Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

Googleのロゴ/Coupe du Monde de la FIFA 2014

 なんだか「パリイケメンダンサー図鑑」に引き続いて、当ブログでネタ、準レギュラーの座を狙いそうな「Googleロゴ」シリーズ。ここ数日、W杯がらみが続いているが、本日は我が前職(笑)である、裏方編。

f:id:kotorio:20140621134547g:plain

 TVクルーとジャーナリスト「O」が、「g」にインタビューしていると、ゴール裏から黄色と緑の(おそらくこれは2014主催国・ブラジル色の)ボールが飛んできて選手の頭を直撃。Oとgの間でメガネが吹っ飛ぶ仕組み。ところで初回みたときgは選手かと思ったのだけれど、最初にメガネをかけているのがg、ということはこちらはスポーツコメンテーターで、現場中継なのかな、と思わせる。むしろ選手はゴールポストの中の「I」と「 e」なわけで。

 クリックすると「Coupe du Monde de la FIFA 2014」サッカーワールドカップ:2014の文字が出てきて、公式サイト(仏語版)へ飛ぶ仕組み。これって、英語だとちゃんとworld cupって出ているのかな。日本ではどうなんだろう。

 昨夜は我らがフランス「les bleus」は圧勝。私のダンスクラスが終わった時には既に試合開始50分、受付の大画面では3-0でスイスを下していた様子が。私が「うっそ、3-0でスイスが勝つと思っていた」というと受付お兄さん「どういうわけかこういう展開なんだ」と。結局5-2。今回はまさかのスペイン、イングランドの強豪国敗退が決まり、大波乱の欧州各国。

 「les Bleus (presque) en huitièmes !」「Les Bleus chantent l’Hymne à la Joie」- - - 「レ・ブル―」(フランス代表)は歓喜の歌を歌う。今朝の各紙見だし。概ね好評。

f:id:kotorio:20140621141414j:plain