Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

ニーナ・シモン『sinnerman シナーマン』 SHシーズン2-3ライヘンバッハ挿入歌

 Nina simoneニーナシモン『sinnerman シナーマン』。SHシーズン2-3『The Reichenbach Fall(邦題はライヘンバッハヒーロー)』冒頭の挿入歌として使われた。

 

 ドラマ開始直後から、自らの不吉な運命を予感しているどこか影のあるシャーロック。素直に警察に連行されるモリアーティー。(どろぼうかささぎで優雅なステップを披露したばかり)

 1999年『華麗なる賭け』のリメイクで大人のゴージャズラブコメに仕立てた『トーマス・クラウン・アフェアー』(ちょっと省略し過ぎたので以下アマゾンより「007」シリーズのピアース・ブロスナン主演で贈るサスペンス。スリルを味わうことが目的で美術品泥棒を繰り返す大富豪の調査に乗り出した保険調査員が、泥棒ゲームと恋の駆け引きを展開する) で使われた曲。

Amazon.co.jp: トーマス・クラウン・アフェアー [Blu-ray]: ピアース・ブロスナン, レネ・ルッソ, デニス・リアリー, フェイ・ダナウェイ, ジョン・マクティアナン: DVD


sinnerman nina simone - YouTube

【さらに・・・】「ヅカ」ネタ――が通じる方へ。(秘×3・笑)ノバ・ボサ・ノバっですね!(笑)1971年初演から76年、99年までは歌唱・ダンスユニゾンとも、ド迫力だった。今はあのハナジでる程の熱気が・・・?単純に人数も少なくなった。

 さて気を取り直して。この曲の意味ですが。

シナーマン、とはそもそも罪びとを意味します

注)歌詞は2016年10月14日に日本著作権協会の申し立てにより削除致しました。外国の歌なのに、日本著作権委員会が絡んでくるんですね。ブログ閉鎖されるよりは命令に従うしかないんですね。よくわかりません。

(私訳)『罪びとよ どこへいくのだ 岩に向かって走れ 隠れろ

岩は泣樹叫ぶ 私には、隠せない お前の罪を 隠せない』

★タイトルからして『罪びとよ』と呼びかける、シャーロックに対してなのか、盛りあティーナのか、それとも原罪を背負った全人類であり、わたし自身のことなのかーーと、ついどきりとさせられる。刺さる様な、男か女か分からない、深い、血の底から招き、とどろくような声。

 一体、誰のことを。

 このとき、シャーロックは言葉少なに、何か運命を引き受け、自らそれに立ち向かっていくことを覚悟したような、引き締まった表情で、マスコミ陣の構える221Bの外へと出て行く。「準備はいいか?」と言って側についているジョンの存在が、ここでは(辛い別れの前なので)ただ涙を誘う。Ready? ってジョンに聞かれたときのSHの目や表情、ほとんど孤独の頂点に達していて。みているものに、これからどんな『罪』が起こるのか、何が始まり、何が壊れるのか――この曲と共に。