Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

kotorioも飛んでいきたい!GW「渋谷パンマルシェ」

な、なんですってぇ!!パリのバゲットコンクールが終わったと思ったら、

東京では「渋谷パンマルシェ」なる、黄金の6日間が催されているとか!

朝に食パン、おやつにパン、夜はワインに合わせてカンパーニュ。

1日3食パン、パン、パン。そんなパンラバーは、このゴールデンウイーク、

東急百貨店、東横店へ! 

5月3日(木・祝)から8日(火)まで日本全国から選りすぐりのベーカリーが集結。

f:id:kotorio:20180503234507j:plain

ーー「甘い食パン」流行中!
昨今、ブームの食パンに共通するのは甘さが強めな事らしいです。

世界的に、料理とお菓子の境目が曖昧となっていて、

そのスタイルはパンにもみられます。

ギフトやお取り寄せに用いられる場合も、甘くてやわらかいパンは世代を問わず人気。

パッケージやデザインに凝ったものも多いです。

それでは、kotorioピックアップのふた品、こちら。

f:id:kotorio:20180503235348j:plain

1.「レブレッソ」の「レブレッソブレッド」
 大阪・鶴橋に本店をもつ食パン専門店。耳までしっとりとやわらかな山食です。

 そのままでも、トーストしても美味。(1.5 斤)¥650

2.「パン ド サンジュ」の「とびばこパン」
 大阪で話題の逸品。デザイナー出身のパン職人が考案した、とび箱モチーフのキュートなパン。自家製天然酵母を使用し、しっとり食感で甘さもしっかり。

 とび箱だから「一段ごと」にスライスして!(1斤)¥443

お次はパンと食材のペアリング編。

f:id:kotorio:20180503235830j:plain

ーーー食材&ドリンクなど、おすすめのペアリング

1.「石釜パン ふじみのカンパーニュ」&「グッドフォーチュンファクトリーのたまとろサラミ」

左)杉並の人気店。レーズンとライ麦天然酵母を使用、長時間熟成させたカンパーニュは気泡たっぷり。チーズやサラミと相性抜群で、ワインのお供に最適。

右)新潟・佐渡島生まれ。新潟県産のつなんポークを乳酸発酵させた生のサラミ。スプーンですくえる程にとろりやわらか。パンに塗れば、絶品おつまみが完成。

2.「サンチノのホームランバゲット」&「ヴィアザビオのカマンベール ド ブーファラ」

左)東京・学芸大学のベーカリーが手がけるバゲット。水分がたっぷりで、バリバリと香ばしい皮とみずみずしい中身のコントラストが人気。

右)イタリア・ロンバルディア州で作られた水牛ミルクの白カビチーズ。濃厚な風味。バターのような香りがあるので、バゲットにたっぷり塗り、生ハムと一緒にいかが。

3.「グランマーブルのマーブルデニッシュ 京都三色」&「ローステッドコーヒー ラボラトリーのドリップコーヒー」

左)京都生まれの和洋デニッシュパン。甘酸っぱいいちご生地と「祇園辻利」の抹茶を使用した風味豊かな抹茶生地、プレーン生地を織り上げた一品、美しい断面にも注目。

右)自家焙煎コーヒーの名店から、焙煎士とバリスタがパンとの相性を考え作り上げたブレンドが限定登場。パンをおいしくする究極の一杯。

【kotorioからのひとこと】

作りたての美味しさを味わえるように、イートインコーナーが。

グラスワインやコーヒーと共にパンを楽しめるのは、ナイスな演出ですね。

パンラヴァーなら要チェックのチーズ、シャルキュトリー、ワイン雑貨も。

パンって、毎日のことだから、大事に選びたい。買いすぎ注意!(笑)