Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

京都祇園 フランス発パティスリー「La maison JOUVAUD(ジュヴォー)」

5月25日、京都に「La maison JOUVAUD 京都祇園店 ブティック&サロン」が

オープンしました。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

南仏プロヴァンスのパティスリーは、1948年から親子3代で、

素材を活かしたスイーツ作りで地元に愛されるお店。

é¢é£ç»å

世界的に知られるパティシエ協会「ルレ・デセール」の会員でもあります。

そんなJOUVAUDの商品を「井村屋」が、2003年より日本で展開してきました。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

東京の広尾店、KITTE名古屋店に続き、今回の京都祇園は関西初出店です。

外観は京都の町屋づくりの古民家、内装はジュヴォーのコンセプトを活かし、

京都の伝統とプロヴァンスの開放的な雰囲気を融合させた空間に仕立てました。

é¢é£ç»å

1階はショーケースを配しブティックに、2階はアトリエとサロンスペースを併設。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ショコラ(290円~)、ロカイユ(250円~)、生キャラメル(1個150円、5種)。

マロングラッセ(3種、価格:量り売り2000円/100g~)などが並びます。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

お土産に最適なラングドシャは京都らしい抹茶味や、ほうじ茶味も。

人気は、メレンゲ菓子の「生ロカイユ」。フランス語で、ロック(岩)という意味。

泡立てた卵白を表面だけ焼いて、中は半生に仕上げたもので、

外はサクッ、中はふんわりトロリとしたメレンゲ独特の食感が楽しめます。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ショーケースには色とりどりのフランス菓子が並びます。

é¢é£ç»å

サロンスペースではスペシャリティデザート「ブールショコラ」

ドリンクセットで2000円〜など提供するとのこと。

ã京é½ç¥åã«ãã©ã³ã¹çºããã£ã¹ãªã¼ãã¸ã¥ã´ã©ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

このデセールには仕掛けがあって、このように熱したショコラをかけて、

溶かして頂きます。 マダム達が歓喜すること間違いなしのスペシャリテ

フランスらしいオシャレな演出でしょう!?

f:id:kotorio:20180524135545j:plain

あなたもぜひ、京都に足を運んだ際には、

「フランス」を体感しに、お立ち寄りください。

La maison JOUVAUD 京都祇園店 ブティック&サロン
京都府京都市東山区大和大路新橋上ル元吉町71-5
10時~21時 無休

ラ・メゾン・ジュヴォー