Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリ「ル・ムーリス」世にも美しきセドリック・グロレさんのパティスリー

噂を聞きつけたパリジャンが今か今かと心待ちにしていたこの日がついにやってきた!!
フランスナンバーワンと名高いシェフ・パティシエ、パラスホテルの「ル・ムーリス」を任されているセドリック・グロレ氏のスイーツが、3月20日からアンポルテ(=お持ち帰り・テイクアウェイ)可能に!!

f:id:kotorio:20180323223959j:plain

今までは、ホテルのレストランでしか味わえなかったため、初日から開店待ちの行列が。12時に行ったらもう遅かった!!(笑)

f:id:kotorio:20180323224955j:plain f:id:kotorio:20170109145641j:plain

まだ32歳、若い可能性に溢れたグロレ氏。ル・ムーリスで腕をふるって今年で6年目。美は人を惹きつける、をモットーに、パリ最高級のホテルで、世にも美しいパティスリーを作り続けています。

f:id:kotorio:20180323224259j:plain

チュイルリー公園とヴァンドーム広場をつなぐカスティリオーヌ通り6番地がブティックの入り口。もちろん、ホテルエントランス側からもたどり着けます。

お持ち帰りできるのは、5種のパティスリーに加え、クッキー、マドレーヌ、なども。

ピスタチオのクッキーは1枚5ユーロ、2枚9ユーロ。焼き上がりは14時です。

f:id:kotorio:20180323224409j:plain

左からタルト・シトロン・スキュルテ 10ユーロ、タルト・ショコラ 8ユーロ、ノワゼット 17ユーロ、パリ・ブレスト・カカオエット 9ユーロ、ポム・ルージュ 17ユーロ。 ©pmonetta

 
シーズンで内容は変わるものの、タルト、パリ・ブレストなどのフランスの伝統的なお菓子が、グロム氏の魔法に包まれて、シンデレラのようにキラキラと変身。

f:id:kotorio:20180323224854j:plain

ブティックはパティスリーのラボ(工房)のイメージで作られ、お菓子作りのデモンストレーションを見ることもできます。

ブリオッシュ生地のクグロフは15時焼きあがり予定、6Euro、マドレーヌは16時の予定、3Euroです。

f:id:kotorio:20180323225335j:plain

閉店時間はお菓子が売り切れたら。これは急がねば。 

美しきイケメンパティシエを拝むなら今っ!

La Patisserie du Meurice par Cédric Grolet
6, rue de Castiglione 75001 Paris
12:00〜売り切れまで。月曜定休