Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

「ルノートル」新作 日本の「サロン・デュ・ショコラ」限定で!

1957年から続くパリのパティシエ、ショコラティエルノートル」さん。

フランス人なら誰でもお菓子界の父と仰ぐ存在です。

新作ショコラコレクションを発表、日本で開催中の「サロン・デュ・ショコラ」で限定販売が行われるそう!

f:id:kotorio:20180129031618j:plain

昨年、60周年を迎えた「ルノートル」は、現在、キュイジニエとトレトゥールの両部門でM.O.F(フランス最優秀職人章)2冠に輝く、ギー・クレンザー氏のもと、ますます飛躍を遂げています。

「人の手によって生まれたショコラが、人々に懐かしい記憶や思い出を呼び起こす。

 ラビリンスのような輪廻にショコラの素晴らしさがある」f:id:kotorio:20180129034028j:plain

人から人、かたちのないものをつなぐショコラ。
だから一切妥協はできないとクレンザー氏。
美食を追求する「グルマン」への意識が脈々と先代より受け継がれています。

f:id:kotorio:20180129193326j:plain Gaston Lenotre氏

創業者ガストン・ルノートル氏をオマージュするショコラも作られています。

焙煎やキャラメリゼ、アンフュージョンには、このメゾンならではの伝統職人技がふんだんに使われています。

f:id:kotorio:20180129034312j:plain

これぞフランス菓子、といった欠かせない要素ーーキャラメル、サブレ、フルーツコンフィのピューレ、を加え、さらに世界が深まりました。

今回の新作は、4個、6個、8個、12個のアソートです。

昨年10月にフランス・パリで開催された「サロン・デュ・ショコラ」で、C.C.C(フランスのショコラ愛好会「Club des Croqueurs de Chocolat=チョコレートをかじる会」の略)のTradition Chocolatièreを受賞した4種も含まれるそう。楽しみですね。f:id:kotorio:20180129033656j:plain

ルノートル」は、日本での常時販売店舗がないために、今回は新作が味わえる絶好のチャンスです。

バレンタイン前に、ご自分用に、また、お友達や普段お世話になっている方への贈り物用に、ぜひ覗かれてみてくださいね。

Lenôtre フランスのサイトです。

 

f:id:kotorio:20180129032833p:plain36 Avenue de la Motte-Picquet 75007 Paris ほか