Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

パリ7区、アートギャラリーのようなレストラン「ペルティナンス」

「タイユヴァン」「ル・ムーリス」などパリの星付き名店で修業をした

内藤隆乃介シェフが、2017年に開いたフランス料理店「ペルティナンス」。

パリ7区とレストラン激戦区での勝負です。

http://r-tsushin.com/data/worldtopics/france_201707.jpg

店内は木のラインが美しいアートギャラリーのような内装。

厨房はマレーシア出身のパートナー、クウェン・リュウさんとの2人シェフ体制です。

料理を全て自分たちの目に見える範囲内でコントロールし、お客様一人一人に

きめ細やかな心配りができるようにと、客席は14席、少なめに設定したそう。

http://www.yonder.fr/sites/default/files/styles/scale_740x493/public/destinations/restaurant-pertinence-paris-salle-04-.jpg?itok=LqmwkoDc   http://pariscapitale.com/wp-content/uploads/2017/05/pertinence-restaurant-gastronomique-7e-paris-avis-1000x650.jpg

最近流行りはおまかせコースですが「料理を選ぶ喜びを感じてほしい」と、

アラカルトとコースの両方があるのもうれしいですね。

https://d2ghx89bmumb3r.cloudfront.net/news-upload/2907/pertinence-restaurant-paris-tdubled-parisbouge-1-1019119816.jpg

旬の食材で季節を感じ、名店で培った技術を生かしたフォンやソースで、

フランス料理の醍醐味を表現します。

https://d2ghx89bmumb3r.cloudfront.net/news-upload/2907/pertinence-restaurant-paris-tdubled-parisbouge-5-255850647.jpg

日本酒やショウガなど、アジアの香りをアクセントで使っているのもオリジナル。

オープン直後から「期待の新店の一つ」と、メディアの注目を集めています。

http://optionstheedge.com/sites/default/files/assets/2018/plats-bar-roti-e1498743619747.jpg

レストラン「ペルティナンス」

29 rue de l’Exposition 75007 Paris 日月定休

Restaurant Pertinence - Cuisine française revisitée

【kotorioからのひとこと】

はてなブログ「予約投稿」機能から、7月29日付でフェイスブックへのシェアが

終了するようです。ブックマも予約できないし、残るはツイッターオンリー?

正直、投稿時間に常にパソコン環境にあるとは限らない自分にとって、

かなり痛手です。自宅に戻ってからフェイスブックに改めて投稿したとしても、

かなりのタイムラグが生じます。皆様、どう思われますか?