Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国は美味しい2 レモンシロップをしっとり含んだ爽やかな「レモン・ドリズル・ケーキ」

イギリス人はもしかしたら意外とレモン好きなのでは?

伝統菓子をざっと見ても、パンケーキにはお砂糖とレモン果汁。

イタリアのように真夏のレモンが採れる国ではないのに、

なぜかレモンメレンゲパイやレモンプディングといったレシピが、沢山出てきます。

一年の大半は薄暗い雲に覆われたロンドンだから、夏の太陽を切望しているのかしら。

そこで本日ご紹介するのは、「レモンドリズルケーキ Lemon drizzle cake」。

ãLemon drizzle cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

レモンとライムのシロップをしみこませ、レモン風味のアイシングをかけた、

爽やかで軽やかな口当たりの夏向きケーキです。

英国のティールームやカフェには必ずあるメニューだそう。

また、お呼ばれしたときのお茶菓子としても定番中の定番。

é¢é£ç»å

でもドリズルって何?「Drizzle」はよく、英国の霧雨がしとしとと降る様子を

言うけれどーーーそう、このケーキ、焼きあがったケーキの上から、

レモンとライムの果汁をたっぷりとふりかけるのです。

まるでしとしと雨がしたたるかのように。

ãLemon drizzle cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ーーレモンドリズルケーキ Lemon drizzle cakeーー

《材料 》(21cm丸型1台分)
卵2個 カスターシュガー(グラニュー糖でも可)180g クロテッドクリーム200g

小麦粉200g ベーキングパウダー 小さじ1

レモン・ライムの皮としぼり汁 各1個分 グラニュー糖 80g

・ アイシングーーー 粉糖100g レモンのしぼり汁小さじ4

《作り方》
1)卵とカスターシュガーよく泡立て、クロテッドクリームを混ぜます。

2)小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、すりおろしたレモンの皮と

  ライムの皮とともに(1)に加えます。

3)型に流し平らにのばして、170度のオーブンで45分焼きます。

4)レモン汁とライム汁、グラニュー糖を混ぜてシロップを作り、刷毛で(3)に

  塗ってしみこませます。

5)粉糖とレモン汁を混ぜアイシングを作り(3)が冷めたらかけます。

ãLemon drizzle cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

バターの代わりにクロテッドクリームを使うことで、やわらかく口あたりのよい

生地に仕上がります。まさに英国らしいレシピと言えますね。

また、もう一つ、大切なポイントとしては、ケーキが温かいうちにレモンシロップを

かけること。砂糖がケーキの熱で溶けて中に入り込み、冷めたときに表面に

カシャッとしたシュガー衣ができるんですね。

Lemon drizzle cake recipe | BBC Good Food

【kotorioからのひとこと】

星の数ほどバリエーションがありましたが、甘さと酸味のバランスの取れた、

何度でもリピートしたくなるお菓子ですね。各家庭ごとレシピがあるのでしょう。

丸型で作っても、パウンドケーキ型でも、あるいはカップケーキのような形にしたり、

ご自分だけのアレンジももちろんオッケーですが、kotorioが最も大切に感じたのはーー

それは「とびきり美味しい紅茶と合わせる」ーーことです(笑)

ãLemon drizzle cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

なんだ、と思われるかもしれませんが、このケーキはとってもベーシックな生地に、

爽やかな甘みが加わったシンプルさ。とびきり高級で、最高にお気に入りの

英国の紅茶を、洒落たカップで合わせるのが、ケーキに対する礼儀かと思いまして。

コーヒーではなくて、ですね。もし合わせるのなら、同じレシピでも、

洋酒を効かせたり、生地をオレンジ&ショコラベースにするなど、何かしらアレンジを

加えると、コーヒーの味わいに負けず、いいかもしれませんね。

どうぞ、やさしい気持ちで、午後のティータイムを。