Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリはヘルシー、パリは美味しい シリーズ3

皆様こんにちわ、フランスのkotorioです。

パリはヘルシー、パリは美味しい、シリーズ3回目、最終回です。今日はパリジャンも話題のビオ系、いってみましょう。

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」

f:id:kotorio:20170824231237j:plain

La Guinguette d’Angèle(ラ・ガンゲット・ダンジェル)さん。

いきなりですが、グリーンやお花の溢れるテラス席、これはもう、入る前からお気に入りに加えたいアドレス。

店内はカラフルな豆ランプ? 陽気な雰囲気でいかにも「ガンゲット」というにぎやかそうなお店の名から想像できます。

「ガンゲット」、ルノワールの絵で知られる様に、屋外でダンスしたり、ワインを飲んだり、おしゃべりをする、庶民の社交の場のこと。

オーナーさんは幼い頃から土に親しみ、料理に親しんできたという、アンジェル・フェルー・マーグさんという方。

f:id:kotorio:20170824231519j:plain

サンフランシスコで「バイオ農業」に出会ってからは、人生が変わったそう。

世界デトックスを求めてご自身で旅を続け、各地で滞在を重ねました。

その経験が存分に生かされた料理は、今話題のグルテンフリーでビオ。

f:id:kotorio:20170824231917j:plain

パリ1区に、同じくテイクアウトの専門店も開き、こちらも絶好調です。

カラフルな野菜、明るくて快活なシェフの、体への想いの込められたお料理と空間は、

パリジャンのヘルシーライフをよりおしゃれに演出してくれます。

f:id:kotorio:20170824231450j:plain

La Guinguette d'Angèle 
2 rue du Général Renault 75011 Paris 8:30~18:00 土日定休 

以上「パリはヘルシー、パリは美味しい」ヘルシーランチを求めるシリーズ終了です。

少し前まで、フランス人のお昼は2時間半、前菜からメイン、食後のデザートまでとフルコースだったこの国の人々の食のあり方も、ここ数年で急激に変わってきている様です。現在の平均ランチ時間は30分。

テイクアウト、でもヘルシー、でもやっぱり美味しくなくちゃイヤ!そんなパリジャンのワガママ、ぜーんぶひっくるめてOKな3店をご紹介しました。ビオ、ヘルシーはもう「ボボ」たちだけのものではなくなりつつあるんですね。

kotorioでした。皆さんお待ちかね、スイーツ情報もどんどんアップしていきますよ!

パリのファッション、カルチャー情報は、新サイトへ。

kotorio.hatenadiary.jp