Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

YANIS MARSHALL(ヤニス・マーシャル)情報/7月パリでのスタージュ直前編

 6月末にヤニスが米国行っちゃった、と思ったら先週一週間ほど、私がレッスンを受けているニコラのFank jazzの隣の教室で例の3人組でどうやら密やかにコレ作成中だった模様。来週15~17日までのスタージュ分の仕込みかな。――あ、帰ってたんだ。ベガスだったんだよねえ。――うん、圧倒的だったよ。

 続きはヤニスのFecebookに詳しい。Yanis Marshall | Facebook

f:id:kotorio:20140709072106j:plain

 20代の青年らしい、率直で、素直な英文が続きます。踊っている時、クラスで教えている時、仲間と居る時とは全然違うヤニスの普段の顔がそこにある。ほんとうに素直な、おおきな、感性の持ち主なんだなあ、と思う。 シルク・ド・ソレイユを見て「マイケルファンならつよくおススメだな」あのショーは、あれはホンモノだったよ。といい刺激を受けたそうです。

 彼はこの10カ月、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、ドバイ、中国、ロシア、ロンドン、イタリアと飛びまわってきたけれど、こうしてラスベガスに辿り着いたことを最高の夢だと語っている。彼はまた、「自分が欲しいと望むものを知っていて、自分がしたくないことを知っている。自分は最終的に今日、誇りと幸せとを感じることができた」また、新たで偉大なプロジェクトに取り組むことも公表し皆さんと分かち合いたい、と述べている。

 彼は今、フランスの地方、トゥールーズというバラ色の街(レンガが赤褐色で、そう呼ばれている)で一週間のワークショップ中。来週はパリ。その後すぐイギリス、マンチェスターに飛び、カナダ、ラスベガス、モロッコ、と年内はフランスの地方都市を往復する。秋にはロンドン、バルセロナ、アルゼンチン。2015年年明けはダンケルクから。来年度もロシア、イタリア、フランスと米国、英国各地を回り、スケジュールは週刻みで翌年2015年の9月25-26のスイスのワークショップまで一杯に埋まってしまっている。

 7月に入ってから、彼の動画に一気に火が付いた模様。英国行きが効いたのか?7月3日以降、彼のフェイスブックでは御礼礼讃:

PARTITION. Over 2 000 000 Views on YouTube!  OVE IN THIS CLUB. Over 1 000 000 Views on YouTube!  DEJA VU. Over 600 000 Views on YouTube!  BRITAIN'S GOT TALENT AUDITION. Over 5 000 000 Views on YouTube! YES. Over 1 000 000 Views on YouTube! FABULOUS BABY. Over 1 000 000 

どれもおそろしい「0」ゼロが並んで本人がビックリしている。動画再生トップはいくつかこのブログでも過去にアップしているので、まだ紹介していなかった「こんなヤニス」別顔映像を幾つか見つくろって見ました。まだまだ続編作ります。ひとまず今日は以下二つ。


YANIS MARSHALL CHOREOGRAPHY. "DONATELLA ...

これ、いつものスタジオのF教室ね・・・。


YANIS MARSHALL CHOREOGRAPHY "BODY PARTY ...

お口直しに、ヤニスとむちむちボディの女性ダンサーたち。個人的には、決してヤニス動画の中ではいいとは思わないのだが、何故か7月3日に80万回を突破していた、と本人がUPしていたので。

ちなみにいまの彼を虜にしている罪な音楽はこいつだ。来るぞくるぞ来るぞ~~。来週のコレ(振付)ストリートジャズ3クラス、モダンジャズ1クラスのうち、どれかで彼は持ってきそうな予感満々のコメント。これ読んだら、先手を打って歌詞を全部覚えていくぐらいの気合でこっちも望まないと。

『Can't stop listening to this song! LOVE IT. Makes me dance!!!』(ヤニス記)


Kiesza - Hideaway - YouTube

次回は来週『ヤニススタージュ突入編』怒涛の3日間の模様をお届けします!お楽しみに!