Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国エリザベス女王92歳、スイーツ大好き♪ グルマンなロイヤル食卓事情

イギリス史上最高齢の君主。2018年4月21日に、92歳の誕生日を迎えたイギリスの

エリザベス女王2世。今なお現役で、女王オーラビシビシです。

ãElizabeth IIãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

そのパワーの源は王室の食事と女王様がだーいすきな英国スイーツ❤︎ 

今日だけは「御宅拝見」のノリで、ロイヤル事情をこっそり覗いちゃいましょう。

ーーー1時限目)女王さまの朝食

イングリッシュブレックファーストというぐらいですもの、1日のうちでも、

さぞや豪勢に・・・と思ったら、なんとまあ。

女王様の朝食は「ケロッグのシリアル」!

é¢é£ç»åãKellogg's cerealãrecipeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ご自分で好きなだけパックから取り出し、紅茶とともに召し上がっていた!

稀に、トーストやスクランブルエッグを召し上がることもあるそうなのですが・・・

ケ、ケロッグに、牛乳はかけているんでしょうか?ショコラ味はお好きですか?

ãKellogg's ãmorning recipeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

衝撃の事実に加え、謎は深まるばかりです。

ーーー2時限目)女王さまはあの「糖質制限」の先駆者だった!

晩餐会でない限り、炭水化物を召し上がらないという情報が。英国紙に語ったのは、

バッキンガム宮殿で15年間、女王のシェフを務めたダレン・マグレイディ氏。

曰く「チャールズ皇太子はおいしいものに目がなく、オーガニックな食材も好みです。

これに対して女王様は、こだわりは特にありません。食習慣もほとんど変えません」

食事の回数は、1日4食、各回の量は少なめだそう。公式のディナーの場を除いて、

普段はパスタやポテトなどのでんぷん、またリゾットなどお米・パンといった、

炭水化物は口にしないそうーーーということは。意図せずして、

日本でも数年前から話題になっている「糖質制限」の実践者、だった!?

通常、ディナーはお魚・チキンいずれかと野菜を数種類。

é¢é£ç»å ãFresh fruits served in a silver dishãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

とくに新鮮なサラダや果物を好んで召し上がるそうです。

どんなフルーツもお皿の上で、銀のナイフォークでカットしていただくのですよ。

ーーー3時限目)女王さまのお好みのお肉の焼き加減はーーー

お肉はレアではなく、ウェルダンがお好み。皆様、次回から、レストランでは

「ウェルダンでお願いしようかしら、おほほ」とおっしゃってくださいね。

é¢é£ç»å

また、どんなお料理もにんにくを入れないようにシェフに指示しているそうです。

公的な場に出ることを考えての王室マナーだそう。

ーーー4時限目)だけど女王さまもおやつは別腹なの!

バッキンガム宮殿のシェフの証言です。

女王様の大好物スコーン、召し上がる際は、先にジャムをのせ、後から

クロテッドクリームを塗るコーンウォール式」だそう。

ãScone corn wall formulaãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ジャムの前にたっぷりとクロテッドクリームを塗るのが「デボンシャー式」

ジャムが先かクリームが先か。ティーラバーの間でも永遠のテーマですが、

ここは女王様方式を試してみるのもアリ!(王室ジャムは、ウィルキン&サンズ)

また理想的な比率は、スコーン2に対して、 ジャム1 : クリーム1とか。

さ・ら・に。ここ重要なので、蛍光マーカーで。試験でますよ。

スコーンより何より、女王さまが最も好きなもの、それは「チョコレート」❤︎

特にチョコクッキーとダークチョコレートには目がないそうです。

王室御用達ショコラトリー「シャルボネル・エ・ウォーカー」

イングリッシュローズ&バイオレットクリーム」がお気に入りとか。

é¢é£ç»å

ああ、なんて素敵な女王様。雲の上のお方だと思っていたけど、私たちと同じ人間、

「ショコラ・ラバー」だったのねぇぇぇぇぇ〜〜〜

ーーー最終講義・5限目)女王様のアルコール

女王様ですもの、いつもシャンパンを召し上がっていらっしゃるんでしょ。

いいえ、意外なことにジンがお好み。なかでもジンとレモンの爽やか系カクテルを

お召し上がりになるそうです。

ãElizabeth IIãcocktail of ginãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ Les cocktails prisés par Elizabeth II

ビールはたしなまれないそうですが、ワインはちょっぴり。

é¢é£ç»å

【kotorioからのひとこと】

女王様のロイヤル食事情ーー英国の元首として外国の賓客をもてなす饗宴は頻繁に

あるでしょうが、冒頭にあげたシェフによれば、普段の女王様はとても倹約家。

美食に任せることなく節制することが、体のバランスを保ち、長寿の秘訣だとか。

ãElizabeth IIãcocktail of ginãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ーーーとうまくまとめたいところですが、唯一目がないのがチョコレートなんですね。

デザートのチョコレートケーキは、途中で係りの者が下げないと、

「あるだけ全部食べてしまうので」サービス担当によく注意していたそうです(笑)。

é¢é£ç»å

次回、王室御用達ショコラメーカーの特集です。「シャルボネル」以外にも、女王様

偏愛ショコラがあるそうなんですよ・・・・うふふ。お楽しみに ♪