Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

アルザス地方「リンツァートルテ」オーストリア発祥のお菓子

リンツァートルテ(独:Linzer Torte)は、オーストリア北部のリンツ地方発祥のお菓子です。

てっきり、ドイツ、オーストリアだけのものと思っておりましたら、フランスのドイツ国境の町、アルザス地方でも、よく見かけるお菓子なんですね。

f:id:kotorio:20170726030451j:plain

名前は「リンツ地方発祥のお菓子」という説が有力ですが、「リンツァーさんのトルテ」という言い伝えも。

でも「リンツァーさん」って誰なのか、誰も知らないそうです(笑)つまりは、最初に作った人らしいのですが。1600年代からの古いお菓子だということだけがわかっています。

 

アーモンドやクルミと、シナモンやナツメグ等の香辛料を入れた生地、その上に赤スグリのジャムをのせて、格子状に焼き上げます。

スパイシーな香り、ナッツのこく、ジャムの酸味のバランスが絶妙なお菓子です。アールグレイとあいそう!

http://www.swissfruit.ch/sites/default/files/styles/swissfruit_9_5__querformat_/public/zwetschgen-linzertorte.jpg

ウィーンでは生地とジャムの間にオブラートをはさんで焼くのが主流とか。

フランスのアルザス地方では、サブレ生地とフランボワーズのジャムで作ったタルトとして、少し形を変えて、今でも伝わるお菓子だそうです。

http://cdn-image.foodandwine.com/sites/default/files/201012-xl-linzer-cookies.jpg

Linzer Torte リンツァートルテ、Tarte Linz タルト・リンツ と呼び名はいくつか違います。今日は本場、オーストリアより、レシピをお借りしました。

www.austria.info