Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

アルザスパンに恋したらーー Boulangerie Alsacienne B. Maeder

パリのブーランジェリーの中で、アルザス菓子・パンを専門的に作っているお店として知られているのが17区「Boulangerie Alsacienne B. Maeder」さん。

http://static.lexpress.fr/medias_10365/w_640,c_fill,g_north/benoit-maeder-exterieur-boutique_5307285.jpeg

アルザス出身のラウル・マデールさんは、2002年のバゲットコンクールと2004年ガレット・デロワのコンクールで優勝。さらに、2007年シャラント・ポワトゥーA.O.C.バター(Beurre A.O.C. Charentes-Poitou)のクロワッサンコンクールでも入賞した方です。ラウルさんお父様、前シェフのベルナール・マデールさんも2000年バゲットコンクールでグランプリなので、まさに、親子揃っての超実力一家、ということになりますね。

http://www.parisgourmand.com/images/stories/shopping/maederbaguettebd.jpg

バゲット(Baquette Retrodor バゲット・レトロドー)は、わりとしっかりめの焼きかげん。しかしながら、香りと味、酸味は強すぎる感じはしませんでした。

中身は気泡が沢山。「伝統製法を重んじ、品質と技術にこだわりつつ」毎日のパンを製作されていらっしゃるそうです。粉はシャルトルから。

バゲットコンクール優勝ということは、エリゼ宮の朝食に1年間配達されていた実績があるということですね。当時はーーそう、シラク元大統領が毎朝召しあがっていた、ということになります。

https://www.parisinfo.com/var/otcp/sites/images/media/1.-photos/01.-ambiance-630-x-405/boulangerie-pain-630x405-c-otcp-david-lefranc-i-104-49/27356-1-fre-FR/Boulangerie-pain-630x405-C-OTCP-David-Lefranc-I-104-49.jpg

店内はアルザスらしい木組みの建物の感じが再現されています。

コウノトリやクグロフ型のオブジェで飾られ、ドイツ国境風の可愛らしい雰囲気です。

フランス伝統菓子はもちろん、リンツァートルテ(Linzer tart)やクエッチのタルト(Streusel aux quetsches)などアルザス菓子がたくさん!

https://pbs.twimg.com/media/CCI9uJrWYAApevu.jpg

カンパーニュは小麦粉本来の味が感じられます。甘さといっしょに、苦味や雑味も感じられるパンで、人気があります。

http://1.bp.blogspot.com/-HdC1piKmY1w/T32B4yJPdjI/AAAAAAAACMk/VB8E0ig14P8/s1600/IMG_6733.JPG

クグロフはたくさんの種類が。レーズン入りクグロフ(Kouglof 1ユーロ~)は中もしっとり柔らかく、バターが染み込んでとっても美味しそう。

http://1.bp.blogspot.com/-2Kd_hEGtG5I/TvykfItPiSI/AAAAAAAABsQ/4-3LPxndFHg/s1600/Vasseur.JPG

クロワッサン 1.10Euro

 ザクザク感がしそうな感じですが、意外にも、食べごごちはしっとりしているんですよ。珈琲にしっかり合いそうです。

http://static1.laoujetemmenerai.com/articles/9/68/39/@/13264-comment-resister-a-un-bretzel-bien-dore-1500x0-1.jpg

プレッツェル(Bretzel)。アルザスらしい雰囲気充分です。こちらはドイツのビールともあわせて、おつまみとしても。

http://static.zmiksowani.pl/image/photo/2015/06/21/766360_499.jpg

オリーブ入りのフガス(Fougasse )は塩分がしっかり効いていて、食べ応えあり。

ドイツ系のハードタイプのパンや、ノエルにはサン・ニコラ(Saint-Nicolas)というアルザスのシンボル・人形パン、復活祭では、オレンジやレモンをつかったビスケットや、チョコが並んで、可愛らしいアルザスの街角になります。

パリで、アルザスを想いながら、熱いヴァンショー(ホットワイン)とクグロフでゆるりとした時間を過ごしてみませんか?

 

Boulangerie Alsacienne B. Maeder raoul-maeder - Accueil

18 Rue de Lourmel, 75015 Paris
7:00〜20:00 日曜 〜19:00 火曜定休