Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

Paris,France

パリ8区「獺祭ロブション」夢の日仏コラボ 「日本酒スイーツ」など続報

夏前にアップした、パリ8区、フレンチの神様ジョエル・ロブション氏の「獺祭・ジョエル・ロブション」。 www.kotorio.com 日本酒とフレンチの珍しいコラボ店舗オープンを取り上げたところ、まだあまり知られていないためか、かなりの反響がありました。 ロ…

ピエール・エルメのアトリエ潜入、マカロンのレシピ公開!

日本でもこの名を知らぬ人はいない、名パティシエ、ピエール・エルメさん。 パリのアトリエに、いつもかわいいレポーターの(笑)ミッシェルさんが潜入。 巨匠エルメ氏のもと17年のベテランシェフが、看板スイーツのマカロン作りを なんとカメラの前で大公開…

3つ星レストランのレシピ紹介 プレ・カトラン「手長エビのラビオリ」

手長エビのラビオリ、フレンチっぽくないけれど、ふわふわソースで 前菜にもメインにもおすすめの一品です。 半生状態のラングスティーヌ(手長エビ)を包んだラビオリに、 ミントとコショウの香りを利かせて泡立てたエミュルジョンをのせて。 洗練された、…

これであなたもキャビア貴族!パリ6区フレンチレストラン「Boutary ブタリー」

オデオンからパリの老舗「カフェプロコップ」を通り抜けて、 マザリン通りを歩くこと5分。真っ赤に縁取られたお店ですので、 遠くからでもすぐ目立ちます。今日ご紹介するとっておきのアドレス、 キャビア・フレンチレストラン専門店「レストラン Boutary」…

クリスチャン トルチュの香りと器。ナチュラルな食空間の演出

今日は美味しそうな話題からちょっと外れて、食空間を演出するグッズについて、 パリの話題をお届けしましょう。 モネが描いた睡蓮の作品が人気のパリ・オランジュリー美術館。 地下1階のブティックで、クリスチャン トルチュ氏によるルームフレグランスと …

夏のデザートレシピ フランス「マンゴーとココナッツが香るブラマンジェ」

夏らしく、爽やかに。コース料理の最後にさっぱりとしたデセールが欲しい季節。 甘すぎず、かといって軽すぎない、季節のブランマンジェはいかがでしょう。 なんといってもアジアン風な、エキゾチックな香りが魅力。 週末にお友達を招く時もさっと手軽に作れ…

エッフェル塔を眺める一等席! パリの魚介レストラン Chez Francis(シェ・フランシス)

パリ8区にある魚介レストランChez Francis シェ・フランシス。 セーヌ川にかかるアルマ橋のすぐたもとで、エッフェル塔の眺めが 抜群のロケーションです。お料理にも定評があり、 ロマンチックに食事を楽しむなら、ここは穴場、オススメです。 エッフェル塔…

夫妻で開いた私たちの甘い城 パリ7区「ノートル・パティスリー」

MOF ( Meilleur Ouvrier de France フランス国家最優秀職人章 ) の、 クリストフ・ルドンさんとフランチェスカさんのパティシエ夫妻が、 2016年、7区の瀟洒な界隈にオープンしたパティスリーです。 クリストフさんは老舗バティスリーLenôtre(ルノートル)…

究極の一皿に出会った!女性シェフによる、リヨンの伝統料理 クネル/quenelle

すっかりリヨンの伝統料理、クネルにはまっております、kotorioです。 前回は、パリでクネルがいただけるビストロ、ブラッスリーをご紹介しました。 www.kotorio.com www.kotorio.com ところで、リヨンのブション(Bouchon)をご存知でしょうか。 「ブション…

パリの高級ホテルで味わう イタリア料理店トスカ

高級ホテルのオテル・スプレンディッド・ロワイヤル・パリ。 19世紀末に建築された個人邸宅で、ピエール・カルダンが所有していたともされる、 エレガントな建物。12のスイートルームしかない特別空間です。 そのホテル内に昨年開店した、レストランTosca。…

パリでリヨンの伝統料理「クネル quenelle」レストランを探せ!

先日、パリにある リヨン名物Quenellesの専門店「Giraudet 」をご紹介しました。 お手軽キットを購入して帰ったkotorio、食べ方は 「ゆでてソースをかけてオーブンで焼くだけ」 あ、おひとりさまなので、オーブンないんですけど・・・ 「ではクネルを小さく…

パリ9区 いま人気の魚介タパス「レピュイゼット」

海の幸がじわじわと人気となりつつあるパリ。 9区にできたタパスレストランL’Epuisette(レピュイゼット)が今パリで注目です。 パトロンは、ニコラとセバスチャンという30代男性お二人。 インテリアも自分たちで考えたそうで、魚採りのかごをイメージした…

食べる香水!? 新感覚、フレンチシェフが手がける「バラのアイス」

フランス料理界からも注目される、白金台「Tirpse」の田村浩二シェフが、 珍しいプロジェクトを成功させているようですよ! 日本唯一の無農薬栽培エディブルフラワー専門店がはじめた「フレグラス」の アイスクリーム。まさに「香りを食べる」感覚です。 主…

パリ「アルティザン・ドゥ・ラ・トリュフ」新レストラン

「Artisan de la Truffe アルティザン・ドゥ・ラ・トリュフ」が、ボボで名高く、 比較的庶民的な地区、マルティール通りにレストランをオープンしました。 フランス三大珍味のひとつを、ふらっと入って気軽に味わえるなんて! 内装もカジュアルで、トリュフ…

パリジャンも愛す、フランス地方から進出のオリジナル気鋭アイス

地方からパリに進出してきた「グラシエ」=アイスクリーム職人さんが作る、 見たことないオルジナルなアイスに注目が集まっています。 その地方でしかない特産物を使ったり、珍しい素材の組み合わせで、ひとびとが これまで思いつきもしなかったようなアイス…

奇跡のスフレパンケーキ 「フリッパーズ スタンド」

ニュウマン(NEWoMan)にオープンする、スフレパンケーキの専門店 「フリッパーズ スタンド」。 もっとカジュアルにと、これまでのスフレパンケーキの概念を一新するような、 テイクアウト店として、東京に再上陸しました。 厳選素材を使い、卵の魅力を凝縮…

アメリに会えそう モンマルトルの美食レストラン「レ・タント・ジャンヌ」

アーティスト、特に画家の住んでいる街、といったイメージのモンマルトル。 映画に出てきたアメリのカフェ「Café des 2 Moulins カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」、ご存知でしょうか。 その近く、ヴェロン通りに、この付近では珍しいガストロノミー(美食)系の…

パリのエスプリがつまった夢のコラボ!?小さくてキュートな「クルマとスイーツ」

「ルノー・ジャポン」が、ピエール・エルメ・パリのプランド誕生20周年を記念して、限定車「ルノー トゥインゴ PH マカロン」を発売しています。 “小さくてキュート”が合言葉、夢のコラボが話題です。 限定車「ルノー トゥインゴ PH マカロン」とデザートの …

美食の達人 第4回 フレンチ アラン・デュカス氏

フランス料理界の巨匠、アラン・デュカス氏 「自然食」にグローバリズム。フランス料理の未来とはーーー。 16歳で料理人となり、33歳でモナコの「ル・ルイ・キヤーンズ」に料理長として就任、 33ヶ月で三ツ星を獲得。 以降、フランス料理界のトップを走り続…

パリ一人気のアイス屋さん「ベルティヨン」100%ナチュラルジェラート体験

パリ中心、セーヌ川に浮かぶサン・ルイ島の目抜き通りーーといえば、 アイスの老舗『ベルティヨン』さん。 夏のみならず、一年を通していつでも大行列。 ガイドブックにも載っていて、もはやこれを食べずしてパリを語れず、ですね。 1954年創業以来変わらぬ…

パリ7区、自然に学ぶレストラン David Toutain/ダヴィッド・トゥタン

パリの3ツ星「アルページュ」など、フレンチ名店で経験を積んだのち、 「アガペ・シュブスタンス」で1つ星を獲得。 2013年末、32歳にして、満を持してオープンしたパリ7区のレストラン、 ダヴィッド・トゥタン氏の才能が至る所で感じられるお店です。 天井…

自然派ワインが豊富 ナチュラルな空間を楽しむレストラン「Saturne」

スヴェン・シャルティエさんが24歳で「Saturne」をオープンしたのは2010年。 10代半ばから料理人を目指す人が多いので、珍しくもないとは言えないですが、 やはり若くして「シェフ」になるのは、大変なことでしょう。それから18年。 ガラス張りの天井から自…

「ルピシア」パリ店 ティーサロンオープン 日本の抹茶も! 

高級ショッピング街、サンジェルマン・デプレのボナパルト通りに並ぶ、 日本生まれの「世界のお茶の専門店 ルピシア」のパリ店です。 日本人建築家、古谷誠章氏が手がけた、「和モダン」な印象の店内。 100種類以上のお茶が並び、2013年のオープン以来、 左…

パリのサンドイッチといったらデグランデュさんにきまり!

ミルフィーユコンクールで優勝、またバゲットコンクールでも入賞など、 腕に確かな実力派、ブーランジェリー「イブ・デグランデュ」さん。 17区、16区に支店をもつ高級志向のお店のわりに、 意外と日本のメディアに登場しません。パティスリー、こんなに上品…

ニューヨークのヨーグルトトレンドはギリシャと共に?

腸内フローラに善玉菌ーーヘルシー志向の人たちが最近気にしているのは「腸活」。 ヘルスコンシャスの先端都市、ニューヨークでも「プロバイオティック」のフードが不可欠だそう。きれいな体作りに熱心なニューヨーカーの間で、今、グリーク(ギリシャ風)ヨ…

南仏菓子トロペジェンヌ&西海岸アレンジ!?6種フレーバーで登場

パンと珈琲を楽しめるカリフォルニアスタイルのカフェ「クロスロードベーカリー」。 今年3月にオープンした渋谷店ではフランス伝統菓子「トロペジェンヌ」が人気とか! な、なぜに!?なぜゆえフランス菓子がアメリカーンなカフェで受けているのだ? トロペ…

フレンチスタイルの爽やかアイスサンド

パリ6区の老舗パティスリー「ラ・ヴィエイユ・フランス」で、 日本人初のシェフパティシエに就任した、木村成克さん。 伝統的技法を受け継ぎ、帰国後に千歳烏山に、 パティスリー「ラ・ヴィエイユ・フランス(パリと同名)」をオープン。 さらに2014年、仙…

パリから上陸した話題店「リベルテ」のタルト シトロン

パリ10区の人気店「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー」。 今年3月、東京、吉祥寺に上陸するや否や、日本でもあっという間に人気だとか。 中でもとびきり人気が「タルト シトロン」、もちろんパリ店でもスペシャリテです。 ベースのタルト生地は、…

パリのヘルシー志向/グルテンフリーのベーカリーレストラン「ノグル」

パッサージュ・デ・パノラマに1号店を立ち上げた「Noglu」ノグル は、 グルテンフリーをうたった、パリ初のベーカリー&レストラン。 小麦粉を使わずに、目にも舌にも美味しいパンやヴィエノワズリーがいただけちゃう。 オーナーのフレデリックさん自身がグ…

パリ7区、アートギャラリーのようなレストラン「ペルティナンス」

「タイユヴァン」「ル・ムーリス」などパリの星付き名店で修業をした 内藤隆乃介シェフが、2017年に開いたフランス料理店「ペルティナンス」。 パリ7区とレストラン激戦区での勝負です。 店内は木のラインが美しいアートギャラリーのような内装。 厨房はマ…