Entre la poire et le fromage 

『洋ナシとチーズの間』 フランスのよしなしごとを徒然なるままに

日本の駅弁がパリの駅に期間限定でやってくる!パリ・リヨン駅でEKIBEN販売

日本の誇る文化「駅弁」が再びのフランスへ! 
2018年10月30日〜11月30日まで1か月、パリ鉄道の主要駅である(パリの)「リヨン駅」にスタンドが立ち、駅弁7種が販売されます。

ここ数年でのパリのBENTOブーム、みなさんご存知ですか?
ヘルシーだし、見た目もなんとビューティフル、というわけでパリではいくつか「BENTO」屋さんができ始め、パリジャン・パリジェンヌたちも単語を知っています。フランスでは移動中の車内でランチの習慣がありませんが、エキベンには興味を持ってくれそうな予感大。

f:id:kotorio:20180930191642p:plain

実はパリリヨン駅での駅弁販売は、今回で2回目です。2016年の3月から3ヶ月間試験的に実施。日本の駅弁最大手、日本レストランエンタープライズNREさんの主催でした。現地では大きな話題となり、急遽一ヶ月延長したほどの人気ぶり。

é¢é£ç»å 2016年の写真です。

日本からプロの和食料理長がいらして、気候も、食材も違う中で、見事に「日本のホンモノ」の味を提供してくださったのです。ご苦労が偲ばれます。これには、フランス人のみならず、在仏日本人も涙を流して(ほんとです。エセ和食屋の氾濫するこのパリで、日本の懐かしの味がいただけたのですから)行列しました。

f:id:kotorio:20180930191613p:plain

パリ・リヨン駅とは、パリから南東へ向かうターミナル。TGV(新幹線ですね、フランス版高速列車)の発着する主要駅です。今回は日本レストランエンタープライズJR東日本さん及び老舗駅弁会社5社による共同販売とさらにパワーアップです。

地産地消」を現地で実現しようと、フランスの食材を使用した限定オリジナル駅弁や、日本の伝統的な老舗の駅弁、全部で7種のお味が集います。

・どんな駅弁が用意されているかーー驚きのラインナップはこちら。

f:id:kotorio:20180930191730p:plain

では一つづつ、グルメジャーナリストのkotorioが詳しく解説してまいりましょう。

1)「花善」さん(秋田県)「鶏めし弁当」

大館駅駅弁 鶏めし 花善

f:id:kotorio:20180930191854p:plain

秘伝のスープと醤油で味付けしたご飯の上に、甘辛く煮付けた鶏肉をのせた一品。メインとなるご飯は地元秋田県発祥のお米「あきたこまち」を使用し、日本と同じ製法で炊き上げています。「駅弁味の陣2015」にて「駅弁大将軍」を受賞しているので皆様ご存知ですよね。日本ならではの懐かしい味付けがパリで!今回は、歴史ある昔の掛紙や今回の販売用に特別にデザインした掛紙計5 種類が揃います。楽しみですね。

~ お品書き ~
茶飯(味付けご飯)鶏肉の甘辛煮 ふり卵 人参 いんげん 椎茸の甘露煮
銀杏 しば漬け 里芋煮 きんぴら 山菜の水煮


2)斎藤松月堂さん(岩手県)「シャロレー牛あぶり焼き弁当」

岩手県一関市と共に120余年【斎藤松月堂】公式ホームページ

フランス産シャロレー牛を醤油ベースの特性タレに漬け込み、炙り焼きに。そうすることで醤油の香ばしい香りとフランス特産の上質な赤身の歯ごたえ・味わいをいっそう風味豊かに仕上げた、まさに職人技です。間に挟んだ玉子がアクセント。牛肉とご飯をほくほく美味しくいただけそう。これはフランス人も仰天でしょう。

~ お品書き ~
シャロレー牛あぶり焼 竹の子煮 人参煮 椎茸煮 ガリ生姜 ご飯
アスパラ パプリカ赤 パプリカ黄 玉子(そぼろ)


3)日本ばし大増さん(東京都)「菜食弁当」

惣菜・弁当・寿司・おにぎり 株式会社日本ばし大増

f:id:kotorio:20180930191946p:plain

動物性食材を使用していないベジタリアン駅弁!駅弁の特徴である地域の食材を使用し、まさに今フランスで旬の、秋のポルチーニ茸の炊き込みご飯、現地野菜を和食にアレンジしたとか。和食の基本であるだし汁にこだわり、付け合せに定番おかずの金平牛蒡、ご飯の上には錦糸玉子に見立てた大豆シートを千切りにし、山菜煮とともに彩りを加えてあるという繊細さ。わっぱ型の容器に盛り付けたお弁当、和風巾着袋に入ってゲットできます。宗教上の理由でお肉を食べないフランスの方々や、ヘルシー志向のマダムたちに支持されそうですね。見た目も女性らしくてやさしい印象。

~ お品書き ~
ポルチーニ茸入り炊き込みご飯 グリンピース 大豆シート細切り(錦糸玉子見立て)
山菜煮 筍 人参 いんげん ほうれん草胡麻和え 海草と焼き野菜 蓮根
アスパラガス パプリカ 豆腐のサラダ わさびドレッシング 金平牛蒡


4)大船軒さん(神奈川県)「幕の内 9の彩り弁当」

湘南鎌倉 大船軒

f:id:kotorio:20180930192008p:plain

フレンチのコース料理に見立て、前菜と米飯料理をそれぞれ3種類、魚料理と肉料理にデザートをつけ、9つに仕切った折箱に詰めた、もっとも駅弁らしい駅弁。
駅弁の原点「地産地消」の考えをベースに、フランスで手に入る食材を使用、現地の人々にも受け入れられるように、味付けも若干アレンジ。前菜からメイン、デザートまでが一箱に詰まった魔法のボックスにきっとフランス人のリピーターさん間違いなし!

~ お品書き ~
キャロット&セロリラブラペ スモークサーモン添え 玉子焼き 鶏肉のクルミ味噌和え
煮物 人参 筍 椎茸 鶏団子 絹さや マグロそぼろ茶飯 紅生姜 ゆかり 白飯
ハムの押寿し オリーブオイル ミックスペッパー サバのソテー甘酢あんかけ
牛肉の生姜風味味噌煮込み 抹茶と小豆の羊羹とフルーツ


5)淡路屋さん(兵庫県)「ひっぱりだこ飯」

お弁当の淡路屋

f:id:kotorio:20180930192024p:plain
きゃああ。年間50万食の販売を誇る「ひっぱりだこ飯」が、つ、ついにパリ上陸!

世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」の開通を記念して販売したもの。明石はマダコの収穫量日本一です。「見て楽しく、食べておいしい、持ち帰ってさらに嬉しい」をコンセプトに、食べる前から食べた後まで楽しめるお品です。固くなりやすいタコを、ほどよい弾力を残しつつも軟らかくいただけるよう試行錯誤を繰り返し、最良の調味料配合と炊き時間をあみだしたそう。この瓶、お塩入れたり再利用していつまでもキッチンに飾って置きたいですね。

~ お品書き ~
たこ旨煮 炊き込みご飯 炒り玉子 ほうれん草お浸し 刻み椎茸煮
筍煮 花人参煮 さつま揚げ


6)NREさん・ジャポニスム2018記念駅弁「よりどりいなり弁当」

NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ

f:id:kotorio:20180930192044p:plain

ジャポニスム2018「EKIBEN JAPON」~Bento de la Gare~限定の記念駅弁です。今回出店する駅弁各社の自慢の味を「いなり」で表現。日本国内でも駅弁会社の共同開発による記念駅弁は過去に例が無く、日本の駅弁文化の魅力を紹介したいという夢を実現した記念駅弁です。日本では「いなり」は鉄道旅行者の行楽弁当の代名詞。人気の高い庶民食を、パリジャンもきっと気に入ってくれそう。


7)JR東日本NRE共同開発駅弁「E7系新幹線弁当」

駅弁味の陣2018|JR東日本 

f:id:kotorio:20180930192057p:plain

JR 東日本とNRE による共同開発駅弁。「チキン弁当」は1964 年に誕生、現在も東京駅で半世紀以上に渡って愛され続けている人気駅弁ですね。発売当初の日本では、洋食が珍しく、高価な食でしたが、現在では鶏の唐揚げやケチャップご飯が親しみやすい味として、子どもから大人まで世代を超えた根強い人気を誇る定番駅弁となりました。今回はE7 系の容器に盛り込みました。新幹線の容器、食べ終わったあとも使えそう。

【kotorioからのひとこと】

期間は10月30日から一ヶ月。見たらつい列車に乗ってどこか旅をしてしまいそうでキケン!それにしてもホンモノの料理長が手がける駅弁が、10〜15ユーロ程度で買えちゃうんですよ!?や、安すぎないですかね・・・大丈夫ですか、JRさん。

フランス人の方々にもGoogleで検索が引っかかるといいな、と思い仏訳してみた。

Ekiben Japon 2018, Venez déguster de délicieux Bentos à la gare de Lyon du 30 octobre au 30 novembre.

 La Société Nippon Restaurant Entreprise, en collaboration avec des sociétés historiques d'Ekiben, ouvrira un kiosque temporaire (EKIBEN JAPON)

 - Bento de la Gare au sein de la Gare de Lyon à Paris, afin de présenter les charmes de l'Ekiben, élément représentatif de la culture culinaire japonaise.

   Les 5 sociétés partie-prenantes au projet sont "Hanazen) (préf. d'Akita), "Saito Shogetsudo" (préf.d'Iwate), "Ofunaken" (préf. de Kanagawa), "Nihonbashi Daimasu" (Tokyo) et "Awajiya" (préf. de Hyogo).
 Chaque société produit et commercialise ses propres Ekiben de renom, des Ekiben spécifiques de leur région ou encore des Ekiben Shinkansen (TGV japonais) en collaboration avec la société JR-East.
 Nous espérons que cette vente d'Ekiben en Gare de Lyon vous permettra d'apprécier la culture japonaise de l'Ekiben, et que cet évènement servira de pont vers de nouveaux échanges culturels entre la France et la Japon.

Gare de Paris-Lyon (Hall 2)
du 30 octobre au 30 novembre 2018
Horaires : de 08:00 à 19:30 du lundi au dimanche