Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

2018パックス!パリのいろーんなショコラ特集(ラファイエット編) 

2018年、今年の復活祭(Pâques/仏・パックス、英・イースター)は4月1日です。

3月をすぎると、ブーランジェリー、パティスリー、ショコラトリー、スーパーから百貨店まで、ニワトリ、卵を形どったチョコ一色になります。

http://img.over-blog-kiwi.com/1/21/78/58/20160327/ob_868c69_choco-paques.jpg

 パリの百貨店、ギャラリー・ラファイエットのグルメ館はショコララバーの聖地。

あらゆるメゾンのパックスのショコラが一堂に会し、限定品もゲットできちゃう。

それでは2018年、代表的なメゾンをピックアップしてご紹介しましょう!

Célébrez Pâques aux Galeries Lafayette

1)旬なパティシエ、ヤン・クヴルールさん。

今年のラファイエット限定品は「巣穴にいる狐のママと2ひきの子供たち」。
Yann Couvreur/Le terrier de la renarde et ses deux renardeaux 300g – 38€

https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/YANN-COUVREUR-OEUF-EXCLUSIF-1024x724.png

2)ピエール・エルメさん
ウサギやニワトリのホワイトチョコ、ラファイエット限定品です。彫刻家からインスピレーションを得た創作とのこと。

Pierre Hermé / Lapin ou poule inspiration passion 150g – 31€

https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/Pierre-herm%C3%A9-2018-1024x576.jpg

3)16区の優雅なメゾン・ボワシエさんがラファイエット入りしました。チョコのレースで覆った、メゾンらしい上品な卵です。
L’oeuf Boissier 32cm, 2.7kg – 275€ 

https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/Oeuf-de-p%C3%A2ques-Boissier-hsm.jpg

 

4)アラン・デュカスさん、今年も斬新なアイディアで圧勝です。

La Manufacture de Chocolat(ラ・マニュファクチュール・ドゥ・ショコラ)

Alain Ducasse/Le Poisson d’Avril, 160g – 20€/Le Petit Avril, 25g – 5€

https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/Alain-Ducasse-2018.jpg https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/Petit-Avril-Alain-Ducasse.jpg 

5)ベルギーを代表するショコラティエピエール・マルコリーニさんが4月3日までの期間限定で入っています。

パックス向けうさぎシリーズのほか通常商品の取り扱いも。この機会にぜひ。

Pierre Marcolini/OEuf chapeau 530g – 85€

https://haussmann.galerieslafayette.com/files/2018/03/chapeau-p%C3%A2ques-lafayette-1024x1024.jpg

【kotorioからのひとこと】

街を歩けばショコラに当たる。ショーウィンドーを眺めているだけでも楽しいこの時期のパリ。心ウキウキ、ショコラと共に春は訪れる。