Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

ナンシー菓子 ベルガモットのボンボン 

フランス・ロレーヌ地方のナンシー Nancy というかわいい街を訪れて参りました。

その昔、ロレーヌ地方を収めていたガトー大好き・グルマンな王様、レクチンスキーさん。

リュクスな祝宴やお料理に目がなく、この時代、ナンシーではたくさんのレシピが生まれたと言われるほどです(笑)

ナンシーの街、スタニスラス広場に行くと、王様に会うことができます!f:id:kotorio:20180130181540j:plain

皆さんもよくご存知の「ババ・オ・ラム」もそうなんです!

f:id:kotorio:20180130181759j:plain

ブリオッシュをラム酒がたっぷりなシロップにつけ込んだお菓子。生クリームを添えていただきます。

歯痛に苦しむスタニスワフ王がクグロフを食べやすくするため、ラム酒をかけたのが始まり。その後、ロレーヌ出身の菓子職人、あのストレー(Nicolas STOHRER)さんによって、1836年、このお菓子がパリにもたらされたんだそうです。歯痛に感謝!

さて、本日ご紹介しますのは、ナンシー銘菓、1897年から続く、ベルガモットのボンボン Bergamotes de Nancy。

f:id:kotorio:20180130190540j:plain

ベルガモットというフルーツを使ったシンプルなキャンディーです。街のお菓子やさんではいろんなところで置いてあります。

作り方は、ベルガモットの皮から抽出したエキスに、カラメル状の砂糖を加えるのみ。f:id:kotorio:20180130183743j:plain

ベルガモットはイタリアの地中海沿いにある柑橘系の植物。例のスタニスラス王様がわざわざ取り寄せたそうです。

ナンシー菓子は、スタ王に始まりスタ王に終わる・・・素晴らしいですね!ガトーの王様です。

f:id:kotorio:20100728142742j:plain

缶のデザインはメーカーによって異なるのですが、あの有名なフランス映画「アメリ」の中で、ブルトドーさんの子ども時代の宝箱に使われていた箱もこちら!!f:id:kotorio:20180130190702j:plain

というわけで。2018年バレンタイン企画として、kotorioブログ史上初、日頃愛読してくださっている皆さまへのお土産です!

f:id:kotorio:20180130185343j:plain 

Bergamotes de Nancy, 7 oz Sachet 12.55 euro

Size: 7 oz (200 g) Manufacturer: Confiserie Stanislas Origin: France

 

当企画、大人気につき締め切りました。ありがとうございました!次回お楽しみに。