Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

夏のデザートレシピ フランス「マンゴーとココナッツが香るブラマンジェ」

夏らしく、爽やかに。コース料理の最後にさっぱりとしたデセールが欲しい季節。

甘すぎず、かといって軽すぎない、季節のブランマンジェはいかがでしょう。

なんといってもアジアン風な、エキゾチックな香りが魅力。

f:id:kotorio:20180604041632j:plain

週末にお友達を招く時もさっと手軽に作れて、とっても便利。

冷蔵庫で冷やしておき、シャンパンやお好きな午後の紅茶と合わせていかが?

ブラマンジェはココナツ味で。マンゴーの果肉を使いますが、もしマンゴージュレ

リキュールが手に入るようであれば、加えて大人の風味に仕立てましょう。

なければマンゴーのジュースなどで代用しても大丈夫です。

é¢é£ç»å 

《材料》 (小さめのグラス4つ分)

牛乳100cc ゼラチン5g 砂糖40g ココナッツミルク100cc 生クリーム 100cc

ラム酒 少々 マンゴー缶詰 1個 ミントの葉 4枚

✴︎日本では「宝酒造」さんから出ているジュレのお酒「果莉那(カリナ」のマンゴー味

がオススメ。なければマンゴージュースをご用意ください。

ãæèé£ ãã³ã´ã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

《作り方》

1)ボウルに牛乳を入れ、沸騰直前まであたためます。

2)ゼラチン、砂糖を加えてよく溶かします

3)ココナッツミルク、生クリームを加え、ラム酒も入れてまぜます。

4)茶漉しで漉しながらグラスの6分目まで注ぎ、ラップをして冷蔵庫で固めます。

5)その間に、マンゴーを1cm角にカットしておきましょう。

6)ブランマンジェが固まったら、その上にマンゴーを載せます。

7)マンゴーのお酒か、なければマンゴージュースをたっぷり振りかけ、

  ミントの葉を飾って完成。

é¢é£ç»å

マンゴーは果実でも、缶詰でも、手に入りやすいもので大丈夫です。

ココナッツブラマンジェが適度な甘みなので、酸味のあるマンゴーやジュレ

たっぷりと使って、後味爽やかに仕上げましょう。

é¢é£ç»å

ブランマンジェ部分にタピオカを加えると、一層アジアンチックなデセールに。

ココナッツの配合が絶妙な、つるんとした食感の白いブラマンジェは、

バニラのような甘い香りを放つパンダンの葉で香りづけしてもとってもよく合います!

é¢é£ç»å

少々プロ編ですが、ソースには、フィリピン産より甘みと香りの強い

タイ産の「マハチャノック種マンゴー」を使うと、より香り高く、洗練された

味わいになります。

お好きなガラスの器に入れて、ご家庭で自由に楽しめるレシピですが、

ãã³ã³ãããã®ãã©ã³ãã³ã¸ã§ããã³ã´ã¼ãã¬ã¹ãã©ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんな風にデザート皿に盛り付けて、最後にマンゴーソルベを添えれば、

レストランで出されるような立派なデザートの一皿にも仕上がりますね!

作り方は全く一緒なので、ぜひ、ご自宅でチャレンジし、暑さを乗り切りましょう!

Panna cotta saveur coco et son coulis de mangue | Cuisine AZ