Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

サロンデュショコラ フランスショコラティエ第7弾 ZUGMEYER ザグマイヤーさん

すでに日本のサロンデュショコラでは登場済みです。フランスでは1930年創業の歴史あるショコラトリー。

3世代に渡って引き継がれる独自の製法と高い技術はフランス全国から定評があります。

f:id:kotorio:20131002183241j:plain

ひとつずつ、ていねいな仕事ぶりの伺えるショコラは、素材とカカオの味を融合させた優しさがほんのり感じられます。

f:id:kotorio:20180203093445j:plain

2016年、フランス政府からE.P.V.(Entreprise du Patrimoine Vivant・無形文化財企業)認証を授与されたお墨付きのメゾン。これは、フランス政府が「最高レベルの技術を有する」と評価した企業に贈るもので、食品関連は極めて珍しいです。何代にも渡って大切に伝統を守り続けている企業、あるいは、フランス独自の秀でたノウハウをもつ企業に対して与えられる名誉で、日本でいう人間国宝の企業版みたいなものですね。

f:id:kotorio:20180203093635j:plain f:id:kotorio:20180203093644j:plain

ブティックを構えるグルノーブルは、フランスの南東部・ローヌ=アルプ地方です。

冬季オリンピックが開催された地として、ご存知の方もいらっしゃいますよね。

kotorioも昨年、パリからバスで訪れましたが、街が近づくにつれて、北にシャルトルーズ、東にベルドンヌといったアルプスの山々に取り囲まれます。

美しい自然のパノラマと綺麗な空気を吸って、ザグマイヤーさんちのショコラは、代々受け継がれてきたのでしょう。

ちなみに、グルノーブロワ(グルノーブルっ子) は「ズュグメイヤー」と発音します。

看板商品・ル・ミカーン(蜜柑じゃないですよ) Le Mikaan(1個)

f:id:kotorio:20180203094023j:plainf:id:kotorio:20180203095424j:plain

本店では、ル・フランシスケン(Le Franciscain)という名前で販売される人気一番商品。

クレメンタイン=マンダリンオレンジの一種をコンフィにしてガナッシュをたっぷり詰め込み、ノワールで包み込んだショコラ。驚く大きさですが、爽やかな風味と芳醇なカカオの香りであっという間にぺろり、ですよ。

Huit Choix 2018(8個入)

f:id:kotorio:20180203094446p:plain

ル・ミカーンはもちろん、パイナップルのジュレノワールで包んだ「パレットアナナス」、ヘーゼルナッツのプラリネ「マラコフ レ」など8種のバリエーションが味わえるお得セット。さあ、どれからお味見しよう?

f:id:kotorio:20180203095602j:plain

フランスのお店では何気にボックスもエルメスっぽかったりして・・・・

ほか、チョコの詰め合わせボックスや、マロングラッセも人気です。ノエルシーズンになると、お年寄りから子供までがお店の前に行列をつくるのはもうこの街の名物詩。

地元に長く愛されてきたショコラティエさん、の風格は不動です。

f:id:kotorio:20180203100409j:plain

Chocolats Zugmeyer
4 Boulevard Agutte Sembat, 38000 Grenoble

f:id:kotorio:20180203100246j:plain

今週のお題「バレンタインデー」

【kotorioからのひとこと】

kotorioブログ史上初!読者発送、バレンタイン特別企画、ベルガモットのボンボン、ラスト一袋です!お早めに〜〜

www.kotorio.com