Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

2014-09-11から1日間の記事一覧

グラナダ1-(4)the Solitary Cyclist『孤独な(美しき)自転車乗り』

56短編の28番目。ストランドマガジン1904年。『帰還』収録作。依頼者はヴィオレットスミス嬢。音楽教師。怪しげな自転車乗りにストーカーされている。グラナダ版邦訳の『美しき自転車乗り』ではこのお嬢さんを指すが、タイトルを素直に訳せば『孤独な』自転…