Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

フィナンシェじゃだめだったんですか、プルーストさん(9) 米国なつかし母の味『ジョニーケーキ』

 突然ですが皆さん『大草原の小さな家』Little house on the Prairieって観てました?

大草原の小さな家 - Wikipediaアメリカのテレビドラマ。NBC製作、1974年ー1982年まで全9シーズンです。日本では3ちゃんねるNHK総合テレビで1975年ー1982年に放送。(第9シーズンは1991年)。1999年の再放送が最後のようですが日本語版DVDが出ているんですね。旧ファンには嬉しい宝物でしょう。

 が!白状しますと私、これ全く観ていないのです!話の筋すら不明。古きよき時代の聡明なおかーさまがいて、確かローラって子がいるんですよね。

 夕方再放送されているのは知ってはいましたし、テーマソングも口ずさむぐらいは出来る(ホームズと同じように)。が積極的に観た記憶がないのは何故?

 「絵に描いたような大家族」「お花畑を走ってくるワンピースの少女」「西部開拓時代」にアレルギーが。プラス、アメリカ文学全般がどうも肌にあわぬと幼心に感じていて(風と共に去りぬ、ホントだめでした。すみません。女主人公の計画性のなさが耐えられない。大人になって映画は観たけど)一方オルコットの『若草物語』だけは墓場に持って行こうと思うぐらい夢中に。古今東西、次女はおてんばと相場が決まっているみたいだ。脱線するのでこの話はやめておこう。

 さて本題。当シリーズ「紅茶にあうお菓子探検隊」が、今回いきなり欧州から米国へ飛んだそのわけはーー『ジョニー・ケーキ』です。

Johnnycake - Wikipedia, the free encyclopedia 森に暮らす一家のところに、作業人が機械で小麦を脱穀しにきてくれます。そこでおかあさんが出してあげる昼食がジョニーケーキなのだそうです。厳密にはこれ「ケーキ」じゃなく「挽きわりトウモロコシのパン」ですよねぇ。アメリカ・カントリー料理の定番で、朝食に食べることも多いシンプルな家庭の味。メープルと合いそう。サーターアンタギー系、ドーナツ系、スコーン系、様々です。ブラウンシュガーを加えたパウンドケーキ系から、パンケーキ系も。

 Caribbean Johnny Cake Johnny cakes

ローラ曰く「どうしてトウモロコシのパンをジョニーケーキっていうの?」

 ほんとなんで?ようはコーンブレッドだよねえ?とびきりの珈琲とジョニーケーキだけの喫茶店ってどこかにないかしらん。シンプルな木の家具で統一された、おひとりさま読書&空想専用空間。どなたかパリで、私と共同経営しましょう。

お店の名前は「la petite maison dans la prairie」

(ラ・プティットメゾン・ドン・ラ・プレリー=大草原の小さな家)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 書いているうちに思い出しました。中学だか高校だかのころ、英文学好きのクラスメイトが「○○(私の本名)さんだけは、絶対に大草原シリーズ全部観てると信じてたのに」と、すごおおおおく、がっかりされたことがある。こちらが申し訳ありません、と反射的に頭を下げてしまいたいぐらい。私に「絶対こいつ大草原観て育ったよな」的な何かを感じさせる言動があったとしたら、謝ります、それは誤解です。

 その女の子のショッキングな顔がぼんやり記憶の彼方に(笑)。苗字は思い出せないんだけれど。

 彼女も今頃、母親になって、どこかで「古きよき時代のles Etats-Unis(アメリカ)」の味をつくりながら、昔を思い出しているかもしれない。

英語レシピ。Johnnycake History and Recipe, Shawnee Cakes, Whats Cooking America

 次回第10回、ようやくパリに戻りましょう。お楽しみに。