Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

英国は美味しい11 ドライフルーツたっぷりの濃厚ケーキ「クリスマスプディング」レシピ

イギリスでクリスマスに食べる伝統的なお菓子は、日本で想像する

生クリーム&スポンジのクリスマスケーキとは全く違うのですね〜〜。

そう、その名も「クリスマスプディング」です。

ãChristmas puddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

プディングというからには、プリンなの?

いいえ、実はドライフルーツがぎっしり詰まった、正真正銘スポンジケーキ

お酒につけたフルーツを使用、特にプラムが使われるので「プラムプディング」とも

呼ばれます。蒸しパンにちょっとアルコールが入った食感、というと近いでしょうか。

濃厚な大人ケーキなので、赤ワインがよく合います。

é¢é£ç»å

《材料》

カレンツ150g レーズン150g サルタナ100g パン粉 170g
牛脂(スエット)バターでも可 150g レモンピール55g オレンジピール55g
三温糖 110g ナツメグ 小さじ1/2 シナモン小さじ1/2 卵4個 牛乳50cc
ブランデー 60cc ラム酒 60cc

《作り方》

1)牛脂(バターで代用可)、オレンジピール、レモンピールを細かく刻みます。

2)三温糖を混ぜ、残りの材料を大きなボールに入れて1日寝かします。

3)バターを塗った型に入れ蒸し器で弱火で6時間蒸します。

4)少し温めたブランデーをかけ、テーブルに出すときはろうそくに火を灯して登場!

ãChristmas puddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

切り分けて各自のお皿に盛った後は、ブランデークリームを添えます。

お子様や、アルコールが苦手な方には、生クリームや、カスタードソースをかけて

いただきましょう。

é¢é£ç»å

チャールズ・ディケンズクリスマス・キャロル』にも登場するこのお菓子。

ヴィクトリア女王さまがクリスマスプディングを英国王室のデザートに採用して以降、

イギリス国民のクリスマスといえば欠かせないスイーツとして定着したそう。

家庭ごとに異なるお味とレシピが受け継がれており、英国ママさんと話をする時は、

要注意(笑・一家言持つ人が多い)です。

日本でいう、おせち料理やお雑煮のようなもの?でしょうね。

今では、おうちで手作りすることも減っているようです。

スーパーや冷凍食品店で、市販のものを購入する家庭も少なくないとか。

どうかあなたのお味にチャレンジしてみてください。

kotorioにも一切れ、残しておいてくださいね。

é¢é£ç»å

Classic Christmas pudding recipe | BBC Good Food