Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

フラン・フラン〜♪フランスの伝統お菓子フラン

フランス中、どこのパティスリーにも、ブーランジェリー・パン屋さんにも、必ずと言っていいほど置いてある、代表的なお菓子、フランです。

http://img.cac.pmdstatic.net/fit/http.3A.2F.2Fwww.2Ecuisineactuelle.2Efr.2Fvar.2Fcui.2Fstorage.2Fimages.2Fvideos.2Frecettes-en-video.2Fle-flan-parisien-ultra-facile-en-video.2F3307686-1-fre-FR.2Fle-flan-parisien-ultra-facile-en-video.2Ejpg/750x562/crop-from/center/le-flan-parisien-ultra-facile-en-video.jpeg

パイ生地の中にカスタードクリームとプリンの間と言っていい感覚のアパレイユ液を流して焼いたもの。表面には程よい焦げ目が付いています。

19世紀にはもう「フラン」という名でこのガトー、登場していたようなのですが、実のところはよくわかっていません。もとは、ブルターニュ菓子「ファー・ブルトン」だといわれているそうです。

http://img.cac.pmdstatic.net/fit/http.3A.2F.2Fwww.2Ecuisineactuelle.2Efr.2Fvar.2Fcui.2Fstorage.2Fimages.2Frecettes-de-cuisine.2Ftype-de-plat.2Fdessert.2Ffar-breton-prisma_recipe-271023.2F2221377-1-fre-FR.2Ffar-breton.2Ejpg/748x372/crop-from/center/far-breton.jpeg

ちょっと感じ、ちがいますよね。プルーンを入れるのが定番らしいですが、私はナチュラルタイプが好みです。

www.cuisineactuelle.fr

そういえば、Euroになる前のフランスの通貨も「フラン」でしたが、言語的には私のフランスの教授曰く「フランシュ」=リベルテ=自由という語源説が強いらしいです。

お店の数だけ、街角の数だけ味がある、超国民的お菓子。

マクロン大統領だって、絶対子どもの頃学校帰りに「ママ買って〜」っておねだりしてたに違いないのに、日本ではそれほど知られていない気がします。

http://img-3.journaldesfemmes.com/SznELcmxBc9-T6ZqKo3RBQsjpW4=/748x499/smart/image-icu/336258_1350078412.jpg

見た目が「ちょっと焦げ目のついたベイクドチーズ的」で少々地味なんでしょうか・・・?いえいえ、このお菓子の奥深さを知ったら、ハマりますよ!!

 

サクサクの生地に、コクのあるカスタードクリーム。バニラビーンズの香りもお好みで。どこか懐かしい、心にもからだにも優しいお菓子です。生地をアレンジし、創作フランも無限の楽しみ。

cuisine.journaldesfemmes.com

《今日のひとこと》

以前、ブーランジェリーでバイトしていた時、現代では既製の「フラン・パウダー」を使うことが多く、伝統的なフラン作りが失われつつあると伺いました。

フランスの素敵な伝統お菓子フラン、日本でも広まるといいのになあ。