Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

南仏菓子トロペジェンヌ&西海岸アレンジ!?6種フレーバーで登場

パンと珈琲を楽しめるカリフォルニアスタイルのカフェ「クロスロードベーカリー」。

今年3月にオープンした渋谷店ではフランス伝統菓子「トロペジェンヌ」が人気とか!

な、なぜに!?なぜゆえフランス菓子がアメリカーンなカフェで受けているのだ?

http://p6.storage.canalblog.com/61/03/986026/98222042_o.jpg  

トロペジェンヌといえば、 ブリジット・バルドーが映画撮影で訪れた南仏の避暑地、

サントロペで出会い、恋に落ちたお菓子として有名ですよね。

軽やかなクリームを、ふわふわのブリオッシュではさんだこのお菓子、

ブリジットがスターダムを駆け上がるのと同時に、フランスの国民的スイーツに。

https://www.mackenzieltd.com/media/catalog/product/cache/1/image/720x/9d8c13ad2e311836456e095f4b3deb82/m/t/mtn16.jpg http://www.bhv.fr/wp-content/uploads/2017/01/trop%C3%A9zienne.jpg

可愛らしい一口サイズのものから、ホール状まで、レシピも様々。

http://www.luxe-newsupdate.com/wp-content/uploads/2015/06/Tarte-tropezienne-framboise-660x400.jpg

そうそう、パリではトロペジェンヌの専門店もできたんですよ!

以前記事で取り上げましたね。

www.kotorio.com

クロスロードベーカリーでは、この伝統菓子にカリフォルニア風アレンジをプラス。

卵とバターを贅沢に使ったブリオッシュ生地に、バリエーション豊かなクリームとポップなデコレーションで再提案。

皆様、それではご覧ください!全6種のフレーバーはこちらです。

https://madamefigaro.jp/upload-files/180420-sweets-01.jpg

左から、生クリーム&カスタード 、ティラミスクリーム、ボストンクリームパイ、

抹茶&クリーム、ストロベリー、マンゴーアゴーゴー 。

生地のふんわり食感と、しっかりとした甘さのクリームとのギャップが楽しめそう。

専用ボックスに詰めて、手みやげにも賑やかでよいかも。 

CROSSROAD BAKERY -EBISU TOKYO- | クロスロードベーカリー -東京 恵比寿/渋谷ヒカリエ-

渋谷区渋谷2-21-1 ヒカリエB2F 03-6434-1813 10:00〜21:00