Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリのイタリアン「Big Mama/ビッグ・ママ」が熱すぎる!

パリのイタリアングループ「Big Mama/ビッグ・ママ」の勢いが止まりません!!f:id:kotorio:20180123215108j:plain

2015年末にバスティーユにオープンした、イタリアントラットリア「イースト・ママ」。
100席がいつも満席で行列ができています。
オーナーは、ヴィクトール・リュゲールさんとティグラーヌ・ドゥ・セイドゥさんというフランス人。イタリアラバーで、現地に長く滞在していたとか。

f:id:kotorio:20180123214239j:plain
フランスではイタリアンがどうしてもまずい、と言われがちですよね。
パスタにしろ、ピザにしろ、彼らの登場までは、二流品扱いでした。
しかし、一念奮起!
イタリアのエスプリ、本当のトラットリアをフランスに紹介したい!
二人の若者の想いが実り、
「ビッグ・ママ」グループを起業。
トラットリアのお店をフランスに広げようと、頑張っています。
1軒目がこちらイースト・ママ」。より田舎のトラットリア風です。f:id:kotorio:20180123215017j:plain
2軒目はマレ地区、オーベルカンフ通りに近い「オベール・ママ」

f:id:kotorio:20161122165615j:plain

場所柄、後者はお洒落なインテリアですね。

トラットリアで食べるイタリアンは庶民的でとても安いのに、フランスで高い(そしてまずい)のはどうしてだろう、と二人は考えました。

そこで、小生産者と直接取引して、リーズナブルかつ良質な料理を提供すればいいんだ、と考えたのです。

また、パスタもピザ生地も自家製で、それぞれに合う小麦粉を厳選しています。

ピザもなんと炭火の釜焼き、コーヒーもその場で焙煎。

自家製、フレッシュパスタに、イタリア直送のトマト、週に2回運ばれてくるというフレッシュチーズなど、新鮮さに定評があります。

食材も本場志向ですが、インテリアももちろんイタリア産。

テーブルの大理石で、しばしゴージャスなイタリア気分に浸れること間違いなしです。

料理人はもちろん、サービスまでイタリア人が多く、つかの間のイタリアン時間を味わえちゃいます。

f:id:kotorio:20180123213750j:plain

kotorioのオススメはビッグママグループ三軒目となるピッツェリア、その名もズバリ

「Pizzeria Populaire(ピザ食堂)」証券取引所の近くにオープンしたのですが、予約を取らないのでいつも長蛇の列です。リベンジの人も少なくありません。

f:id:kotorio:20180123213638j:plain

で、とにかくここ、リピーターが多いんですよね!!

通う理由はただ一つ、「パリでもっとも美味しいから!」だそうです。

finance系の仕事帰りの、スーツ姿の人から、老若男女問わず惹きつけるこの激しい魅力の源は一体・・・

f:id:kotorio:20180123213502j:plain下にイタリアンバーも併設。週末はライブ演奏も。

ーーーあまりに熱すぎます、ビッグ・ママ グループ!

f:id:kotorio:20180123214717j:plainPizzeria Populaire Big Mamma – Trattorias

111 Rue Réaumur, 75002 Paris  01 42 21 30 91