Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリショコラ最新情報・あの日本未上陸チョコがオンラインで入手可に!

MOFショコラティエ(MOF=フランス国家最優秀職人)の専門店、Patrick Roger パトリック・ロジェ さん。

http://www.thefrenchway.fr/files/visuel/177140856_Patrick%20roger%20chocolats.jpg

1997年以降、現在までフランス国内7店舗、ベルギーに1店舗を展開しています。

良質な原材料にこだわり、日本食材をチョコ作りに取り入れていることでも知られていますね。美術館のような店内をご覧ください・・・これって、入場料いるの・・・?

https://madimado.files.wordpress.com/2014/06/patrick-roger-interieur-boutique-sculpteur-de-chocolat-paris-blog-hotel-art-ensuite-elysees-mermoz.jpg  パリ店。。。

日本に店舗はなく、これまではバレンタイン時期限定・百貨店での出店を狙うしかありませんでした。

ビッグな情報です。ロジェさん公式サイト日本語バージョンが、2018年3月リニューアルしました。

ここから商品のネット注文もなんと日本語でできるように!

まずはフランス語版のオンラインサイトへ。

次に画面下にある「日本版」と書かれてあるところをクリックしてみてください!

わぉ!オール日本語じゃあないですか!  Patrick Roger

f:id:kotorio:20180402200722p:plain

アソートメント、ガナッシュ・・・ああ、もうわたくしごときの説明など不要ですね。

あとは重さと商品のお値段、プラス送料、日本はゾーンBというところをクリックしてください。(高っ。かるーく35ー62Euroはしますね)

気になるお届け期間は10日前後とのこと。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/agriportal/trends/paris/patrick/main.jpg

看板商品は、まるで宝石のようにキラキラ輝く半球型のドーム。

緑の「アマゾン」は中にライムを効かせたキャラメルが入りでダントツ人気です。

同じドーム型で「ソヴァージュ(野生)」は柚子とバーベナの風味のキャラメル。

f:id:kotorio:20180402202134j:plain

ロジェ氏はフランスパティスリー界に柚子ブームをもたらした張本人でもあります。

柚子以外でも、生姜、ゴマなど、和フレーバーが多彩です。

f:id:kotorio:20180402202415j:plain

ごまのヌガティーヌ。キャラメルと白ごまを混ぜ合わせ薄くパリッと仕上げ、ブラックチョコでコーティング。

珍しいところでは、日本酒入りのマジパン(アーモンドを挽いたもの)で作ったチョコレートボンボンも。

味も見た目もハッキリ、きっぱり。斬新かつスタイリッシュなショコラティエ、の座を不動のものにしたパトリック・ロジェさん。

https://www.chococlic.com/photo/art/default/15359577-20706230.jpg?v=1499148130

パリ店のゴージャスな雰囲気を日本に居ながらにしてお取り寄せ開始!のニュース、

現地から特派員kotorioが、速報お届けいたしました。

Patrick Roger パトリック・ロジェ
108 Boulevard Saint-Germain, 75006 Paris 01 43 29 38 42