Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

ロワール地方アンジェ名物・天使のデザート「クレメ・ダンジュCrémet d’Anjou 」

https://rosemaryandporkbelly.co.uk/wp-content/uploads/2013/08/Cremet-dAnjou-with-Raspberries.jpg

フランス西部、ユネスコ世界文化遺産に登録されたロワール渓谷に位置するアンジェは、ロワールの古城と美味しい料理、30種のAOCワインを生産するワイン畑に囲まれています。 

アンジュワインの中には、コトー・ド・ローバンスCoteaux de l’Aubance、サヴォニエールSavennières、アンジュ・ヴィラージュ・ブリザックAnjou Villages Brissac、コトー・デュ・レイヨンCoteaux du Layonなどがあり、年間を通して味わえる、手軽さがいいですね。ボルドーなどのようにかしこまらずにいただけます。

そして何と言っても郷土料理。 渓谷沿いとあって、カウカマスbrochetやサンドルsandreなど川魚のバター風味が有名ですが、今日は隠れた逸品、クレメ・ダンジュCrémet d’Anjouというデザートをご紹介いたしましょう。

http://cremetdanjou.fr/wp-content/uploads/2013/08/entreprise.jpg

「クレームダンジュ」とも呼ばれるこのデセール、ふわふわした食感と、ガーゼに包んまれた、巾着のような形が特徴。
クリームチーズをホイップして作られます。


フランス特産のフロマージュブランに生クリームや泡立てた卵白をあわせ、ガーゼで水切りをしておいしさを凝縮される、フェルミエ(酪農家)特産デザートです。

レシピ本によると、バターを作る機械「ハバット(攪拌機)」でクリームをねる過程で生まれたという背景があるようです。


フランスの美食家キュルンスキー曰く「アンジェのクレメは神様のごちそう。どのようなクレームシャンティも、この泡をたっぷりと含んだ、香りのある、ジューシーで軽いかたまりには近づけるものはない」と絶賛。

そもそも、アンジェって、フランス語で「天使」の意味ですもんね。

http://www.recettes-hubert.com/wp-content/Cremet.gif http://ja6.free.fr/imagesfichiers/f1266.jpg

どうやら、盛り付けアイディア勝負かなーー。

フランスのレストランでは人気のデザートですが、日本ではあまり聞き慣れないせいか「ふわふわしたヨーグルト?」、正体不明の謎のデセールになってしまっています。

通常、ラズベリーソースを添えていただきます。うーん、ロワール産ワインとの相性も抜群。惚れ惚れしちゃう天使のデザート。生まれ故郷の豊かな自然に思いを馳せつつ、ふわふわの新食感、心ゆくまでお楽しみください。

http://www.cremetdanjou-restaurant49.com/oktThemes/ra120-s2/images/diapo/image2.jpg

Restaurant traditionnel à Angers dans le Maine-et-Loire (49). - Le Crêmet d'Anjou

クレムダンジェ専門のアンジェのレストランといえば、知る人ぞ知るこちら!

Le Crêmet d'Anjou
21 rue Delage 49000 Angers Tél. 02.41.88.38.38

ご家庭で楽しみたい方に。日本語のレシピサイト、発見しました!!

クレームダンジュの作り方|料理レシピ[ボブとアンジー]

こちらはフランス語サイトです

Recette le crémet d'Anjou - Histoire

《今日のひとこと》

ロワール周辺、アンジェといえば、フランスで一番美しい仏語発音の地方だとか。

筆者も若かりし頃、アンジェ大学の美しさに衝撃を受け憧れていました。が、しかし、

天使じゃないと入学許可がおりませんでした。

今週のお題「得意料理」