Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

Boulangerie,Pâtisserie

なんで今更「クイニーアマン♪」ブルターニュの塩バターお菓子

フランス北西部のブルターニュ地方に伝わるお菓子「クイニーアマン」。 日本でも何年か前にブームになり、コンビニでも多く販売されたので、覚えている方も多いと存じます。「クイニーアマン」、奥深いお菓子なんですよね。 ブルターニュ地方では1860年頃、…

フランスの「シナモンロール」を求めてーー

ーーーー同じヨーロッパにいても、あるものはあるし、ないものはない。 こちらは伝統的なフィンランドのシナモンロールの形です。筆者が学生の頃シナモンローツがちょっとだけブームになって。当時バイトしてた神戸のカフェでも、皆さんよく知る渦巻き型に、…

パイ形・かわいくって美味しそうなーーレシピ本?

フナックというフランスのなんでも屋さん(本や家電製品などの大手です)で見つけて思わず笑って手にとってしまいました!!可愛い〜〜と言いながら、思わず食べてしまいそうな、これ、「レシピ本」なんですよ、フランス語の。6Euroなので、800円ぐらいでし…

パリのキャラメル専門店「Karamel Paris」

パティスリーのすべてにキャラメルが使用されているキャラメル専門パティスリーが昨年末、7区のサン・ドミニック通りにオープン!その名も、Karamel(キャラメル)パリです。 かの「ラデュレ」でチーフ・パティシエを務めていたニコラ・アレヴィンさんが担当…

フランスの秋を感じるお菓子「ポム・ランヴェルセ」

秋のノルマンディーと言ったら「りんご」の天国!!この時期、ノルマンディー農家ではりんごの収穫で大忙しです。 フランスでは日本のように摘菓せず、ミツバチたちが花の時期に受粉して出来た実を自然な状態で育てるのが主流だそう。 りんご農家の大部分で…

ヴィーナスの腕に抱かれてーーラングドック・ルション地方のお菓子

若いお菓子職人さんでも知らない人のいるほど、珍しいフランスのロールケーキ、それが「ヴィーナスの腕」。 フランスの南西部、ラングドック・ルション地方に伝わるこのロールケーキ、名前の由来はもちろん「ミロのヴィーナスに腕があったら?」

パリ最高ショコラティエ  アーノルド・ラエールさんと愉快な仲間たち

モンマルトルをはじめ、パリに3店舗を持つパティシエ、アルノー・ラエールさん。2007年にM.O.F(国家最優秀職人章)を取得し、由緒あるチョコレート愛好会「ル・クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」でも最優秀ショコラティエ として選ばれた、超実力派で…

イタリア発・チョコペースト「ヌテラ」フランス式の味わい方はーーー

この世にスイーツは数あれど、ヘーゼルナッツ×チョコレートのスプレッド「ヌテラ」をたっぷり塗ったバゲットでの朝食は、フランス人の大人から子供までだーいすき。 フランスのマックには、ヌテラバーガーまであります。 おやつに、そしておかし作りに、ヌテ…

星付きシェフ御用達フロマージュリー「ベイユヴェール」日本上陸!

フロマジュリー「Beillevaire ベイユヴェール」さん、バターが美味しく、もう何度か当サイトでもご紹介済みですね。なんと日本初上陸の情報が飛び込んで参りました!

パリ、夏の隠れ家「ル・フュモワール」

夏のパリ、バカンスでどこのお店も閉まっています。見渡してもパリジャンは今頃、南仏。ああ、悲しきかな、夏のパリで聞こえてくるのは観光客の英語ばかり。 パリで"レストラン難民"となっているあなたにこっそりkotorioがおくるアドレス、それが「ル・フュ…

パリのヴィエノワズリー店「RITUEL」伊勢丹限定が登場

皆様こんにちは、kotorioです。今日から夜長月の始まり。「サファイヤの9月の夕方」というユーミンの曲に乗せてお届けします(アラフォーkotorio) 2015年に誕生した、ヴィエノワズリー専門店「RITUEL(リチュエル)」さん。バゲットはもちろん、ヴィノワズ…

ラデュレ9月限定「虹色マカロン」と秋の空 

ラデュレ速報です。ジュエリーデザイナーとのコラボ限定コレクション「Solange pour Ladurée」(ソランジュ)なんと日本で9月1日(金)発売されるとのこと!

あなたもなりきり伯爵夫人!パリ・オデオンの新ジェラート

あなたも気分はルネッサンスの伯爵夫人!お題「夏に食べたいおやつ」 パリの高級目ぬき通り、オデオン・・・の裏あたりにオープンしたイタリアンジェラートのお店「Il Gelato Del Marchese」(イル・ジェラート・デル・マルケーゼ)」。通りから覗いてみたテ…

パリの老舗ジェラート屋さん「ベルティヨン」 ヴィーガン・アイスが登場!

パリで1954年創業のアイス屋さん「ベルティヨン」。並んでも食べたい日がある。そんな老舗で初の試み「ヴィーガン・アイス」がこの夏、話題です。 お題「夏に食べたいおやつ」

フランス発の話題スイーツ「ガトーマジック」(魔法のお菓子)

ガトーマジック、魔法のお菓子? 2014年にフランスでレシピ本が出され、あっという間に旬なガトーになりました。話題のスイーツ、星付きレストランのデセールにまで提供されるほど。その正体に迫ってみましょう。最後にご紹介するレシピ本を参考にしました。

逆さ巻き?バターかほるクロワッサン 

皆様こんにちわ。フランスの清少納言、kotorioです。 8月もそろそろ半ばを折り返します。エッセイが続きましたので、一旦この辺りで、一息、休憩入れてみましょうか。明日以降は再び長編読み物特集、後半戦参ります。 ーーーーそれでは幕間、20分間です。

エッセイ「プルーストさんシリーズその3」(最終回)

皆様、こんにちわ、kotorioです。お盆特集、プルーストさんシリーズ最終回、 第9回から12回までのラスト4記事をお届けします。

エッセイ「プルーストさんシリーズその1」

皆様こんにちは、kotorioです。引き続き、お盆の「ちょっと長い読み物特集」です。昔の埋もれたエッセイをアップしています。ご帰省の新幹線の中などでお時間のある際、目を通していただけましたら幸いです。 ちょっと今とはテイストの違う文体なんですよね…

ラ・ヴィエイユ・フランス この夏味わいたいラムレーズンのアイス

皆様、8月2週目の始まりですが、元気に過ごしていらっしゃいますか?フランスは、ボルドーから、kotorioです。今日は夏休み特別編ということで、「日本のフランス」、ご紹介したいと思います。 写真はHPよりお借りしました 東京、千歳烏山に本店を構える「…

パリのロシア!カフェプーシキン Café Pushkinの美味なる革命クロワッサン

もう、どうして今まで登場しなかったのでしょう!kotorioのバカ! 悔やまれるほどの、パリの「名物穴場カフェ」と裏メニューのご紹介です。 パリのロシア「カフェプーシキン」。本店はモスクワ、Café Pushkin(Кафе Пушкинъ)。ロシアの詩人アレクサンドル・…

ボルドー銘菓カヌレ専門店 BAILLARDRAN(バイヤルドラン)

みなさん、夏休みに入られましたか?うなぎ、召し上がっていますか?パリにも老舗の鰻屋さんあるんですよ〜〜。 さてパリ。寒くて、夏がすぎてしまったかのようです。10月初めの秋風みたい。バカンスで、パリジャンは太陽を求めて旅立ってしまいました。5週…

バター大国フランス ブルターニュのCMとドキュメンタリー

農業大国フランス、年間消費量は1人8キロ、つまりフランス人は1ヶ月で日本人の1年分のバターを消費していることになります。お肉も魚もバター&バター。 朝から晩までバター&バター。バターのないところでは生きていけません。 隣国イタリアのオリーブオイ…

本日は革命記念日ーーー14 juillet Français

今日はオスカル様の命日・・・・じゃなかった、「革命記念日」ーーフランスでは「キャトールズ・ジュイエ>7月14日のそのまんまフランス語読み)といいます。お正月と、クリスマスと、お誕生日が一気にやってきたような感じです。トランプさんは昨日到着さ…

パリ、かの有名な「トゥール・ダルジャン」にパン屋さんが!

かの有名なレストラン、日本の皇太子様も訪れたという「la Tour d’Argent」 ーーーのあるセーヌ河岸並びに、そのパン屋さん、Boulanger de la Tour(ブーランジェ・ドゥ・ラ・トゥール)が、オープンしたそうです! 世界に名だたる超高級レストランのブーラ…

オートクチュールのパティスリー「ヤン・クヴリール」さん

年頭のフィガロ紙ガレットデロワ特集でもランクイン。パリメディア大注目の新星イケメンパティシエ、Yann Couvreur ヤン・クヴルールさん(発音はクブルーに近い)。 一言でいうと、彼はパティスリーをオートクチュール化。「華麗なるストリートフード」とし…

パリ発・モッツァレラサンド「Mmmozza」日本上陸!

パリで話題のモッツァレラサンドイッチ店「ンーモッツァ(Mmmozza)」の日本1号店が、2017年3月末に原宿にオープンして早3ヶ月。その人気ぶりは、こちらパリまで届いていますよ。 水牛モッツァレラチーズをふんだんに使ったフレッシュサンド!パリのマレ地…

パリのスターシェフ・噂のパティスリー「シリル・リニャック」

ガレットデロワでもご紹介したパリのトップシェフ、シリル・リニャックさん。テレビに本に引っ張りだこのシリルさん、1977年生まれで筆者と同い歳(念のため、面識はございません)。マクロン大統領とも同い歳。 大スターなのに「あ、中学の時同じクラスだっ…

アンジェリーナ 集めたくなるレトロな缶入りチョコ

1903年創業、100年以上の歴史と伝統を誇る老舗パティスリー「アンジェリーナ」。 かのココ・シャネルもサロン・ド・テ(喫茶)に通い詰めたほど。看板商品モンブランがあまりに有名で、ほかにも焼き菓子をはじめとした「お持たせ」商品が充実していることは…

パリの奇才!ホントは教えたくないミハラクさんちの無添加ジャム

みなさま、年末のブッシュ、年明けのガレットデロワと連続フィガロ殿堂入りの「Christophe MICHALAK」(クリストフ・ミハラクさん、イタリア人なので発音はミシャラクが近いようです)さん、覚えていらっしゃいますか。 kotorio.hatenablog.com パリの5つ星…

シャンパンを使ったバラ色ビスキュイ「メゾン・フォシエ」

フランスでこのお菓子を知らない人はいない、と言われる「Fossier(フォシエ)」、本場シャンパーニュのシャンパンを使った歴史あるビスキュイなんです! Maison Fossier・フォシエは、フランスで最古のビスケットメーカー。 本社は大聖堂で有名な街ランスに…