Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

2014-05-02から1日間の記事一覧

Mogaribue/もがりぶえ

日本だけでなく、世界中に数えきれないほど多くの「風」の名がある。パリへ立つ前の日に偶然知った、日本古来のある「風」の名。それが「虎落笛」、もがりぶえだ。冬の季語である。 広辞苑だと「冬の烈風が柵・竹垣などに吹きつけて、竹のような音を発する」…

Le mistral/ミストラル 

ミストラル。ケーキ屋さんやフランス料理店にありそうな、素敵な響き。もとはフランスの南東部、プロヴァンスに吹く地方風のこと。アルプス山脈から下る風がローヌ河谷で加速を増し、地中海に吹き下ろす冷たい北風。通常冬から春にかけて吹き、地中海北西上…

Le snacking/パリのハンバーガー

フランス人は昼食を2時間ぐらいかけて食べ、ワインも飲み、デザートまで平らげる――そんなイメージは過去のもの。ここ10年ほど、フランス人の生活スタイルは劇的変化を遂げた。1990年代90分だった平均昼食時間は昨年22分。(パリ市による)昼食に革命をもた…