Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

ロワールの気品・かわいい焼き菓子「プランタジュネット」Gâteaux aux griottes

ヌガー・ド・ツール」に引き続いてロワール地方菓子の登場です。

今回はロワール地域の西の玄関に当たる街、アンジェが舞台です。

特にルイ9世のつくったアンジェ城の豪華さとタピストリーは有名です。

http://img.cac.pmdstatic.net/fit/http.3A.2F.2Fwww.2Ecuisineactuelle.2Efr.2Fvar.2Fcui.2Fstorage.2Fimages.2Frecettes-de-cuisine.2Ftype-de-plat.2Fdessert.2Fgateaux-aux-griottes.2F1692801-1-fre-FR.2Fgateaux-aux-griottes.2Ejpg/750x562/crop-from/center/gateaux-aux-griottes.jpeg 

アンジェでは、春に黄色い花を咲かせる木がいたるところに見られます。

日本語ではエニシダですが、フランス語で「プランタ・ジュネット、アンジュ家の紋章でした。地方一帯と、歴史にゆかりの深い名菓子と言っていいでしょう。

ところがフランス語で「Plantagenet」と検索しても、出てくるのは王家の紋章ばかりーー(昔、100年戦争へと続いた英国貴族も、この家紋だったようです)。

現在は「Gâteaux aux griottes」と呼ばれ、親しまれているようですね。

 アーモンドのペースト、卵、粉、バターがベースの焼き菓子。アーモンドスライスで香り付けし、最後にさくらんぼを飾った、かわいらしいガトーです。

アーモンドは昔から新しい生命の象徴と言われてきました。

結婚式やお祝いの席で取り分ける用のリッチなプランタジュネットもありますが、今回ご紹介するのは、お家でも作れる、手のひらサイズのプチジュネット

パウンドケーキ型で焼いて切り分けても、素朴な感じになりますね。

f:id:kotorio:20180302180229j:plain

しっとりとした午後のおやつに。アーモンドの味わいを引き立てながらも、ふわっと軽めの食感がたまりません。美味しい紅茶とのペアリングも考えただけでうきうき♪

ポイントは泡立てすぎないことだそうです。乾いた感じになってしまい、逆に泡立ちが足りないと、もっさりした重さが出てしまうので、タイミングを逃さないのが重要。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSN9IMsyjY93Ydelj_hDHsbFiNzwpWHlajHGDVHxdz1K0IWVnOg アクセントのさくらんぼ選びも存分にこだわって。

隠し味としてコアントロー(オレンジの果皮からつくられるホワイトキュラソー)を使うと、深みのある味わいと生地にしっとり感が生まれます。

何度か作って、お好みの加減を見つけてみてくださいね。

http://img.fac.pmdstatic.net/fit/http.3A.2F.2Fwww.2Efemmeactuelle.2Efr.2Fvar.2Ffemmeactuelle.2Fstorage.2Fimages.2Fcuisine.2Frecettes.2Fdessert.2Fclafoutis-chocolat-griottes-12784.2F14555614-1-fre-FR.2Fclafoutis-chocolat-griottes.2Ejpg/345x258/crop-from/center/clafoutis-chocolat-griottes.jpeg 

ココアや抹茶ベースのものもよく見かけます。濃厚なチョコベース、ぐっと大人気分。

レシピは基本のアーモンドタイプです。ご自身でぜひアレンジなさってみて下さい。

www.marmiton.org