Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

誕生日記念 著書2冊のキンドル本無料 本日17時第2弾へ移行お見逃しなく!

 タイガーウッズ開高健と同じ誕生日です。だからナニって、もうこれで突っ込むの3度目でいい加減しつこいのですが、もう一人、忘れてはならない人物がいました。現代を代表するバレエ振付家、ウイリアム・フォーサイスです。 

   ウィリアム・フォーサイス (バレエダンサー) - Wikipedia 

現代ダンスコンテンポラリーの先鋭的な天才振付家として、世界で頂点の一人といっていいでしょう。パリ・オペラ座のバレエ団にもかなりの作品数振付けていますし、今年秋からオペラ座は36歳でアメリカで長く活躍した若いミルピエ監督に変わったことから、フォーサイスとのコラボや、コンテよりの新作、新風が吹き荒れることと期待しています。

 でもダンサーにとって、1・2・3・と進んでまた0に戻る(12月30日)というのも、何か笑えると言うか、通常8カウントにおける振り付けの中で、どこかバレエ人生そのものを象徴しているような気もするのですが。(注;付け足し==これは間違ってもフォーサイスのことではありませんよ!私自身のハナシです)

 *********************

 さて本題。キンドル本2冊、初めての無料日設定です。年末だからじゃないですよ。第一弾、エッセイ『Entre la poire et le fromage 洋ナシとチーズの間』、早速すごい勢いでダウンロードされ始めています。お手にとって頂いた皆様、ありがとうございます。この場をお借りして感謝いたします。

皆さん再度ご注意!アマゾンの日付は太平洋沿岸標準時間「PST」

 というのに従っております。日本は約プラス8時間。ようやく16時を回って30日午前0時となり、アマゾン側の処理がそれからしばらくあるのか、結局日本時間17時近くに無料設定が開始される仕組みです。そこから24時間のスタートと考えてくださいね。わたしも最初はびっくりして、確かに設定したのにーーと問い合わせてしまったほどなんです。

 ちなみにパリ時間では30日、31日とも午前10時ごろからのスタートとなります。

 つまり本日第2弾、『ダンスダンスダンス』へ無料が移り変わるのが、日本の皆さんの場合ですと31日午後17時から。それまではまだ昨日の『アントレ』のままですので、ご注意ください。

 第2弾終了が、2015年1月1日16時59分予定となります。

________________________________________________

『アントレ・ラ・ポワール・エ・ル・フロマージュ』、日本語にすると『洋ナシとチーズの間』、という直訳になりますが、果たしてその本当に意味するところはーーー

当ブログの2014年4月~5月、フランス・パリに関するエッセイの中から42本厳選、加筆修正し一気にまとめたものです。

Entre la poire et le fromage 洋ナシとチーズの間: パリ滞在エッセイ

                        31日16時59分終了予定

***************************

 31日17時に大晦日スペシャルにバトンタッチされます。第2弾は

『Danse Danse Danse !: Portrait de Paris2014』 [Kindle版] 

(ダンス・ダンス・ダンス!/パリのポートレート2014)のダウンロードが無料です。

『Danse Danse Danse !: Portrait de Paris2014』 [Kindle版] 

(ダンス・ダンス・ダンス!/パリのポートレート2014)

Danse Danse Danse !: Portrait de Paris2014


本日出版:『Danse Danse Danse !: Portrait de Paris2014』 [Kindle版] (ダンス・ダンス・ダンス!) - Entre la poire et le fromage

以下は、アマゾンのサイトからそのまま。

***********************************

【内容紹介】

 “結局のところ、私が学んだのは『ダンス』という唯一の言語だったのだ”

 ――2014年春から夏にかけて、フランス・パリで体験した現代ダンスシーン最前線。「道場破り」と称してパリの有名スタジオに乗り込んで生まれた『パリダンサー図鑑』、若手ダンサー『ヤニス・マーシャル徹底検証』、パリ舞台評論、クラシックとその周辺、など。ストリートジャズの師との出会い、そのレッスンを通じて、自身にとっての『ダンス』『フランスで踊るということ』を語る。前作『Entre la poire et le fromage』(洋ナシとチーズの間)に続くパリ滞在エッセイ第2弾、ダンス編。

 【内 容】 

1 パリダンサー図鑑/ ダンサー図鑑(1)~(9) 

2 ヤニス・マーシャル/欧州爆走中 全米疾走中/怒涛のスタージュ実況編1~6 

3 舞台評論 2014パリ/オペラ座『ノートルダムドパリ』『ニコラ・ル・リッシュ引退』他 

4 クラシックバレエとその周辺/シルヴィイ・ギエム引退発表・規律の力/欧州の振付家/ダンサーの社会的責任シリーズ1~4 

5 フランスダンス情報――フレンチポップス情報 ダンスを続けたいならたくましくあれ

 6 エッセイ――ダンスについて語ること/ダンサーの悲哀/ダンスの道、小説の道/負けず嫌いたちのダンス論/新世界より1~4 

【著者について】1977年、東京都生まれ。国際学修士。全国紙勤務のち、作家業のため2013年単身渡仏。文芸、ダンス評論、小説など。

************************************

 いずれもよろしくお願いいたします。年明けは第3弾があるかも?!

追記>著者プロモ用HPはこちら。ご意見、出版社さまからのお問い合わせ等は、お手数ですが、HPメール欄よりご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。


折川朋子 Tomoko ORIKAWA/Author/Paris