Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

エシレ・メゾン デュ ブール さすがのバターで極上クロワッサン

フランス伝統発酵バター、ÉCHIRÉ(エシレ)さん。

1894年の創業以来、伝統製法で作る最高級のバターは、A.O.P(原産地名称保護)にも認定されています。

f:id:kotorio:20180317154128j:plain

エシレの世界初支店が、東京・丸の内にできた「ÉCHIRÉ MAISON DU BEURRE(エシレ・メゾン デュ ブール)」。

f:id:kotorio:20180317154212j:plain

バターのほか、ヴィエノワズリー、焼き菓子、ケーキも販売していますが、ここでマストなのが、クロワッサン。なんといっても、エシレのバターをたぁぁぁっぷり使った世界一のクロワッサンですよぉぉお〜〜!!

さてここでちょっとエシレバターのおさらい。

f:id:kotorio:20180317154453j:plainf:id:kotorio:20180317154512j:plain

食塩不使用と有塩の2タイプがあります。食塩不使用は、バターのミルク感や爽やかな酸味も感じられ、まずはこちらから試してみるといいのでは。

クロワッサンは3種類。「トラディション」、「ドゥミ・セル(有塩)」、「ドゥー(食塩不使用)」です。

f:id:kotorio:20180317155044j:plain

クロワッサンの原材料の50%がエシレバター!つまり「バターが主役」の究極のクロワッサンです。

焼きあがったクロワッサンから溢れ出るエシレバターのために紙がしいてあります。

f:id:kotorio:20180317154756j:plain

クロワッサンのまわりはサクッとしていますが、ひとくちほおばると、ジュワっとしたバターの風味がなんともたまらない!同量のバターを使っていても、食塩不使用の方がよりストレートにバター香を感じますね。

f:id:kotorio:20180317155350j:plain

「トラディション」は「ブール」よりも軽めの食感なので、濃いバターがちょっぴり苦手という方にはこちらがオススメ。

コーヒーやカフェオレと一緒に、パリのカフェで朝食を、の気分が味わえちゃいます。

クロワッサンは、ちょっと時間が経っても温め直すとすぐ焼きたてのバターの香りが戻ってきますから、美味しくいただくことができますよ。

くれぐれも温めすぎてふにょふにょにならないように。15秒程度チンして、エシあがれ、じゃなかった、召し上がれ。

ÉCHIRÉ MAISON DU BEURRE(エシレ・メゾン デュ ブール)
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F 03−6269−9840 

エシレ・メゾン デュ ブール ―フランスA.O.P.伝統発酵バター エシレの店―

【kotorioからのひとこと】

お店に行ったらもうひとつお試しいただきたいのがここのマドレーヌ。

f:id:kotorio:20170830091820j:plain

エシレバターを使った焼き菓子、極上でないわけがない!!

ぎりぎりまで焼き込んだ、濃い目の焼き色とバター香が特徴。

f:id:kotorio:20180317160339j:plain  f:id:kotorio:20180317160500p:plain

大きな20㎝サイズの「マドレーヌ・ア・パタジェ」も名物です。

鮮やかなエシレブルーのボックスも美しい〜〜