Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

2018バレンタイン・ウィスキーとショコラのマリアージュ

サブのお取り寄せブログを書いていてふと感じるのが、

大人ならではのチョコの楽しみ方って、洋酒・ウイスキーとのマリアージュあるのかもしれないなーーーと。

f:id:kotorio:20170909213904j:plain 

例えばショコラ専門店、ドゥバイヨルさん。

ここのチョコは、フランス最高職人の高度な技術をベースに素材に徹底的にこだわり、本物の味わいを追求しています。

ゆえに、どれを選んでもウイスキーと最高のハーモニーを奏でてくれます。

これは高校生や10代、20代には気づかなかったバレンタインの楽しみ方なのかあ、と。

DEBAILLEUL ドゥバイヨル | CHOCOLAT ショコラ

ここのショコラはどれにしようかと眺めているだけでも楽しいのですがーー例えば。

f:id:kotorio:20170909073406j:plain

アプリコットなどのドライフルーツにビターチョコレートを使った「マンディアン」には、メープルの甘みとバニラの香りが特徴のマッカラン12年を。

マッカランが持つ風味に、チョコのドライフルーツやナッツがよく合います。

f:id:kotorio:20170909073733j:plain

コーヒーの風味がたまらない大人のチョコ「トリュフ カフェ」には、スモーキーでコクがあり、レモンやはちみつのフレーバーが効いたボウモア12年。

香ばしいロースト香やほろ苦さが、ボウモアの暖かいコクを引き立てますね。

アイラモルトの女王・ボウモアが好きすぎて、昔、アイラ島ボウモアの製造所)まで行ってしまったのは、いま、ワインの国にいるkotorioさん。

2018バレンタイン、あなただけのチョコとウイスキーのマリアージュを見つけてみるのも楽しいかもしれませんね!!