Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

2015-02-14から1日間の記事一覧

《フランス料理考》 「美食」は人生のヨロコビ――

ユネスコを持ち出すまでもなく、フランス人にとって「美食」は純粋に人生のヨロコビの一つ。日本で生まれ育ち、小学校から3食『カロリーメイト』を愛用。塾に部活に図書館に走り回っていた私にはワケワカメだ。女王様の某国みたいにサンドイッチじゃダメな…

《フランス料理考 ア・プロポ》 “美食の国”の素朴さを伝えるために la cuisine française

先月1月末から突如このブログが「フレンチ料理ブログ」に大変身して、一体何が起こったのかと驚いていらっしゃる読者の方もおられましょう。毎日フランス料理の定番だの、パリの隠れ家ビストロだのを必死になって探しているのも、行き当たりバッタリではない…

黒いダイヤモンドを味わいつくす!パリの専門店『メゾン・ド・ラ・トリュフ』

世界三大珍味のひとつ、“黒いダイアモンド”「トリュフ」。誰がそんなこと言ったのさ、と元をたどればあの『美味礼讃』のブリア・サヴァラン様サマじゃないですか。 『味覚の生理学』(1825年)で「今こそ、トリュフの光栄はまさに絶頂だ」と断言するその自信…

リヨンの伝統料理 クネル(Quenelles)

リヨンが食の都ということはこれまでも記事で取り上げて参りました。 さてまだ紹介していないリヨン名物といえばーーこちら、「クネル」。 すり潰した魚肉に小麦粉と卵黄をバターなどの油脂と練り合わせた パナード という生地を混ぜて団子状にしたもの。 日…