Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

ポンパドール夫人への愛 今よみがえる伝説のジャム

「Puits d’Amour」(ピュイ・ダムール)といえば、フランスでは、カスタードクリームを中に詰め込んだシュー皮のお菓子のこと。

f:id:kotorio:20170902032227j:plain

ルイ15世がポンパドゥール夫人のために作らせた最高のお菓子。

当時は赤いフルーツのジャムを詰めていたはずが、いつしか時代とともに、クリームに変わってしまったそう。

そんな逸話を思い起こさせる、ジェリーのジャム「ピュイ・ダムール」が今年5月の発売以来、パリジャンの「愛」をとらえているとか。f:id:kotorio:20170827054519j:plain

パッケージの可愛らしさ、まるでお気に入りの香水瓶みたい! 中身をいただく前に、しばらく眺めていたいですね。

肝心のお味はグロゼイユ、フランボワーズ、スミレといった、ポンパドゥール夫人の愛する花々。果実の甘酸っぱさに、スミレのエレガンスが加わりました。

朝食に、あるいは紅茶のおともに。ルイ15世の寵愛を一心に受けた愛の妙薬

f:id:kotorio:20170827055113j:plain

 Confiture Parisienne × Antoinette Poisson
La Grande Epicerie de Paris(Bon Marché) 38, rue de Sèvres 75007 Paris

《今日のひとこと》

愛のお菓子、ピュイダムールをおうちで作って見たい方は、こちらのレシピを参考になさってくださいね。うまくいったその際は、ひとつ、kotorioにも分けてください。

www.iletaitunefoislapatisserie.com