Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

サロンデュショコラ・フランス期待の新星紹介 その4 Gilles Cresno ジル・クレスノさん

この少年のような笑顔をまずはご覧あれ!ショコラはこうでなくっちゃ。

親しい人と、いつも唇に微笑みを。

f:id:kotorio:20180202025307j:plain

サロンデュショコラ、日本初登場のフランス期待の星、四人目は、ジル・クレスノさん。

フランス西部の、ヴァンデ出身です。歯科医・薬剤師の理系一家に育ち、16歳からお菓子の道へ。パリの名店で経験を積むなかで、いつしかショコラの魅力に引き込まれて。

f:id:kotorio:20180202031417j:plain

「ショコラで人に喜びを与えること。それが私にとっての喜び」

モードや、流行を追いかけず、あくまで自らの求める味を求めて。

f:id:kotorio:20101112112135j:plain

2003年に自身のお店をオープン。ひたむきに歩んできた結果は、輝かしい受賞歴が証明しています。

2006年にはイル・ド ・フランスの最優秀ショコラ賞、C.C.C.での最高位4回獲得。2014年から3年連続「欠かすことのできないショコラティエ賞」にも選ばれています。

Quinze Chocolats 2018(15個入)こちらが目玉商品、キャンズショコラ。 f:id:kotorio:20180202030309p:plain

渾身の新作「ユズ」。フランスで人気フレーバーのカカオの風味や香りを堪能できる「フォルティシマ」や「アラグアニ」も並んでいますね。

フルーツの味をダイレクトに感じる「フランボワーズ」、ヘーゼルナッツのコクや滑らかな口溶けを楽しむ「ジャンドゥージャ」など、15の表情を楽しんで。

対してこちらは、Quatre Chocolats 2018(4個入)キャトルショコラ。

f:id:kotorio:20180202030411p:plain

実力派ショコラティエとして知られるきっかけとなった口どけ自慢の「パッション」。

生クリームを使わずフルーツの酸味を生かしたまさに氏の顔そのものと言える一粒、お見逃しなきよう。

カリカリ感とナッツの香ばしさが素晴らしい「プラリネ ノワゼット レ」「プラリネ アマンド」。上質な塩が、優しい甘みを引き立てた「キャラメル」。

どれも自慢の匠の技です。これからも目が離せませんね。

Gilles Cresno Chocolatier

63 rue Gallieni 92500 Rueil Malmaison France  01 47 32 32 47

【kotorioからのひとこと】

チョコ作りの楽しそうな現場の空気まで、ぎゅっと閉じ込められたかのような一粒!

チョコはあなたをきっと幸せにする。だって、チョコを食べながら泣くことなんてできないのだから。

※ナンシー菓子、ベルガモットのボンボン、読者発送まだ受け付けております!!詳しくはこちらの記事をどうぞ。早い者勝ちですよ〜〜

www.kotorio.com