Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

なんだかとってもジャパニーズ風。パリ版ワイン居酒屋

大理石のカウンターを挟んでキッチンとゲストが向き合う気さくな空間。

私たち日本人にとっては、懐かしささえ覚えるーーそう、ちょうど距離感が、お鮨やさんや小料理店に近いからなんでしょうね。f:id:kotorio:20170909062740j:plain

パリにいながらなんだか日本のご近所みたいな不思議な感覚。

旬のものが揃う、カウンタースタイルです。

シェフは、アラン・デュカス、ピエール・ガニェールなど3つ星レストランを経験にご自身のお店を立ち上げた、ピエール・トゥイトゥさん。

それもそのはず、幼少期を日本で過ごしていたそう。

パリに戻って肩肘張らないクリエイティブな料理を出したい、と思いはじめます。

カジュアルなワインバーでの経験も積む傍ら、世界を旅しながら自分の料理を追求したそう。

「スシ」のとりこである彼、目指したのは、旬のものを揃える日本風のカウンタースタイルなんですって。

f:id:kotorio:20170909063652j:plain

ヴィヴァンのメニューは日替わり。我ら日本人顔負けの包丁使いで、季節の魚を下ごしらえしている姿が見られます。

f:id:kotorio:20170909063234j:plain

・新鮮なホタテ貝にシャンパーニュをベースにしたソースを流し入れて焼き上げた「Saint Jacques Sauce Champagne」22ユーロ

・チョコレートタブレットの中に、米のスフレやオレンジピール、ハーブなどが。甘口ワインとよく合う「Chocolat」10ユーロ

ーーー素材の味を引き出すセンスがフランス人とは思えないほど繊細すぎる!

ホタテはシャンパーニュソースのみの調味、スズキは軽くマリネするだけ。絶妙な味付けは高度なテクニックあってこそ。

料理に合わせたグラスワインもここが話題となっているもう一つの理由です。

f:id:kotorio:20170909064750j:plain

フランス産のみならず、欧州各地の自然派にこだわったワインを10種以上ラインナップしています。

軽やかでイキのよい料理を、いっそう引き立て、ツウもうなるマリアージュ

 Vivant  ヴィヴァン 

43, rue des Petites Écuries 75010 19時~23時L.O. 土日定休  要予約