Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリの2大ジェラート屋さん「Berthillon ベルティヨン」と「Amorino アモリーノ」

パリのジェラート屋さんといえば、セーヌ河にサン・ルイ島にある有名な「Berthillon ベルティヨン」さん。季節問わず、いつも行列のできる大人気店。創業1954年。自家製アイスは、フレーバーの種類も豊富で、並んでもまた食べたくなる!!

f:id:kotorio:20170822132208p:plain

 テイクアウトはシングル、ダブル、トリプル、クアドラプ、と一度に何種類も選べるので、フルーツ系シャーベットと濃厚なミルク系アイス、など、組み合わせを考えるのもまた楽しい!

f:id:kotorio:20170822133421j:plain

 珍しいヌガー味(フランスの、白キャラメル&ナッツのお菓子)やピスタチオなど、なかなか他ではお目にかかることのできないラインナップ。

コーンタイプとカップタイプが選べ、ホイップクリームなどのトッピングもできます。

f:id:kotorio:20170822133350j:plain

奥の重厚感溢れるティーサロンでも、アイスやその他スイーツがいただけるんです。創業以来のクラシックな空間。アイスパフェやケーキなど、その場で楽しめます。こちら、とってもにこやかなベルティヨンさんご一家。愛情込めて長年の味を作り続けられていらっしゃいます。確かクリントン大統領の時代に、お忍びでいらっしゃり、新聞にジェラート食べてる写真が載ってましたよね〜〜(アラフォーkotorio)

f:id:kotorio:20170822133520j:plainBerthillon | La qualité est notre passion !

 

さて、お次は。今やベルティヨンと肩を並べると言われるほどにまでなった「アモリーノ」。2002年に二人のイタリア人、幼馴染のクリスティアーノ・セレーニさんとパオロ・ベナシーさんが始めました。

f:id:kotorio:20170822135916p:plain

同じパリのサン・ルイ島で人気急上昇。ベルティヨンさんのライベルと言われ、あっという間に、パリ市内に12店舗、イタリア、欧州中心に36店舗を展開するほどまでに。アメリカにも進出しました。 

f:id:kotorio:20170822135513j:plain

人気はその見た目の可愛らしさ。ローズの花びらのように盛りつけられたジェラートは食べるのがもったいないほど。

もうひとつのアモリーノの特徴は、人工香料や着色料等を一切使っていないこと。放し飼いにした鶏の卵や高級全乳などを原料に使ったヘルシーさを前面に押し出したイタリアン・ジェラートです。

f:id:kotorio:20170822134447j:plain

ジェラート以外にも、フローズンドリンクの「グラニタ」や「ソルベドリンク」、ワッフルデザートなど、味わうことができます。

f:id:kotorio:20170822134606j:plainf:id:kotorio:20170822134728j:plain

店名はイタリアらしくルネッサンス絵画の天使から。

Amorino - Artisanal Gelato Maker: Gelato, granitas, macaroons…

さあ、この夏、老舗のお味ベルティヨン、あるいは天使の花びらアモリーノ、あなたならどちらを試してみますか。え、両方?もちろん!!