Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国は美味しい5 午後の紅茶とよく合うサクサクパイ「Eccles cake エクルズケーキ」

エクルズ?日本では聞いたこともない名前ですよね。ビートルズの弟?

それとも英国のサッカーチーム?

ケーキと名付いていますが、実はドライフルーツたっぷりのフィリングを

パフペストリーというパイ生地で包んだ、手のひらサイズの伝統焼き菓子です。

サクサクパイの食感は、焼き立てが最高!

ãEccles cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

1793年、マンチェスター近くのエクルズという小さな町が発祥と言われるこのケーキ。

フランス語をやっている方はピンとくるかもしれませんが、Ecclesラテン語

Ecclesia=教会ですね。エクルズの街にある1111年創立のSt. Mary 教会に由来します。

教会の創立を祝う礼拝の後にいただく「エクルズケーキ」が人気だったことから。

エクルズの外側はフレーキーペストリーと呼ばれるバターたっぷりのさくさく生地。

é¢é£ç»å

フィリングは大量のカランツ(干しぶどう)、オレンジやレモンのピールの砂糖漬け、

バター、スパイスを混ぜ合わせたもの。包んで平らに整え、砂糖をふって焼きます。

é¢é£ç»å

《材料 18個分》
バター30g 砂糖 大3 カレンズ50g レモンかオレンジピールの砂糖漬け 25g
オールスパイスパウダー 小1/2 ナツメグパウダー少々 冷凍パイシート 2枚

《作り方》

1)小鍋にバターを溶かし、砂糖、カレンズ、果物ピール、オールスパイス

  ナツメグを入れ、からめる。

2)パイ生地を伸ばし円形に型をぬく。

3)2の中央にフィリングを置く。パイ生地の端と端をつまんで中身を包み込み、

  裏返してめん棒か手のひらで平たい円形にする。

4)ナイフで生地の真ん中に切込みを入れる。オーブンに並べる。

5)230℃の予熱を入れ、15〜20分焼く。

é¢é£ç»å

いかがでしょう。うまく焼けましたか?

レーズンは、日本では干しぶどう一般をさしますが海外では種類で呼び名が異なり、

カラントCurrants:小サイズで赤い葡萄からできたもの、強い風味がある

レーズンRaisins:中サイズで白ブドウからできたもの、甘い。

サルタナSultanas;中サイズで白い種なし葡萄、レーズンより甘く、アメリカでは

        「ゴールデンレーズン」とも呼ばれる。

と覚えておくと、良いかもしれませんね。

f:id:kotorio:20180531200602j:plain

Eccles cakes recipe | BBC Good Food

イギリスではエクルズケーキに似た、地方の名を冠した伝統菓子がいくつかあります。

左)「Banbury cake バンブリーケーキ」ローズで香り付け。形は細長いオーバル型。

右)「Chorley cake チョーリーケーキ」。ピール類・砂糖なしのシンプルな円形。

ãBanbury cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ é¢é£ç»å

要するに、日本でいうなら、皮で餡を包んだ和菓子「最中」みたいなものですね?

(違う?全然違う?)

【kotorioからのひとこと】

ロンドンの百貨店などでもお土産に購入できますが、やはりそのお菓子の生まれ故郷

の味を知りたいあなたに。「Lancashire Eccles Cake」 のものをぜひ探してみて。

今なお、エクズルの町の近くで、オリジナルの味を受け継いでいる工房です。

ãLancashire Eccles Cakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

Welcome to the home of Real Lancashire Eccles Cakes