Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリダンサー図鑑(7)欧州から世界へ羽ばたくCarl Portal/カール・ポータル 

 Carl Portal fait sans conteste partie aujourd’hui de ces artistes talentueux qui incarnent le paysage de la nouvelle vague de chorégraphes français à dimension internationale.

(訳):カール・ポータルはこんにち、間違いなく、フランス国家における振付のヌーヴェルヴァーグ(新しい波):国際的次元を担う、才能あるアーティストである。

f:id:kotorio:20140620034313j:plain

 En stage au studio Harmonic du mercredi 18 au vendredi 20 juin à 12H30, et du lundi 23 au vendredi 27 juin à 14h00... 彼はバスティーユにある某スタジオで今週、スタージュ(研修)クラスを持っている。通年での固定クラスはない。チケットで受講できるので(と言ってもアドバンス:上級クラスに設定されてはいるが)明日、遅ればせながら乗り込んでみる予定。夜にはレギュラー参加しているJの振付クラス75分があるから、気力体力は残しておきたいところだが、たぶん、このセンセ、一筋縄ではいかない。クラスは『Moderne』となっている。モダンジャズでもコンテとも書いていない。どのような展開になるのか楽しみ。

 略歴。スタジオと彼の個人公式フェイスブックより。フランスの南、ぺルビニャン出身(山岳地方、スペインよりだ)8歳でモンペリエの国立音楽院(コンセルヴァトワール)入りしているから、純クラシック培養・要は一般人とは違う、芸術の神に見出された「神童」系の、ダンス人生滑り出しです。ところが何を想ったか、17歳にして、パリのおなじみ、リックアダムスの養成所へ。アメリカのJazzダンスに転向してしまった神童。しかし彼の凄いところはそこからで、世界をまたにかけて職業訓練学校を渡り歩くのである。Corée du sud, Algérie, Suède, Italie, Pologne.../韓国、アルジェリア、スウェーデン、イタリア、ポルトガル。“そして数年が経ちました”と、さらりと書いてある。このような多彩な経験を引っさげて母国に帰り、フランスのカンパニーで多くの振付家とコラボレーションをしながら踊りの経験を積んでいた。しかし彼の才能は、ミュージカル舞台で引っ張りだことなる。アリババ、ノートルダム・ド・パリ、十戒、ロミオトジュリエット。というわけで、そろそろ自分の企業「カール・ポータル」を立ち上げます。

 彼の写真を見ても分かるように、どこかスペイン的な男らしさ、力強さといった魅力に存分に溢れた彼は、国を越えたテレビ番組、芸能界へと活躍の場を順調に広げる。日本のヨウジヤマモト、あるいはジャンポールゴーティエといったファッション関係者らとの仕事(おそらくはショーの振付、演出等)で多くコラボを組み、その個性を発揮させてゆく。

 2010年、ロミジュリの新振付バージョンをGérard Presgurvic au palais des congrès de Paris(パリにあるコンヴェンションセンター)にて発表。中国、日本等への世界ツアー。2011年、イタリアのテレビ番組「プライムショー」振付、審査委員。2012年は« star academy »(スターアカデミー:テレビショー):NT1のコンテ部門において振付師。彼の名声はもはや国民的・国家的に揺るぎないものとなっている、若手筆頭の、名実かねそえたフランス代表選手といって間違いない。

以下はプロフェッサー紹介でもリンクのあった彼の紹介ビデオ。ほぼテレビ番組からの抜粋だけれど、この「貫禄」を見よ!という感じ。どこか修行僧のような、意志の強そうな、強靭な鋼の様な肉体とまなざし。スペイン気質が混じっているのかなあ、とふと思わせる。でもインタビュー動画を見ると、話し方はとても品のあるフランス語で、相手が好感を抱かずにはいられない不思議なタイプ。 

Carl portal - YouTube

 お次はイタリアのテレビで、流暢なイタリア語でインタビューに答えている、そのイタリア語が全然、ケンカ腰でつっかかってくるみたいなところがない。イタリア語ってこんなきれいで滑らかだったんだ・・・と(イタリア語は30日間完成!という独学本を数年前2回繰り返しただけの私・・・)


Intervista a Carl Portal - YouTube

 おそらく、彼の幾多の言語能力も、話し方も、彼が彼のダンスを踊るのと同じように、呼吸をするような、あるいは服を身にまとうようなものなのかもしれない。

 NT1の『You Can Dance 』という、要はアメリカのダンス勝ち抜きショー番組のフランス版みたいなもの(2012年開始)があるのだが、彼は番組振り付け師をしており、番組公式サイトに動画Upされている「You Can Dance : Carl Portal apprend les pas de la choré imposée」の彼が、とてもいい。カールが実際にスタジオで参加者に振付をしている様子、ディレクター的大物っぷりがとくと拝見できる。どうしたことかGoogleからyou tube張り付け画面に検索で上がって来ないので張り付けることができない。Yahoo.frだと動画でちゃんとあがってくるのに。番組サイト是非ごらん下さい。

 明日、へたばっていなければ追加で、クラス感想UP予定。