Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

エッセイ「プルーストさんシリーズその1」

皆様こんにちは、kotorioです。引き続き、お盆の「ちょっと長い読み物特集」です。昔の埋もれたエッセイをアップしています。ご帰省の新幹線の中などでお時間のある際、目を通していただけましたら幸いです。

ちょっと今とはテイストの違う文体なんですよね(笑)

http://www.recette-gateau.eu/wp-content/uploads/2014/03/Madeleines3-800x533.jpg

2015年ごろ「そういえばなんでプルーストって、マドレーヌじゃなきゃいけなかったわけ?」という、ほとんど理不尽な言いがかりに近い疑問から「紅茶に合う昔なつかしヨーロッパの伝統菓子」を探す旅が始まりました。

全12回の連載でしたので、3日間に分けて、4記事ずつ、アップしていきます。

 ・第1回、なんで始まったのか今となっては自分でもよく思い出せずーー

(たしか仏語で原本を買ったのかーー)

www.kotorio.com

・とりあえず代替案を提示したかったらしい第2回。フィナンシェでいいじゃん、と。

www.kotorio.com

・まだまだ気が済まない第3回。サブレもあるじゃん、と。

www.kotorio.com

・「あの」伝統菓子ではいかが?の第4回。

www.kotorio.com

ーーーそれでは皆様、続きはまた明日。