Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

浅草・合羽橋の料理道具「釜浅商店」パリにオープン!

創業以来110年、プロ仕様の本格的な料理道具の老舗・釜浅商店が、海外初出店。

パリのおしゃれなブティック街、サンジェルマン・デ・プレに堂々オープンです。

明治41年、初代・熊澤巳之助氏が創業して以来、浅草・合羽橋にて、

料理道具屋を続けてこられた釜浅商店さん。

良理道具 〜良い道具には良い理がある〜」職人気質のモットーを大切に、

タフで、長く使えるプロ料理道具を提供してきました。

é¢é£ç»å

作家、芸術家、哲学者が集い、議論を交わした名カフェ、コンテンポラリーアート

現代美術のギャラリーひしめく、サンジェルマンデ・プレ地区。

パリの歴史と文化の香りがぎゅっと詰まった、かつオシャレなパリの中心地です。

じつはここ、2014年、釜浅商店さんがポップアップショップを行った際の、

「アートギャラリーNAKANIWA」の跡地で、思い入れのある場所。

f:id:kotorio:20180515220250p:plain

パリ店には、和包丁・洋包丁、南部鉄器、本手打ち鍋など130点の製品を揃えました。

今、世界中の料理人たちから注目を集めている日本の料理道具。

本来手に持って使うものですから、直接触れてみなければわからない感覚や、

日本の職人技光る、繊細な技術、フランスの人々に直にお届けすることができますね。

 釜浅商店 代表取締役社長の熊澤大介氏のプレス用コメントはこちら。

「過去5回のポップアップストア経験を生かし、日本の料理道具の魅力をパリの方たちにも知っていただきたい。美食の国フランス、文化の中心サンジェルマンデ・プレから発信することで、新しい世界が開けることを想像しています」

 

釜浅商店パリ店 KAMA-ASA
 12 Rue Jacob, 75006 Paris, France
 月・火・木・金・土 9:30~12:00、13:00~18:00 水 13:00~18:00
 日曜・祝日定休 公式サイト :  釜浅商店  

【kotorioからのひとこと】

実は私もこれまで、フランス人シェフに「関の包丁買ってきてよ」と頼まれた経験が、一度や二度ではありません。三ツ星シェフなら必ず一本は持っている日本の包丁。

110年の伝統を守る「良理」道具と日本のものづくりのエスプリ、フランスで受け入れられていくことを願って。