Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

目にも美しいパティスリー、パリ5区 Sébastien Degardin セバスチャン・デガルダン

トロワグロやピエール・ガニェールで修業を積んだのち、

12区にご自身のお店を開いたセバスチャン・デガルダン氏

シェフの類稀なる技術とセンスですぐに脚光を浴び、

6年後に、現在のパンテオン近くに移転しました。

http://www.sebastien-degardin.com/uploads/images/Revue-de-Presse---Fou-de-patisserie---Septembre---Octobre-2015.jpg

とっても古めかしく、フランス革命当時の名残を残す建物。

広めの店内にはケーキ、チョコ、右手にはパン・サンドイッチ、キッシュなど、

美味しそうに並んでいます。

f:id:kotorio:20180501175408p:plain

ケーキは気持ち、大きめサイズです。見た目もずっしりモンブラン

f:id:kotorio:20180501175922p:plain
これからの季節、さっぱりレモン味のタルト・オ・シトロンは

どこへ持っていっても喜ばれます。お店の味も出ますので、

いろんなパティシエさんの食べ比べも面白いですね。

f:id:kotorio:20180501175947p:plain

アンソリート(下左)というネーミング通り、珍しいモノ好きさんが飛びつきそうな。

ではここでひとつkotorio絶賛シリーズ。バニラのルリジューズ、

シュー系やフルーツ使いがとっても目に美しい、デガルダン氏のガトーたち。

f:id:kotorio:20151222135520j:plain  f:id:kotorio:20180501180616j:plain

f:id:kotorio:20151222141213j:plain  f:id:kotorio:20151222153851j:plain

一番人気は何と言っても、パシフロール(Passiflore)

f:id:kotorio:20180501175830p:plain

サブレをベースにアーモンドココナッツのビスキュイ、

その上にフルーツクリームベースのムース、

マンゴーのポワレがデコレーションされていて、とっても手の込んだ作品。

http://www.sebastien-degardin.com/bundles/degardinsite/img/logo.jpg    Sébastien Degardin
200 Rue Saint-Jacques, 75005 Paris 01 43 07 77 59

Sébastien Dégardin et la Patisserie du Panthéon vous souhaite la bienvenue

【kotorioからのひとこと】

質の良い素材をつかってフランス菓子の風味や伝統を大切にーーー

その上で、シェフ独自のセンスを活かしたオリジナルのパティスリー。

とっても奥が深い!ちなみにここ、ブーランジェリーもとってもおすすめです。

http://couteaux-et-tirebouchons.com/wp-content/uploads/2016/02/S%C3%A9bastien-D%C3%A9gardin-P%C3%A2tisserie-Paris-Brest.jpg