Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国王室御用達スイーツ第4弾!「キャドバリー」のミルクチョコを使ったケーキレシピ

リラの花を思わせる紫色のパッケージ、皆さんもどこかで見たことがありますよね。

ãCadburyãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

キャドバリー Cadbury はイギリスの老舗菓子メーカー。濃厚なミルクをたっぷりと使った「デイリー・ミルク・チョコレート」は同社の代表商品で、100年以上の歴史を刻んできました。

バーミンガム発祥の「キャドバリー」、イギリス人で知らない人は居ないといっていいほど馴染みのあるチョコレートで、子供から大人まで幅広く愛されています。

元々は飲料・お菓子を販売する小さなお店でしたが、次第にチョコレートを中心としたスイーツ製造に力を入れ、お菓子メーカーとして歩んでいくこととなります。

1854年、信頼のあるスイーツとしてイギリス王室御用達の認可を受けました。

é¢é£ç»å

キャドバリーの代表商品「デイリー・ミルク・チョコレート」が発売された1905年当時、ミルク・チョコレートの原料には、粉ミルクを使用するのが主流でした。

度重なる研究開発の結果、当時としては画期的な「生乳」を用いたミルク・チョコレート開発に成功します。

これが「デイリー・ミルク・チョコレート」という名で発売され、以後100年以上経った現在でも、子供から大人まで、愛され続けています。

é¢é£ç»å é¢é£ç»å

デイリー・ミルク・チョコレートの特長は、新鮮な生乳をたっぷりと使用した濃厚な味わいを楽しめるところにあります。

200gのチョコレートに対し、グラス1.5杯の生乳を使用しています。

f:id:kotorio:20180525035031j:plain

ミルク・チョコのほかにも、フルーツやナッツを加えたシリーズも発売されています。

イギリスではどこのスーパーでも、駅のキヨスクや学食など、置いていないところはないというほどおなじみのお菓子。日本で言うところの「♪チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは 明治」by Wink みたいな感じでしょうか。

パリのスーパーにも3個、5個パック売りなどで、ずらりと並んでいます。濃厚なミルクに大満足。これぞ「ミルクチョコ!」と叫ばずにはいられないでしょう。

英国王室も愛したお品なのに、値段はとぉってもお手頃で、学校の帰り道にふらりと買って、習い事バッグや、遠足のリュックサックの中に、常に一枚、という感じ。

ね、明治チョコレートでしょ?

(さっちゃんとしょーこちゃんよ!みんな、知ってるでしょっ!?) 

バーミンガムには「キャドバリー ワールドCadbury World」と呼ばれる工場があり、チョコの製造過程やそれに関する様々なアトラクションを兼ね備えた、家族向けの「一大観光地」となっています。(お子様向けかも)

ãCadburyãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Cadbury World: Fun Days Out With The Kids | Day Trip Attraction

さらに。キャドバリーの公式サイトを覗くと、これらのチョコレートを使った、

とっておきのショコラスイーツのレシピがたくさん載っているんですよ!

Recipes | Cadbury.co.uk

た、たまりませんね・・・。チョコブラウニー、チョコプディングからチョコクランチ、キャラメルショコラアイスまで!!!この中から一つだけ、キャドバリーチョコ・ファッジケーキの作り方をご紹介することにしましょう。

ãã§ã³ã¬ã¼ãã®ã­ã£ãããªã¼ãã¡ãã¸ã±ã¼ã­

《材料》
ソフトマーガリン100g ブラウンシュガー100 g
卵(中)2個 小麦粉100g ベーキングパウダー、ココア 適量 バター50g
スキムミルク2杯 あれば同社のショコラバーも飾り付け用に。
《作り方》
1)オーブンを180°Cで予熱します。

2)小麦粉、ベーキングパウダー、ココアを入れたボールに、バター、砂糖、卵、

  2杯のお湯を加え、ハンドミキサーで1〜2分間よく泡立てます。

3)型に流してオーブンで25-30分間焼き、取り出して30分間冷まします。

4)その間にチョコアイシングを作ります。ボウルにミルクを入れ、

  バターとチョコを溶かし、湯煎にかけます。お湯を加え木べらで混ぜましょう。

5)できたチョコアイシングの4分の1ほどを使って、スポンジ同士を重ねます。

  残りでケーキの側面、上面をきれいに覆いましょう。

  キャドバリー・ファッジのチョコバーがあれば、ケーキの上にお好みで飾って。

 ココアとチョコバーはこちらを推奨。

 

所要30分とありながら、なかなか手強いですね。すぐできると思ったのに・・(泣)

リベンジは、バナナチョコブラウニーか、チョコプディングにするかーーー

cadbury dairy milk choccy banana brownies the ultimate cadbury bread

【kotorioからのひとこと】

作るより、食べるより、キャドバリー ワールドのアトラクションで「チョコの国」の女王さまダンサー役がやりたいなぁ〜。魔法の杖を持って踊ると、杖の先が触れたものは、全て美味しいショコラに変わってしまうの。

(今わたしが勝手に作りました。お姫さま、とか言わなかっただけでも、許して)

・・・・採用してくれないかなあ。

 

「英国王室御用達スイーツ」シリーズは終了です。全4回ご愛読有難うございました。