Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

コーヒーの日 Get Your Coffee With Sherlock!

 国際協定で珈琲の新年度は確かに10月からだが、1日が『コーヒーの日』となっているのは日本だけみたいだ。(『世界コーヒーの日』は9月29日 WHY?)『珈琲』という漢字のたたずまいになかなかに惹かれるものを感じ、根っからの珈琲党。高じて学生時代には神戸に2年住んだ過去すらあり、当然コーヒー屋でバイトもした。あの時は、海と古本と珈琲さえあれば生きていけると思っていた。

 さて Sherlockの「高機能ソシオパス(反社会性人間)マグカップ」は以前記事で写真付きで紹介したとおり。きっと他にもハイデザインのマグカップがあるだろうとCoffee/ Sherlockで検索をかけたらあら大変。

sherlock coffee mug シャーロックコーヒーマグ側注:ホンモノのスタバではなくフェイク

 さらに裏面が笑えた。グランデ、とか通常大きさのチェックボックスの入る欄が、シャーロック、マイクロフト、ジョン、と登場人物の名前が・・・。

「男が珈琲を飲む、あるいはつくる」というシュチュエーションは、私にとって昔から重要な判断基準。SHにおける珈琲シーンについて、シーズン2-2『バスカヴィルの犬』から考察。

 ツンデレ度★★★★            企み度/演技(悪魔度)★★★★

シャーロック砂糖は2つ悪魔笑み

毒盛り⇒ブラック派のジョン

仲直りの朝❤珈琲Only

【おまけ:ロケ編/俳優たちの友・愛すべき珈琲たち】

 英国では冬の撮影。寒い中、身体を温め、ほっと緊張を緩める珈琲。

 

ジョン(マーティン)の紙コップ珈琲率が高い気が。★★★

追記:あまりにハマってしまったので再度↓『高機能ソシオパスBBC公式マグカップ』

"Sherlock" Sherlock: High Functioning Sociopath Mug at BBC Shop

Sherlock: High Functioning Sociopath Mug これで珈琲を飲む「期待される効用」が気になる・・・