Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

キュートなパッケージにノックアウト!ショコラティエ・Patrice Chapon(パトリック・シャポン)さん

レトロな少年の柄のパッケージが可愛すぎるショコラ「シャポン」。

f:id:kotorio:20180222210200j:plain

どういうわけか、ジャポン(JAPON) ではあまり知られていないですが、パリでは老舗中の老舗。

こちらの記事でも紹介しています。

www.kotorio.com

パリの有名ホテルのパティスリー、また、ロンドンのバッキンガム宮殿のアイスクリーム職人として修行した、パトリック・シャポン氏が送り出す夢のショコラ。

2003年のサロンデュショコラの優勝者ですね。

f:id:kotorio:20180222212004j:plain

「シャポン」のショップに入った途端、そこは夢の世界!

タイムマシンでチョコの王国にきてしまったみたい!

 

お店の中はキャラメリゼされたドライフルーツとカカオの香りで、うっとり。

昔ながらの機械の音も聞こえてきて、チョコづくりの裏に隠れた魔法、ちらりと垣間見ることができます。忘れてはならないのが、こちらのショコラバー。

f:id:kotorio:20141015112037j:plain
アイスクリーム製造の経験とチョコ愛から生まれた「チョコレートムース・バー」、2006年のサロンデュショコラで発表され一躍話題に。

バニラ、ストロベリー、ショコラ、ピスタチオ、レモン、プラリネなどフレーバーを選ぶだけでなく、エクアドルマダガスカルベネズエラ、エクアガ(エクアドルとガーナのミックス)という、チョコレートの5つの原産国を選ぶことができるのです。

チョコムースを片手に、パリの街をお散歩すればあなたももう気分は「アメリ」!

f:id:kotorio:20120127113431j:plain f:id:kotorio:20180222211112j:plain

マダガスカル産75%
ミラベルとチェリーのフルーツの香り。アーモンドとミントのほのかな香り。フレッシュで少し酸味のある味わい。

エクアドル
バラの花びら、ドライフルーツといった花の香りをもつムース。

ベネズエラ
赤褐色の美しい色、森の下生えの香り、秋の枯れ葉、とろけるテクスチャー、木の実、レッドフルーツの味。 (以上3種は、75%ー77%のカカオ)

エクアドルとガーナのショコラのミックスのムース
スパイシーで強い風味、68%のショコラで作られたムース。

f:id:kotorio:20180222210224j:plain

 

お土産も忘れずに、というあなたには、10ユーロほどで、お好みの詰め合わせセットも。

腕時計・トラベルケースなど形も可愛らしく、想像力の翼100パーセント!

抹茶やフランボワーズなどのトッピングもどれにしようか迷ってしまいます。

f:id:kotorio:20180222210304j:plain

パトリック・シャポン(Patrice Chapon)   Chocolat Chapon    日本語サイトです!

69, rue du Bac 75007 Paris  metro : Rue du Bac
月14:00〜20:00、火〜土9:00〜20:00、日9:00〜15:00