Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

フランス産の食材土産なら「コス」に決まり!

食材バサールで、おいしいパリの思い出をおうちへ持ち帰りましょ。

最近ではモノプリ(フランスの大手スーパー)などで、フランス人の普段使いのお菓子をお配り土産にする方が増えていますねーーマドレーヌやチョコが定番。

でも「人と違ったモノを探している」そんな2度目・3度目・リピーターのツウのあなたに贈る、kotorioマル秘アドレス。

フランス産にこだわりたいなら、パリ3区のエピスリー「コス」をおすすめします。

f:id:kotorio:20170909051832j:plain

パッケージも可愛い食材の宝庫、エピスリー。お土産にもらったら嬉しい。

f:id:kotorio:20170909051942j:plain

新鮮な野菜や果物、量り売りのナッツやオリーブ、シャルキュトリー(肉類)がところ狭しと並んでいます。店員さんと会話しながら、食べ頃のものを、好きな量だけ、アドヴァイス付きで買うことができるとあって、地元の人の日常使いから、料理人まで訪れるお店。

f:id:kotorio:20121215113055j:plain 

保存料、グルテン、着色料を使っていないフランス国産食材のみを扱っています。

f:id:kotorio:20160604110558j:plain

平日のみレストランもオープン。お買い物ついでに覗いてみれば、きっと新しい発見があるはず。

新・kotorioの「こちらどうでしょう!」のコーナーです。

f:id:kotorio:20180316161959j:plain

サバ缶「Filets de MaquereauxCocagne」。隣は、甘酸っぱいアンズとピスタチオ入りクラッカー。フランス産フロマージュと白ワインに合わせて。イタリアやスペインの輸入食材ではなく、フランス国産にこだわっているのが嬉しい。

日本の百貨店やカルディなどでは見つけられない、珍しい一品との出会いがあります。グルマンなお友達へのお土産に、フランス旅行の話も盛り上がること間違いなし!

Causses コス<3区> 222, rue Saint Martin 75003 10:00-21:00

Causses - Alimentation générale de qualité