ氏はショコラティエというより天才アーテ…

フランス定番・お母さんの味「キッシュ・ロレーヌ」の作り方 

フランスの「キッシュQuiche」とは、卵と生クリームを使って作る料理のこと。 キッシュ・ロレーヌ(ロレーヌ風キッシュ)は、アルザス=ロレーヌ地方の郷土料理として有名です。よくブーランジェリーでも売っています。お昼にとっても人気。 パイ・タルト生…

フレンチデザートの定番!ムース・オ・ショコラのマル秘レシピ

子どもから大人まで、みーんな大好きなフランス家庭の超定番デザートといえば 「ムース・オ・ショコラ」。 マクロン大統領だって、お仕事帰りにぜえったい、召し上がっていらっしゃいます。 レシピも驚くほどシンプル。ずぼらなkotorioさんでもチャレンジで…

パリ8区「獺祭ロブション」夢の日仏コラボ 「日本酒スイーツ」など続報

夏前にアップした、パリ8区、フレンチの神様ジョエル・ロブション氏の「獺祭・ジョエル・ロブション」。 www.kotorio.com 日本酒とフレンチの珍しいコラボ店舗オープンを取り上げたところ、まだあまり知られていないためか、かなりの反響がありました。 ロ…

ピエール・エルメのアトリエ潜入、マカロンのレシピ公開!

日本でもこの名を知らぬ人はいない、名パティシエ、ピエール・エルメさん。 パリのアトリエに、いつもかわいいレポーターの(笑)ミッシェルさんが潜入。 巨匠エルメ氏のもと17年のベテランシェフが、看板スイーツのマカロン作りを なんとカメラの前で大公開…

ウィリアム王子のお気に入りレストランはなんとあの庶民派の・・・

メーガン妃、キャサリン妃、エリザベス女王と、女性陣ばかりの話題が続いたので、 ここはひとつ、ウィリアム王子のネタを。 普段は「おロイヤル」な、豪華なお食事を召し上がっているであろう王室一家。 ところがまだキャサリン妃が第3児を妊娠中に、ウィリ…

英国はおいしい13 最終回・イギリススイーツの代名詞「トラディショナル・スコーン」レシピ 

13回にわたる連載のラストを飾るのは、イギリス菓子の代名詞、スコーン。 小学校の頃、スコーン、スコーン、コイケヤスコーンってCMがありましたが、 皆様、ご存知ないですよね・・・この続きを歌える方は、kotorioと同世代でしょう。 スコットランド発祥の…

3つ星レストランのレシピ紹介 プレ・カトラン「手長エビのラビオリ」

手長エビのラビオリ、フレンチっぽくないけれど、ふわふわソースで 前菜にもメインにもおすすめの一品です。 半生状態のラングスティーヌ(手長エビ)を包んだラビオリに、 ミントとコショウの香りを利かせて泡立てたエミュルジョンをのせて。 洗練された、…

英国はおいしい12 シンプルな味が世代を超えて人気「ショートブレッド」レシピ 

スコーンと1、2を争う、イギリスを代表する伝統菓子といえばショートブレッド。 スコットランド発祥の焼き菓子です。 クッキー、サブレに近いスイーツですが、違いは砂糖、バター、小麦だけで作り、 液体は一切使わないこと。 スコットランドの老舗、ウォ…

これであなたもキャビア貴族!パリ6区フレンチレストラン「Boutary ブタリー」

オデオンからパリの老舗「カフェプロコップ」を通り抜けて、 マザリン通りを歩くこと5分。真っ赤に縁取られたお店ですので、 遠くからでもすぐ目立ちます。今日ご紹介するとっておきのアドレス、 キャビア・フレンチレストラン専門店「レストラン Boutary」…

英国は美味しい11 ドライフルーツたっぷりの濃厚ケーキ「クリスマスプディング」レシピ

イギリスでクリスマスに食べる伝統的なお菓子は、日本で想像する 生クリーム&スポンジのクリスマスケーキとは全く違うのですね〜〜。 そう、その名も「クリスマスプディング」です。 プディングというからには、プリンなの? いいえ、実はドライフルーツがぎ…

クリスチャン トルチュの香りと器。ナチュラルな食空間の演出

今日は美味しそうな話題からちょっと外れて、食空間を演出するグッズについて、 パリの話題をお届けしましょう。 モネが描いた睡蓮の作品が人気のパリ・オランジュリー美術館。 地下1階のブティックで、クリスチャン トルチュ氏によるルームフレグランスと …

英国はおいしい10 イギリスの夏スイーツの定番「サマープディング」レシピ 

夏のプリン?と思いきや、こちらは「サマーフルーツ」と呼ばれる、 ベリー類をふんだんに使ったイギリスの夏のデザートです。 赤紫のどぎつい色に最初はびっくりしましたが、これは野生のベリーの色! どうか、ご心配なく。 作り方はとても簡単で、ベリーに…

夏のデザートレシピ フランス「マンゴーとココナッツが香るブラマンジェ」

夏らしく、爽やかに。コース料理の最後にさっぱりとしたデセールが欲しい季節。 甘すぎず、かといって軽すぎない、季節のブランマンジェはいかがでしょう。 なんといってもアジアン風な、エキゾチックな香りが魅力。 週末にお友達を招く時もさっと手軽に作れ…

英国はおいしい9 りんごの酸味とクランブルのサクサクした甘み「アップルクランブル」レシピ 

イギリスのおうちで作るスイーツの定番、アップルクランブル。 タルトやパイよりもっと簡単で、英国では昔からとても愛されている焼き菓子です。 季節に応じて洋ナシなどで作ったり、いくつかの旬のフルーツをミックスして作る 「フルーツクランブル」として…

メニュー大公開! ロイヤルウエディング ヘンリー王子&メーガン妃

ハリー王子とメーガン・マークルの結婚式のあとのランチ、デザートのレモン・エルダーフラワー・ケーキ Lemon elderflower cake については取りあげましたが、 コース料理の内容はまだでしたね。 サセックス公爵夫妻となった2人は、オプラ・ウィンフリーやア…