Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

フランス人のソウルフード!? パリの「バゲット・サンドイッチ」 

日本人にとってコンビニで多くの種類のおにぎりが買えるのと同様、犬も歩けばブーランジェリー(パン屋)に当たるフランスでは、サンドウッチが庶民の味方。

忙しくてランチなど出かける暇がないときに、公園で、メトロやバスの中で、道を歩きながらでさえ、フランス人はサンドイッチを片手にしている。老若男女関係ない。

自分の家の近く、あるいは職場の近くにお気に入りのパン屋があるかどうかは、フランス人にとって死活問題らしい。彼らは買い置きなんて絶対にしない。

朝寝ぼけなまこでパン屋へ行き、昼に行き、おやつに行き、とにかくうまい出来立てのバゲットにありつくためなら、ロシア人もビックリするぐらい、店の外までずらあああっと並んで、自分の番を待っている(基本、対面販売方式。自分の番が来るまで待って、挨拶して、あれとあれとこれくださいって、商品揃って、お金払って、世間話して、一連の流れ終了。いったい何分かかってるんだ?)

 さあ今日の本題。なんとフランスでのサンドイッチはあの「バゲット」に具がたんまりこぼれそうなぐらい挟まれたもの。我々の頭にまず思い浮ぶ、食パンを使った「英国風」サンドはまずお目にかかれない。

 ぱりぱりバゲットの皮に、おにぎりの具とどっちが多いんだろう、とつい考えてしまう程ある数十、数百種類のレパートリー。ガラス戸の向こうに、朝の6時半から仕込んでいたであろう沢山のサンドがごろごろと山盛りに並べられている。写真はどう見てもキレイなほう。もっとどでんと「寝転がってる」感じ。具たちは我先にと「俺が」「私が」と騒々しく飛び出ていなければならない。パンより具が多いのだ。最初に見たときはギャグかと思ったぐらい・・・。

 オーソドックスなのは「jambon fromage/ジャンボン・フロマージュ。ハムとチーズのシンプルなもので「サンドイッチ・パリジャン」と呼ぶこともあります。よく世界でビッグマック指数ってありますよね。フランスではこのジャンボンフロマージュのサンドイッチ価格が経済指数として景気のよしあしの判断に使われているのだそう。日本のおにぎりでいえば、代表格「梅干」「鮭」みたいな?他には「poulet/プレ」(チキン)「thon/トン」(ツナ)。トマト、レタス等がこぼれんばかりに挟まれている。

 パリでは毎年「バゲットコンクール」なるものがあって、優勝したパン屋のバゲットはその年一年間、毎朝エリゼ宮の大統領のところに届けられるという名誉付き。日本でおにぎりコンテストがあって、優勝したら毎朝首相官邸に届けられればいいのに。

《厳選!パリでオススメのバゲット&サンドイッチのパン屋さん》

1)17区 Yves Desgranges (デグランジュ)さん 

Maison Desgranges - Boulanger, Pâtissier et Traiteur à Paris - Les pains 

家族で継いできた伝統あるパン屋さんで、イヴさんという今の店主は5代目。街のパン屋さん。2005年のバゲット大賞第3位で一気に知られ16区など、市内にほか3店舗。

バゲットだけですごい種類。塩はもちろんゲランドとのこと。香ばしい茶色で見た目も美しいバゲットに目がくらくら。天然酵母使用。確かに、店を出るなりカリッ、としたくなる人々の気持ちも分からなくもない。

 皮がこげこげなのが特徴。このお店に限らず、パリではアンポルテ(お持ち帰り/テイクアウト)以外に、その場のイートインスペースで食べる「フォーーミュル」(セットメニュー)も一般的。たいてい飲み物、バゲット、デザートのスイーツ系(タルトとか)で7から10€前後。日本円で1400円??高すぎません??私の一ヶ月の食費以上ですが。

2)一区 Julien (ジュリアン)さん 75 rue Saint-Honore 75001 Paris

 Maison Julien  高級ショッピング街サントノレ通り「ジュリアン」。

過去何度もバゲットコンクール入賞歴がある人気のブーランジュリーといったらすぐに分かってしまう。有名店にしては、小さな店構えですがお昼時は行列なので目立ちます。バゲットの焼き加減が絶賛。外は硬く中はもちっとやわらかい。バゲットサンド40種類。一つ味わったら、残り39個、全部食べつくしたい。